« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月の4件の記事

2013年5月27日 (月)

カメラを通して気付いた自分

休日にキヤノン銀座で無料のワークショップに参加してきた。camera
テーマは「旅先の素敵な写真を撮ろう!」というもので、無料講習。
いろんなテーマがあるが、無料なのでいつも抽選となる人気ぶりに今回もハズレたのだが、キャンセルが出で初参加できた。
講師はエアフランスやJASなどの航空会社機内誌のメインフォトグラファーとして活躍されている方。

その前に・・・。私のカメラ歴は約6年くらい。
最初はカメラも写真も興味がなく、携帯のカメラで気が向いたら撮るだけ。
唯一彼がSonyのサイバーショットを購入したが、その彼もほとんど撮らない。
そんなふたり。
きっかけは記憶にないが、たぶんブログを書いていて「旅の記録になる写真がない・・・」ということに、あるとき自分が気付いたんだろう。そこで、宝の持ち腐れとなっていた彼のサイバーショットを「使わないなら私にちょうだい!」と、自分用にした。

それでも単にシャッターを押していただけの使い方をしていたが、
数年後、一眼レフに興味を持ち、2009年の秋には、Canon EOS Kiss digital Xを購入。(後に広角レンズを彼からプレゼントされる)

002

その後はしばらくCanonとSonyを使用していたが、Sonyが古くなり・・・

★2台目【RICOH CX3】  購入年・・・?cyber-shotを下取りにして購入
コンデジではマクロのボケ感がとても良かったが、暗さと手振れ補正がすごく弱い。
今は彼の練習用で、私はボケ感が欲しいときに利用。

 
★3台目【SONY cyber-shot DSC-RX100】 2012年の誕生日プレゼント
夜景と手振れに強く、ボケ感もあり結構万能だが、マクロは弱く?操作性が複雑。
こればかり使用していたら、たった数か月で一眼レフが上手く使えなくなっていた。

★4台目【PENTAX WG-Ⅲ】 2013年 雪や温泉で使用できるよう防水を購入
冬の八甲田へ行ったときにSonyを使用していたが、拭き残した雪がポケットの中で
凍るという事態に、防水カメラでないと壊れる!と思って購入。
画質はSonyが上だが水や雪に安心して使え、GPSや気圧、コンパス等の機能が面白い。

つまり、現在は一眼レフ1台、コンデジ3台、計4台も持っているのに、
日頃使っていないので、まったく腕は上がらず初心者の域を出られない。

そして、本題のカメラ講習!

貸し出しのカメラはEOS Kiss X6i
先生はまず、「2人1組になって、相手の写真を撮ってみてください」と言った。
camera とりあえず撮ればいいのかと思った私は、相手をど真ん中にして写真を写した。

先生はレベルをチェックするために撮らせたようだった。

で、ど真ん中に被写体を写すのはド素人レベルだったようです。。。
ガーン・・・down
日頃、彼の撮り方に駄目出しし、自分はけっこう良い構図で写真を撮っている♪
なんて思っていたけど、それは思い上がりであり、ものすごい勘違いだった。
(彼にはもちろん、謝ることになった。)

pencil 先生の言葉
・どこに行くにもカメラを持って行こう!
・昼でも夜でも撮ろう!
・低い目線、高い目線で撮ってみよう!
・光をとらえよう!
などなど・・・いろいろなポイントを教わった。
中でも、私の一番の発見だったのは、「光を捉える」ということ。

実際の撮影では、グラスにジュースを注いでいる動きのある写真を撮るのだが、
10人の参加者がいて被写体は同じなのに、最後にプリントしたものを並べてみると、誰一人として同じ写真がなく、えっ?こんなに違うの!?っていう驚き。

徐々にテーブルに並べられていく写真。
しかしそれは、今までなら自分では「ダメ!」としてきたような雰囲気の写真ばかり。
何でグラスを全部写さないんだろう?
色がわからないほど暗い写真だなぁ等々・・・最初は思っていたが、
みんなの写真が並べられていくと、すべての写真がポストカードとしてお店にあってもおかしくないくらいの“作品”に見えていたのだ。
そこには、グラスや飲み物を捉えているのではなく、光の美しさや明暗さ、雰囲気、泡の感じ等、自分とは全く違う捉え方、見方、いろんな表現を見せる写真があった。
正直、私には衝撃だった。


私は、今までいったい、何を撮ってきたんだろう。。。
何を見て、何をどんな風に撮りたいと思っていたのだろう?
私は、カメラの写す世界を楽しんでいたんだろうか??
そもそも、そんな事、考えて被写体を探し、見ていたっけ?

「“記録”にならないような写真をぜひ、撮ってみてください」という講師の言葉に、
私は今まで、「記録」という写真を撮っていただけだったのか・・・?!と。
自分のこれまでの写真を見れば確かに、記録みたいだ。
きちんと、物が何であるかわかるように、そして出来るだけきれいに撮ること。
見たままを表現すること。
でも、記録だったんだ。
だから、グラスも料理も、欠ける部分がない写真が多い。

先生はこうも言っていたっけ、
「何を表現したいのか? 美しさ? 大きさ? 神秘さ?・・・」って。
見たもの、感じたことを “表現” する写真なんて、考えたこともなかったわ。
自分の物の味方、物を見る世界の狭さ、偏りを見たようだった。

カメラは自分の感じた世界や気持ちを表現するものなんだなぁと。
そんな事に気付くことのできたカメラ講習でもありました。


最後に、先生とCanonのスタッフさんが選んでくれた私の1枚。
私は、「これ、ボケてるわ・・・」と思ったのですが、先生とスタッフさんは、
「グラスの中に背景が映っているのが面白いね!」と言って選んでくれました。
「これ、意識して背景を入れてたなら凄いょ。」って。(いぇ、たまたまです。)

とういことで、この写真はある意味、初めての一枚だとも言える。

Dsc03033

そして下3枚は、これまでの私のグラス類の写真。 どうでしょうか??
(これらは、一眼レフではなくコンデジです。)

Dsc00482 003337

今回はいろんな角度、高さ、そして光によって、こんなにも違うものになるのか!?って、本当に驚きだった。
これからは記録だけではない写真を撮って、自分の感性を表現していけるような写真を撮ることを目指して楽しんでいきたいと思いました。

そして・・・またもや腕より先に次はフルサイズのカメラを考えている自分。
今はCanon 6D と・・・ Nikon D600で迷っている。
売れてるのはCanon?性能はNikon?
レンズはまだCanon1本しか持ってないので、どちらにも行けるかな?
どっちがいいんだろうーーー!!迷う~~~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2013年5月25日 (土)

見てみたいなぁー!

先月、九州へ行ってきました。

JALで羽田から熊本へ。
熊本からはバスで新八代へ行き、そこから予約していた機関車に乗りました。

機関車は期間限定列車、1日1往復のみの「SL人吉」です。

念願のSLは、停車するたびに皆さんカメラ撮りまくり!
もちろん、私もカメラ片手にあっちこっち。

そんな中、ひときわ大きな三脚にカメラを付けたカメラマン風のおじさんがいました。
本格的だなぁ~。
と、思いながら私もカメラをのぞきながら後ろへ徐々に下がっていると・・・
構えていたおじさんのカメラにぶつかり、足も踏んでしまうというアクシデント。

私 (あっ!すみません。。。)
おじさん(うなずく)

そのとき、腕に何か付けているのに気づいた。

N H K・・・?

私 (NHKの方ですか? 何かで放送するんですか?)
おじさん (えぇ、でも日本じゃなく海外の放送番組なんですょ)
私 (いつ放送するんですか?)
おじさん (5月25日です。)

私、通行人みたいに映ってないかなぁ?
BSとかではないので見られないようだ。見てみたいなぁ~。

ちなみに、下の写真はNHK WORLD 
5/25に海外で放送される「Train CruiseA Century-Old Railway in Kyushu」から。

Special1_l

私の九州記事は次回!

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2013年5月24日 (金)

あさイチでやっていた甲状腺がんの内視鏡

朝のNHKでやっている「あさイチ」で甲状腺のことをやっていた。
題して・・・「隠れた国民病?10人に1人が発症?甲状腺の病気」

なんか、この題目気になる。
疑り深い私は、eye downwardleftすぐにこういう風に考えてしまう。  
今後はっきり出てくるだろう原発事故による甲状腺がんが「原発事故との因果関係なし」としやすくするための土台作りのための番組作りじゃないよね??とか・・・。
(考えすぎ?・・・スミマセン)
番組では甲状腺疾患の話のあとに、乳頭がんの方が手術を受ける場面がありました。

甲状腺の手術といえば、首の真正面(首の付け根のカーブに沿って)5~20cm、人によってはそれ以上?切開をするので、傷跡が見える場所に残ってしまうというのがどうしても避けられません。

テレビに出演されたその方は、右の甲状腺上部に乳頭がんのシコリが見つかり、
手術ではシコリのある右の甲状腺の半分を切除するというもの。
しかし、ここからが違います。
この方は、日本医科大学付属病院(東京、文京区)で、内視鏡による手術をされ、
首元には傷跡はありません。
切開するのは首の側面と鎖骨の下を切開するというもので、その2か所を数センチ切開し、(皮膚を腫瘍のある部分まで剥がして?)甲状腺を切除するというものでした。ただ内視鏡とはいえ、何本もの金属棒?みたいな器具が皮膚の広範囲のあちこちに刺されて、皮膚を引っ張って浮かせているみたいな?状況を見て、術後は広範囲の皮膚感覚の麻痺はありそうな感じがしました。

しかも内視鏡によるこの方の手術時間は60分で出血もゼロだという。
つまり、私などが何日も付けたドレーンというのはなしということ??
びっくりです。
この手術を執刀した医師は清水教授で、年間300件も執刀するという。
(私の通う病院とこの医師だけでも年間どれほどの患者数になるのか?あり得ないような患者数の多さではないか?ガンみたいに2人に1人が甲状腺疾患になるときは近い?)

ただし、この内視鏡の術式はまだ限られているそうで、この方の場合は右上だけのシコリ切除だったので、がんの大きさやリンパ節転移等の状況ではできないようですね。

それと、番組の中の視聴者のコメントで個人的に気になったことがありました。
爪の変化です。
お子さんを皮膚科に受診させた際、その医師に爪の変形(爪の厚みが薄い)から甲状腺異常ではないかと指摘されて検査したらバセドウ病が見つかったというものでした。

私の爪も極薄!
術後?いや、その少し前からか?記憶が定かではないのですが、確かに爪が非常に薄くなったと感じていたんです。
現在も私の爪はカッターの刃の背の部分より薄いです。
前はもっと厚みがあってしっかりした爪で、大好きな付け爪(ネイル)も楽しめていたのですが、現在では大好きなネイルさえ躊躇してしまうほど薄いままです。
この爪の薄さの状況を考えると、(甲状腺は全摘して無いが)ホルモンの機能が悪いってことなのだろうか??
これ、主治医に訊いても「関係ないと思うょ」で終わりだろうなぁ。
でも、誰かに訊きたい。

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

2013年5月 1日 (水)

危険の種を世界中にまく・・・という遺伝子組み換え

東京新聞に本が紹介されていたので、紹介します。
私はまだ読んでいませんが、現在本屋さんで取り寄せ中。
アマゾンでは一時的に在庫切れになっているみたい。

本のタイトルは「遺伝子組み換え食品の真実(アンディ・リーズ著)」

~本の説明書き(東京新聞紹介記事より引用)~
日本で市販されているサラダ油、なたね油、コーン油などは、米国やカナダなどから輸入された遺伝子組み換えの大豆やなたね、トウモロコシで作られている。
また、食品に広く使われている水あめや麦芽糖やパン粉などの原料であるトウモロコシは遺伝子組み換えの可能性がある。

こうした現実を踏まえて本書を読むと、遺伝子組み換え食品の問題の深刻さが伝わってくる。

著者は英国の農家に生まれた環境保護活動家。
遺伝子組み換え食品に関する各国政府報告書、新聞記事、科学論文、企業内部文書、NGO報告書などを基にその問題点を明らかにしようとする。
遺伝子組み換え作物の危険性、環境への悪影響、収穫量の減少、農薬の使用量増加、そしてバイテク企業の種子交配など。

とくに注目すべきは、モンサント社などのバイテク企業が米国政府と結託して、遺伝子組み換え作物をアフリカや南米、インドなどに無理やり普及させた身勝手な戦略を明らかにしたことだ。

たとえば、2002年に南部アフリカで食糧危機が発生した際に、食糧援助を求める各国に対して、米国政府は遺伝子組み換えトウモロコシを製粉せずに粒のまま送ったという。農民たちがそれを種として保存し、翌年栽培することを見越してのことで、こうして組み換えトウモロコシの栽培推進を図ったのだ。

またインドでは、モンサント社の子会社が法令を守らずに、害虫抵抗性ワタの商業栽培を強行したという。このほか、バイテク企業のマスコミ対策や反対する研究者に対する弾圧などが生々しく記述される。

日本がTPP(環太平洋連携協定)に本格参入すれば、遺伝子組み換え食品の表示が撤廃されるかもしれない。
米国では表示が義務化されておらず、日本政府にも非義務化を迫ると予想されるからだが、その裏にはバイテク企業の力が働いている。
そんな癒着の構図を知るのに最適な本である。 ~引用ここまで。

知らない間に口にしている遺伝子組み換え食品。
・・・そして最近、毎週のように週刊誌で記事になっている汚い中国食品の数々。。。
汚い、危険、不自然、・・・そんなもの、売るんじゃない!!と言いたい。
少しでも気を付けて食品を選びたいし、遺伝子組み換えは絶対に反対!!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »