« 日本三大秘湯の谷地温泉へ | トップページ | 青森県~みちのく深沢温泉 »

2013年3月21日 (木)

八甲田雪道で助けを求めて駆け込んだ建物とは・・・

谷地温泉の次に向かうのは、みちのく深沢温泉 spa

snow 山の天気はこ変わりやすい。
蔦温泉を10時半くらいに出発して走り出すと、晴れ→くもりのち雪・・・そして、
谷地温泉で約1時間ほど立寄り湯を楽しんで外へ出ると・・・すごい吹雪だった。

・・・その前に、

数日前の記事「いくぜ、東北。八甲田の雪道を行く」(http://season1.way-nifty.com/anego/2013/03/post-3a92.html)に書きましたが、田代平付近の県道40号は前日はホワイトアウト状態にもなって、相当苦労して走った道でした。

詳しい地図も持っていなかった為、(そもそも地図を持っていても、目印が雪に埋もれていたり、吹雪で見えないので意味がなかったと思うが・・・)どこを走っているのか?さえ良くわからず、カーナビも頼りにならず不安になるし、この先どうしたら良いか・・・と、
途方に暮れる状況、気持ちになって走っているときでした。

真っ暗な道に灯りを見つけて、その灯りの建物に駆け込んで事情を話すと、
吹雪の中、男性が軽トラで私たちの車を目的地の近くまで先導してくれたのです。
そのお蔭で、私たちは無事に蔦温泉旅館に到着することができた訳ですが、
そのお礼を改めて言いたいと思い、立寄らせていただきました。
(場所は、谷地温泉とみちのく深沢温泉へ行く道の途中にあります。)


2013年2月17日(日) 田代平まで(4キロ)地点。
103号から田代平方面の40号へ再び向かいます。
Img_1382

11:49AM   曲がり角は要注意。

Img_1383

11:53AM  下の写真の案内板( 田代平 六ヶ所・七戸 十和田 )

直線道路でこれくらいの視界で、除雪もされているのでスムーズです。
昨日と全く同じ道を走っている訳ですが、あんなに恐怖と不安に駆られた同じ道だとは全く、思えません。 全く別の姿になるのが雪の怖さなのですね。。。
Img_1384

11:55AM 40号
今日はときどき視界不良にはなるものの、ホント、昨日とは全く違うわー。
蔦温泉からここまでの所要時間も、昨日より相当短いです。

高い木々がなくなってくると、田代平湿原付近だと思われます。

Img_1386

そして見えてきました!! 昨日、駆け込んだ建物が!!

Img_1393

ここだ、 ここ! 車を降りて歩いて行くと・・・

ん・・・?  なになに?? 看板がある。

「雪みち・・・」  あっーーー!

えっー!? ここって・・・ 

・・・そういう場所だったのぉ?!

この建物の入り口に書いてある看板みて、びっくり!! 
良かったら、下の写真をクリックで拡大して建物の看板を見てみてくださいませ。downwardleft

Img_1390_2

私たちが助けを求めて駆け込んだ建物とは・・・

吹雪で立ち往生したときなどに避難したり、雪道に関する情報などを提供するための
「東八甲田 雪みち避難所 兼 除雪ステーション」 だったのでした。
※レンタカー借りたときにもらっていた「雪道安全マップ2009」に載ってるじゃないか。。。いちばん右下に、それも小~さくね。

まさか、このような所だとは知らずに駆け込んでいたとは、何と幸運な!
昨日は夜で吹雪いていたので、このような建物だとは全くわかりませんでした。

ふたりで中へ入っていくと丁度お昼どきで、5.6人くらいの男性が休憩中?
でも昨日先導してくれた人が見当たりません。

「昨日の夕方にここに駆け込んで、途中の道まで先導してくれた方にお礼を言いたくて・・・」と話すと、「あぁ、○○さん!○○さん!」と別室へ呼びに言ってくれました。
そしてフライパン片手に現れたのが、昨日助けてくれた男性でした。
(みんなのお昼ご飯の調理真っ最中でした。)

お礼を言うと、「無事に着いて良かったです。」と言ってくれました。
そういえば、昨日駆け込んだ時もちょうど夕飯時だったようで、すみません。。
でも本当に助かりました!
先導してくれた男性も、あの吹雪の夜道を無事に戻られていて良かった。
(雪みち避難所の方々、本当にありがとうございました。)

そして避難所を後に・・・みちのく深沢温泉へ向いました。

Img_1394

途中、昨年利用したJRのはやぶさ色をしたバスとすれ違いました!
このバスは新しいようで、中はとってもきれいで快適でしたょ~。

バスで、雪の回廊の高さがだいたいわかるでしょうか?
バスより高いですね。でも、この時点では昨年(2012年2月)より少ないようです。
ちなみに、この翌週の大寒波(2/23前後)には、酸ヶ湯温泉は6m近い記録更新ですから、もっと高くなった回廊がみられたんでしょうね~。
(というか、その時だったら私たちは車で走れたかは微妙・・・ですけどね。)

それにしても、相方は旅のときしか運転しないのによく頑張ってくれました。
(私も、フォロー頑張ったしね~!) 

|
|

« 日本三大秘湯の谷地温泉へ | トップページ | 青森県~みちのく深沢温泉 »

コメント

スコーピオンさんへ
本当、八甲田は“なめたら、あかん”と相方は言ってました。

一期一会、そうですよね。
相方は「先導してくれた人と写真を一緒に撮っておけばよかった」と言ってました。
私も後から、そっかぁ!そうだよね。と思ったけど、その時はそんな余裕なかった。
でも、立ち往生しそうな場所には避難所という場所がきちんと設けられているんだなぁと思いました。

投稿: アネゴ | 2013年3月21日 (木) 19時29分

本当に真っ白な世界ですね!
白銀♪なんて余裕はかましていられない景色だわ。
改めて御礼が言えてよかったですね。
なんかフッと『一期一会』って言葉が浮かんだ。

投稿: ★スコーピオン★ | 2013年3月21日 (木) 19時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/158280/56997256

この記事へのトラックバック一覧です: 八甲田雪道で助けを求めて駆け込んだ建物とは・・・:

« 日本三大秘湯の谷地温泉へ | トップページ | 青森県~みちのく深沢温泉 »