« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月の2件の記事

2014年2月27日 (木)

3年連続、冬の青森へ

大雪から1週間経つのに、家の周辺は未だにあちこちに残雪の大きな山が残ってます。雪って、たくさん降ると?なかなか溶けないで残っているんですね。snow

これまで翌日には溶けてしまう光景しか見たことがないので、
今回はものすごい量が降ったんだなぁと想像しました。

実は大雪が降ったときは下北半島にいて、都内のニュースはサラッと流れただけ。
予報でも前回より少なく見積もられていたので、帰宅して「家の方は50㎝以上も積もったんだょ」と聞いたときはかなり驚いた~!
未だかつてない東北並みの積雪に、自宅周辺の混乱ぶりは想像が難しい。

さて、
2年連続で2月に冬の青森へ行ったので、さすがに今年の冬は北海道か山形などへ行こうと思っていたところ・・・!
なんと・・・wobbly
来月で寝台列車「あけぼの」が廃止にsign04sweat01(臨時列車としては運行されるらしい)
いつか乗ろうと思っていたけど、そうと知ったらすぐにでも乗らなきゃsign03
ということで、今年の冬の旅は「あけぼの号」の終着駅である青森に決定~。

でも・・・
2年連続の青森で、冬に行きたい温泉宿はほぼ行きつくしてしまったので、
今回の温泉宿の選択には新しいところはあまり浮かばず・・・
温泉以外にしたい事を色々見つけてから宿を選択することにしました。

note今回したかったこと、あれこれ
1.寝台列車「あけぼの」のA寝台に乗る・・・heart04
2.冬の時期限定の下北半島(風間浦)の鮟鱇フルコースを食べる
3.リベンジ!八甲田スキー場でのスノーシュートレッキング
4.父や伯父が行った弘前駅と弘前城を見てみたい
5.弘前のイタリアン、珈琲屋さん、和食を巡る
6.立ち寄りでは入ることのできない谷地温泉の男性風呂の「下の湯」に浸かる
7.大間崎のマグロのオブジェで記念撮影
8.古遠部温泉にもう一度浸かりたい

・・・まぁ、いろいろ書いたけど、一番はあけぼのに乗ること!
で、それらを満たすために宿泊先として選んだ宿spa

下風呂温泉(海峡の宿 長谷旅館)
下風呂温泉(さつき荘)
(株)百沢温泉
谷地温泉
酸ヶ湯温泉
古遠部温泉

今回宿泊した宿で良かったのは、下風呂温泉(さつき荘)と、谷地温泉でした。
中でも、入りたかった谷地温泉の男性風呂の下の湯(ぬる湯)は極上~。
ものすごく気に入りました!
酸ヶ湯も相変わらず、良かったです。
今後少しづつ、記事を書こうと思います。

-----------------------------------------------------------

shineオリンピック
羽生選手や真央選手、高橋選手の引き込まれる演技、そして葛西選手のジャンプ、
スノーボードなど、感動したなぁ!
特に真央選手のフリーは何度みてもジーンときてしまう。
メダルを取った人たちには申し訳ないけど、真央選手のフリーの演技の輝きと感動は他にはなかったなぁ。

そして、日本外国特派員協会の会見で浅田選手が森さんの発言について聞かれた際の浅田選手の受け応えには、凄い!上手だわぁと思いました。(笑)
森さんも見習った方が良いですね。それにしても、真央さんの受け応えは言葉、気遣いともにスマートで素晴らしかったな。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2014年2月24日 (月)

またまた夢

また、だいぶブログが空いてしまった。

派遣で仕事始めたこともあり、パソコンに向かう時間が殆どなくなり、
年末年始に録画で録りためた番組もまだまったく見る時間を作れてないsweat01
それはさておき・・・
昨年と今年になってまた気になる夢を見ました。

1つは・・・sleepy 「自宅が火事で燃える夢」
赤々と自宅が燃えていて、家の外から見ていて「早く消さなきゃ!!!」って思っている場面。そのうちに火は消えて炭となった柱などの風景にり、火が消えた後に真っ黒な炭となった家の中へ入って2階へ上がっていく自分。
でも中に入ると焼けていない部屋の光景もありました。

・・・夢はそこで終わり。

いろいろ見た夢に近い状況で夢占いを見てみると、
clip 自分の家もしくは、自分の部屋が火事になる夢は、近い内に貴方か家族が病気になるという警告ですので注意が必要です。

clip自分の家が火事でさかんに燃えている夢ならいいのですが、その後の焼け跡が夢に出てきた場合は家族の病気やトラブルを暗示する凶夢となります。

などなど・・・ちょっと嫌だなぁと思っていたが、しばらくして弟に話をして数か月後、
そんな夢のことも忘れかけていたときでした。
弟が最近、脚が浮腫んで階段を上がるにも息切れをするので病院へ行ったところ、
「病院へ行ったら、心臓が肥大していると言われて検査したら、心不全を起こしている」と言われたという。
やっぱり夢の意味って家族の病気に注意ってことだったのだろうか?

今は利尿剤や心臓の働きを助ける?貼り薬などの治療と通院で、何とか保っている様子。昨年は胸のレントゲンでも何ともなかったというのに。。。
とりあえず、もう家族は弟しかいないので、健康に注意して長生きしてほしい。

そしてもう1つの夢は・・・sleepy 「亡くなった父親が血だらけで出てくる夢」
これは怖かったぁ。。。
しかも何故か?全裸で全身血まみれで、両脇を男性に抱えられて大勢の人の前に出てくる夢なんです。(・・・でもこの夢は目覚めてから、以前にも見たような気がする・・・。)

とりあえず、服を着ていないので、私と弟はタオルで隠してあげようとするんだけど、
何故か?タオルと金額の書かれたパンフレットを見て、どのタオルにするか相談しているという、何とも呑気な夢。
そのあと場面が変わって、血だらけの状態から左わき腹を手術し終えた父親は元気になっていて、血だらけだった姿もきれいになっていて、一先ず安心している夢。

でも夢の中で「お父さん!!」っと、3回くらい叫びながら泣いていて、そこで目が覚めました。

そしてまたまた夢の意味を知りたくて調べてみると・・・
clip血だらけの人の夢は、血が鮮血である限りは、仕事運・金銭運が向上し、仕事での成功を暗示する吉夢です。 ただし、血だらけの人が知人や友人であれば、その人がトラブルや事故に巻き込まれる可能性を秘めていますので、注意してあげましょう。
clip誰かが大量出血する夢は、問題の解決にかなり時間がかかりますよ、という暗示です。などなど。。。

すでに父は亡くなっていることを考えると、「問題解決に時間がかかる」という意味の方が今の私には何となく思い当たることがあるかなぁと。

何はともあれ、夢ってやっぱり意味があるのかなぁ?不思議です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »