« 父が遺してくれた家族のアルバム | トップページ | 5か月ぶりの通院 »

2013年11月 6日 (水)

昭和30年代にもあった。

父のアルバムに1通の茶封筒が挿まれていた。
差出人は父が自衛隊にいた頃の、一等陸尉から実家宛てに届いた手紙だった。

父が元気に過ごしているという様子がしたためられたあと、
「最近自衛隊の畄守宅を狙う詐欺事件が相次いで各地に発生しております。・・・・今迄発生した事件で犯人は次のようなことを言っております。」とあり、

一、お宅の息子さんと同僚で親しく付き合っておるものです。

二、お宅の息子さんが交通事故で他人に怪我をさせた。その医療費を払わなければ警察で調べられる。

三、お宅の息子さんは汽車の中でけんかして窓ガラスを壊した。その代金を弁償しないと警察沙汰になる。

四、お宅の息子さんが旅行するのでその旅費と小使を貰って来てくれと頼まれた。

五、お宅の息子さんが洋服をつくったが、その代金を支払わない。

このままだと警察沙汰になる等の詐言を言って自衛隊員になったり、鉄道員になったり服屋になったり、種々様々の人になって各家庭を訪問し金品を取っております。
このような者が訪問したときは、先ず中隊に照会して確認しない限り絶対に金や品物を渡さぬようにして下さい。

・・・どこかで聞いたことあるようなセリフ?
現代のオレオレ詐欺みたい。 この時代にもいろいろあったんだなぁ。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

昔の写真の中に、昭和34年の弘前駅の写真があった。
ベレー帽はたぶん、父の兄。

Img698
そして そして、弘前の親戚と思われる写真があった。

Photo_12

写真に写っている看板をよーく見てみると、「医大前 洋々軒」と書いてある。

中華そば 40円 
焼きそば 50円

昭和の30年代の値段
提灯の上には「100円で飲み喰い」とも書かれている。

この方は祖父の兄弟の奥さんだろうか??
詳しいことはわからないけど、弘前にいたという親戚に間違いない。
そして、この様子だと、食堂を営んでいたようだ。

ネットで、医大前、洋々軒で検索してみたが、見つからなかった。
当たり前か、、、これは昭和33年頃の写真のようだし。
今存在していたなら、ぜひ訪ねてみたかった。

このお店があった場所は今どうなっているのか?
それだけでも確認できたら嬉しいのだけれど・・・。
ここがあった場所がわからない。

|
|

« 父が遺してくれた家族のアルバム | トップページ | 5か月ぶりの通院 »

コメント

いのぶーさんへ
いのぶーさんの生まれた年の弘前駅の写真という事になりますね。この頃は皆、女性は着物姿ですね。

息子さんは一尉なのですね。
階級はよくわかりませんが、父は21歳の時に一等陸士に昇級したようです。
父の温泉好きや得意の泳ぎ(特に潜り)、料理上手等は自衛隊での経験からかな??と感じました。

投稿: アネゴ | 2013年11月23日 (土) 16時37分

スコーピオンさんへ
そうなんですよね、跡地に何があるのか?すごく気になるんですよね。
今度弘前に行ったら、行ってみたいと思います。
そして、昔から同じ手口の詐欺にびっくりでした。

投稿: アネゴ | 2013年11月23日 (土) 16時08分

やっと、パソコンが手元にきて、、、奮闘しています。
昭和34年?それは、私が生まれた年です。

一尉からの手紙?我が息子(29歳)も現在その階級です。

いろいろ考えさせられますね。
苦笑いしてしまいました(手紙の内容に)


投稿: いのぶー | 2013年11月18日 (月) 07時26分

洋々軒の跡地は何があるのか
そこが食堂だったらちょっと行ってみたい気もしますね。
それにしても、いつの時代もオレオレ詐欺みたいな事があるんですね…

投稿: ★スコーピオン★ | 2013年11月16日 (土) 11時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 父が遺してくれた家族のアルバム | トップページ | 5か月ぶりの通院 »