« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月の6件の記事

2014年6月28日 (土)

鎌倉へ紫陽花を見に行った。

たくさんの紫陽花を見たくて、再び、行ってきました!
今度は鎌倉。

別名あじさい寺とも言われているという「名月院」up 
予想はしていたけど、人で溢れ返って風情なしdown
紫陽花はきれいだったけど、人多いなぁ・・・って、自分もその一人ですけど。 (~_~;)
しかも、この日はすごくムシムシしてて、汗だくsweat02キツかったわぁ。

でも・・・sweat01 行ってみて良かったです。

名月院の紫陽花の95%が姫あじさいなのだそうです。

Dsc04606_2

人が写らないように紫陽花を撮るのがけっこう、難しいです。

あじさい色々(名月院、円覚寺、道端で camera ) きれいshine 

Dsc04547

Dsc04605

Dsc04631_2

Dsc04554

Dsc04619

長蛇の列に何事か?と覗くと・・・この景色を写真に撮るための列でした。

ほぉ~。良い眺めですね~。

15分以上並んで撮りました! ここでかなり汗だくになったけどsweat01

並んだ甲斐があったかな?(名月院)

Dsc04572

移動して、「円覚寺」へ。

入口近くの休憩所前に、ネコがいた。
ここのネコでしょうか? かわいい~って思っていたら・・・!

Dsc04622_2

大勢の人だかりの前でいきなり・・・ゴロン~sleepy グデ~っと。

えぇsign04 sign03 だらけ過ぎじゃないのぉ~up

Dsc04623_2


さっきまでの凛々しい顔が・・・(笑)

この顔、可笑しすぎるsign04(爆) 

Dsc04624

今日は sun あぢぃなぁー。ふにゃ~。

↑ この姿、22,340歩も歩いた翌日の私のようでした。(笑)  

| | コメント (13) | トラックバック (0)
|

2014年6月27日 (金)

おもしろ羅漢と紫陽花のお寺

おもしろい羅漢さんの居る紫陽花寺に、従妹と行ってみた。

Img_6698

株価を見ている羅漢さん?

Dsc04402_3 Dsc04406_2

写真を撮ってくれる羅漢さんもいました。

Dsc04418_7 Dsc04403_4

なかなか面白い羅漢さんたち。

Img_6705_9 Img_6703_2

Img_6712

Dsc04416

目当ての紫陽花は・・・ほとんど咲いていませんでした。
かなり早すぎたみたいですが、わずかに咲いていた紫陽花を撮ってみました。

ここは、いろんな色の紫陽花があるようで?
咲いていたら、さぞかし華やかできれいだろうなあ~!

Dsc04408_2

Dsc04409

Dsc04412

Dsc04413

Dsc04415

Dsc04414

Dsc04425


むかしは紫陽花って、花に見えなくて興味なかったんですけど・・・
今は自宅に植えるほど好きになりました。

紫陽花って、晴れより雨が似合う花ですね。
また、来年行ってみたいな~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2014年6月26日 (木)

私の肩こり、甲状腺がんの手術に伴う合併症だった?

昔から私の首の頸椎は真っ直ぐで(本来は湾曲)確かに肩は凝りやすいけど・・・
前々から「こんなに肩こりが酷くなる事ってあったかなぁ?」と思うことが度々あった。

そんなとき、たまたま目にした「がん研究会」のHPで、甲状腺がんの術後の合併症として“肩こり”があると知り、過去の記憶を遡ってみました。
いつから、どのように肩こりが変化したか?・・・と考えて思い出してみたところ、 
術後から確実に肩凝りが日常的に増えていた。
「こんな事で?」と思うくらいの状態でもすぐに肩が凝っていたし、肩こりの度合いが酷かった。術前は肩こりがあっても、こんな状況にはならなかった事などを思い出し、「私の肩こりは、これだわsign01」と思いました。まぁ分かった所でどうにもなりませんけど。。。

情報元clip公益財団法人 がん研究会HP 「治療の副作用と対策」
http://www.jfcr.or.jp/cancer/type/thyroid.html

(場所:がん研究会→がんに関する情報→がんの種類について→甲状腺がん→甲状腺がんについての知識→ 「治療の副作用と対策」 ※この部分を転載 )

danger 以下(転載)----------------------------------------------

pencil 甲状腺がんの手術にともなう合併症

1. 甲状腺機能低下
◆甲状腺機能は、甲状腺全体の半分ないし3分の1程度が残れば、正常に維持されます。ですから、手術が腺葉切除ですめば術後甲状腺ホルモンの補充は必要ない場合がほとんどです。

◆甲状腺全摘を行った場合や、甲状腺が残っても橋本病の体質のある人では、甲状腺機能低下となる場合があり、甲状腺ホルモン剤(チラ-ヂンS)の内服が必要になります。

◆この場合、内服は1日1回、生涯必要です。必要量だけきちんと飲んでいれば、副作用やほかの薬との飲み合わせの心配はありません。甲状腺機能低下を放置すると、新陳代謝が悪くなり、疲れやすいなど体調不良となる(甲状腺機能低下症)ばかりでなく、甲状腺がんの経過にとっても悪いことがあります。

2. 副甲状腺(上皮小体)機能低下

副甲状腺上皮小体)は甲状腺の裏側、上下左右に一つずつ通常計4個あり、米粒大の小さな臓器で、体内のカルシウムの調節をするホルモンを分泌しています。

◆甲状腺全摘手術の場合など、副甲状腺がすべて失われるようなことがあると、副甲状腺ホルモンが不足し、血液中のカルシウム濃度が低下し、手足がしびれるなどの症状が出ます。その場合にはカルシウム製剤とその吸収を促進するビタミンDの薬を、飲んでいただかなければなりません。

◆ただし、がんが副甲状腺に浸潤している場合などを除いては、副甲状腺の機能を残す努力をすれば、生涯にわたってカルシウムとビタミンDの補充が必要になるケースは10%以下です。
副甲状腺機能を維持する方法には、副甲状腺への血流を残すため、ほんのわずか甲状腺をつけてその場に残す方法(甲状腺準全摘術)や、いったん摘出した副甲状腺を細かく刻んで、周辺の筋肉などに埋めておく方法(自家移植)があります。
自家移植した場合は、埋めた副甲状腺が機能するようになるまで2~4週間、薬でカルシウムを補うことになります。

3. 反回神経麻痺による声の質の変化
◆反回神経は左右1本ずつあり、それぞれ左右の声帯の運動(開閉)をつかさどる神経です。反回神経は声帯へ入る前に、甲状腺の後ろを甲状腺に密着して走っているため、甲状腺がんに巻き込まれることがあり、切断を余儀なくされる場合があります。
そうでなくとも神経はデリケートなため、甲状腺手術の際にダメージを受けやすく少しの操作が加わっただけで麻痺してしまうこともあります。
左右の反回神経のうち、一方が麻痺すると、声帯の動きが不十分になるため、声が嗄れてしまいます。

◆乳頭がんは周囲組織への癒着の傾向が強いため、反回神経などに癒着することが多いのですが、術前に麻痺のない人では、反回神経は腫瘍と癒着していても慎重なメスさばきによって剥離できることが多いので、なるべく神経を残す努力をします。

◆切ってしまった神経は元には戻りませんが、切っていないのに手術操作で麻痺を起こしたというような場合なら、2~3ヶ月くらいで自然に回復するのが普通です。その間、声をあまり出さずにいる必要はありません。また、切断してしまった神経を手術中に吻合しておくと、声の質が維持されることもあります。

◆予想外に永久性の反回神経麻痺が起こる確率は、1~2%以下です。術後1年以上たって回復しない反回神経麻痺の場合、声帯自体を操作することにより、声の質を改善する方法があります(声帯コラーゲン注入法、声帯内転手術など)。

◆万が一、両方の反回神経が同時に麻痺してしまうと、両側の声帯が固定してしまうため、空気の通り道が狭くなり、窒息の危険が生じます。このような場合には気管切開が必要となります。

4. その他の合併症

◆通常の甲状腺手術では大量の出血が起こることはなく、輸血も必要ありません。
しかし、まれに手術が終わってから後出血が起こることがあります。場合によっては窒息に繋がる危険もあるため、再び傷を開いて出血を止めることがあります。

◆側頸部リンパ節郭清を行ったとき(特に左側)、傷からのリンパ液漏出が止まりにくいことがあります(乳び漏)。一時的に食事を止め、点滴で栄養しながら、創部を圧迫して1~2週間ほど様子を見ると止まることがほとんどです。

◆甲状腺全摘に加えて、両側頸部のリンパ節郭清を行った場合などに、喉頭浮腫が起こり呼吸困難になることがあり、気管切開が必要になることがあります。

◆傷は切る位置を配慮し、丁寧に縫合すれば大抵あまり目立ちませんが、まれにケロイド体質などのため、赤く肥厚してくることがあります。薬(塗り薬、飲み薬)やテープ剤、場合によっては再縫合や電子線照射を行います。

◆頸部は感覚が鋭敏なため、術後の違和感は必ず生じます。
のどがつまる、しめつけられる、ものが飲み込みにくい、声が変わった、頸がひきつれる、肩がこるなど様々の症状が出ます。特に側頸部リンパ節郭清の手術を行った方では、違和感が長く続くことがあります。なるべく早くから頸部のストレッチやマッサージなどを行うのがよいといわれています。

転載おわり --------------------------------------------------------
※ この他「がん研究会」HPには色々詳しく丁寧に書かれているので参考になります。

冒頭にも書いたけど、原因がわかったところで解決する訳ではないんですけど・・・
事前に知っておくのと、知らないのとでは、やっぱり違いますよね?
これって、術前に知っておきたかったな。。。
そしらたら対処も少なからず考えたかもしれないし。。。

それにしても、こうして色々読んで見ると自分が知らなかったこともあり、
手術による様々なリスク(副作用)を読んでいると、やはり冷や汗が出る。
知らないでいることも、知ることも、どちらにしても怖いですけど。。。
やはり術前に知っておいた方が良いでしょうね。

とりあえず、このままではいくら良いザックを選んだとしても、山登りができそうにない。というか、やはり登山は普段から運動するのが当たり前ですね。sweat02
親戚のお姉さんも1時間ウォーキングしていると言っていた。(~_~;)

| | コメント (2)
|

2014年6月25日 (水)

頭痛と熱中症?

最近、緊張型頭痛をよく起こしている。
パソコンを悪い姿勢で何時間もしているということもあると思う。
熱中症は初期症状らしき状態に3年連続1回づつ起こしている。(自己判断ですが)

今年は5月末、ショッピング中に体調を崩した。
この日はsun暑くて湿度が高かった。up
ちょうどテレビで熱中症で倒れる人がニュースを騒がしていた先月末のこと。
(常日頃から水分を取ることは意識しているんですが、何かに夢中になっていると忘れてしまいます。)この日、4時間ほど2キロ近い荷物を肩にかけてずーっと歩き回っていた。数日後に高尾山が控えていたので、必要最低限の物を買う為だった。
朝から口にした物は、水(150ml)。ラーメンとアイスクリームだけ。

17時頃
肩も肩甲骨もガチガチに痛くて、荷物を肩にかけているのが辛くて、額に冷や汗をかいていた。そのうち、痛みは肩から首筋、頭へと上へと移動。
頭痛がしてきて、こころなしか?気持ち悪さがあるような・・・。

18時頃
頭痛も気持ち悪さも酷くなり、歩くことが厳しい状況。
何とか軽減したくて、必死になって近くにあったタリーズでブラック珈琲を飲むも、
すでに対処が遅かったようで、動けなくなって倒れそうだったのでタクシーに乗り込んだ。

タクシーの中で
どんどん気持ち悪くなってきて横になったが呼吸も浅く早くなり、そのうちに両手の肘から先が痺れてきて、手の先が曲がってきて硬直も。
こんな症状は初めてだった為、自宅を目の前にして病院へ連れて行ってくれと頼む。

やはり門前払い
しかし、やはり夜間タイムだったので門前払い。
病院前にいるにも関わらず、病院事務員に「救急車を呼びますので」と言われてタクシーの中で横になって待つ。

救急隊員さん
救急隊員さんが「ここでは受け入れてもらう事はできないんですか?!」と聞くも、「担当の科の医師がいないし、当番じゃないので・・・」と返答される。
救急隊員さんはちょっと怪訝な顔をして、この日の受け入れ病院に電話して移動。
※以前より病院たらい回し、受け入れ拒否が問題になっていますが、これが普通にある現状なので、いつも何かあったら怖いなと思っています。

病院での診察の結果
今回は異常なしということで、しばらく休んでロキソニンを処方してもらった。
手のしびれは呼吸が浅く、速くなると起こる場合があるそうで、
そういう時はゆっくり呼吸すれば治まってくるので、今度起きたら意識して呼吸をしてみるようにアドバイスされました。

ただ、私が肩こりから頭痛を強調したせいか?
熱中症を起こしかけていたことは指摘されませんでしたが、それも併発していたのではないか?と自分では思いました。(額にも体にも汗をかいていたことから、そう思います。)

処方されたロキソニンを飲み、水もたくさん飲むと次第に良くなってきました。
自宅に戻ってからも少し気持ち悪さがあったので食事は殆ど食べられませんでしたが、翌朝には回復。
それにしても、私もこんな事で救急車を呼ぶことになって、申し訳ないな・・・と反省。
これを機に、旅行の際にしか携帯していなかった薬を常に携帯するようにしました。

あっ・・・救急車で運ばれているときに不謹慎ではありますが。。。
救急隊員さん、マスクはしていたんですけど、すごくカッコよい人だった。^_^;

-----------------------------------------------------------------

この日具合が悪くなる前に食べていたものは、百貨店の催事で出ていた都内・荻窪の有名店「春木屋」のラーメン。
昔荻窪で食べたことあったけど普通に美味しかったので催事でも食べてみた。
が、この催事で出されたラーメン、ひどく不味かった。

スープも脂っぽさだけを感じてそれ程おいしくもなかったけど、何よりも酷かったのが麺。例えて言うなら、コンビニの中華麺のような感じで、麺の形は形状記憶されている感じで、口の中で反発してくるし、食感はとてもボソボソして不味い。
これ、予め硬めに茹でて作り置きしていたのか?・・・とても茹でたてとは思えない代物だった。
チャーシューもペラペラで、コンビニのラーメンに添えられているような代物で、おいしさがない。春木屋って、こんなラーメンだっけ?それとも催事だからでしょうか??
15時近くに食べたこのラーメンが唯一の食事だったので、お腹は空いていたけど、半分以上残した。


Dsc04315_3 Dsc04318_3
Dsc04319_2

そして次に食べたのが、同じ催事場で出店していたお店の、こちら。
お店の名前は忘れたが、イチゴとバニラのソフトクリーム。
これは普通に美味しかったです。

Dsc04320_2


この数日後、高尾山へ行ったのですが、体に合わない間に合わせのリュックのせいか?
そんなに重くなかったのに、この日と同じように肩こりから頭痛が起こってきました。
携帯していたロキソニンを飲んで何とか無事に帰ってきましたが、
やはり食事は殆ど食べられず、ちょっと気分がすぐれない状態の高尾山になってしまいました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2014年6月18日 (水)

ベタ、元気だけど、ヒレが・・・?

ベタ、fish

ショップから家にきて、もうすぐ3週間になります。

水草も1cmも伸びてるsign04! 成長早っsweat01 

downwardright 大きな水槽にも慣れてきて、隅々を泳ぎ周っていたかと思うと・・・

Dsc04441_2

ときどき、

ダラ~ン ボケ~っと、静止したりしているベタ。

Dsc04443

 downwardright そんな様子を覘いている私のことを・・・時々このように横目でチラ見。

無視しているかと思うと・・・

Dsc04457

たまに・・・振り向いてこちらに来てくれるheart04 振り向きポーズ!

Dsc04458

そして・・・
水替えやゴミ取りの度に壊されようとも、早朝から毎日せっせと泡の巣もsweat02

Dsc04461

メスを入れてみたいけど・・・

皆さん、産まれた大量の稚魚ってどうしているんでしょうかねsign02

Dsc04463

話しは違いますが、ベタのヒレ、こんな状態なのですが・・・

これは、溶けてるのだろうか?

でも・・・購入したときから、ちょっとこんな感じではあったかも?

一応、スーマという液体を入れてはみたが。。。

昨日入れて、今のところまだ変化なし。

Dsc04450_2

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2014年6月15日 (日)

ベタ飼い始めました♪

先日、ホームセンターに行ったときにベタを買ってきました!fish

本当はネコとかイヌが飼いたいのだけど・・・
今は飼えない環境なので、気軽に飼えそうなベタでも飼いたいなぁと思っていたところ、入荷したばかりと思われる青いベタを見つけたので、購入。

15cm角のアクリル製の小さな水槽(灯り付)と水草1個とメダカ用の砂を購入。
850円程のベタを含めて、約3,000円ほどの出費。

Dsc04350

昔ベタを飼ったことがあり、その時は餌もあまり食べずにすぐに死んでしまったけど、このベタはかなり大食いでよく食べる。

翌日、ベタの飼い方をネットで色々調べてみたところ、
「ベタと言えども、できれば30㎝程度の水槽で飼ってあげた方が良い」と書いてあるsweat01しかも大きな水槽で飼われているベタは、皆、生き生きとしているのですup
やっぱり↑このサイズでは可哀想かぁ・・・。
水草も1個しか入らないし、殺風景で何か物足りなさを感じてきました。

そう思った矢先、4日目くらいにベタが飛び跳ねて裏に落ちていたsign03 wobbly
急いで水槽に戻したが、グッタリdown 上に浮いて呼吸も早い。
ネットで対処法を調べて(塩を入れ、暗くして休ませる)早々に試す。 
大丈夫だろうか・・・sweat02 回復してくれたらいいけど・・・。
翌朝恐る恐る様子をみた所、回復してくれていました!

そして、やっぱり水槽大きくしようupと思って近くの熱帯魚屋さんへdash
30㎝はスペースギリギリだったので、25㎝の水槽を購入。
水草や照明等で約10,000円の追加出費となるsweat01 
(やはり後から色々と出費が増えてしまうのは割とあるようです。)

Dsc04382

水を入れたばかりなのでちょっと濁っていますが、やっぱり小さな水槽と全く違います!ベタは動かない魚じゃなかった!(当たり前ですが・・・^_^;)

大きな水槽へ移したところ、今までとは違って生き生きと泳き出すベタちゃんsign03
何だか嬉しそうですup(見ている自分も嬉しくなる)

Dsc04386_2

そして何よりも、このベタという魚は意外にも人懐こいsign03
水槽に近寄ると、「なになに?!」と近寄ってくる。

Dsc04398

奥の方で休んでいても、私が見に行くと・・・
ハッ!と気づいて近寄ってくるのですがheart04この時のリアクションがかなり可愛いsign03
この可愛さは他の熱帯魚にはあまり見られないんじゃないかな??

Dsc04400

水草も増えて、イキイキと泳ぎ周るベタを見ているとすご~く癒されるし、
人懐こいので、他の熱帯魚より愛着を感じられるnote
これは大きな水槽だからこそ見せてくれる可愛さや癒しだと気付かされた。
やっぱり、ここはケチらずに25㎝でなく30㎝水槽にしておけば良かったなぁsign04

ちなみにベタの寿命はわずか1年~2年程度なのだそうです。
短い一生、より大切に飼ってあげたい。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »