« いくぜ、東北。 酸ヶ湯温泉旅館へ | トップページ | 東北からお取り寄せした美味しいもの! »

2013年3月30日 (土)

これからも、行くぜ、東北!

あー、とうとう雪とお別れ。 今年はこれで最後だろうか、寂しい。
あと1週間は滞在していたい雪国。

後ろ髪を引かれるように酸ヶ湯を後にして向かったのは十和田市現代美術館。

空いてる感じ!と思ったら、休館日だった。。。

いつも念入りに下調べするので、えっ!?うそぉ。(ガイドブック確認する)
あ・・・月曜休館と書いてあるじゃないの。 私としたことが完全に抜け落ちていた。
しかも、銅像茶屋も冬季休業で、2連続のがっかり。
ガックリきて、、、お腹も空いてしまい、ガイドブックに載っていた「バラ焼き」の店へ。

外観はパッとしないが・・・、

Dsc01290

味は、美味しかった!(店内は寒かったけどね。)

R9719961

しかもこのお店、他のメニューは値段もそれなりだが、ボリュームある内容。
お腹いっぱい食べるには、なかなか良い感じ。
Dsc01293 Dsc01294

restaurant レストランとわだ 

食後はガイドブックに載っていた大竹菓子舗でお土産を購入っと♪

Dsc01306_2 Dsc01307

魔女の生チーズサンド」 これ、すっごく美味しい!! 
ふわっふわっの生地に甘くない生チーズクリーム&りんごが入っているのがポイント!
これは、かなりおススメできます! 今度お取り寄せしてみょ。

Dsc01308

で、ショーウィンドウにすっごくカワイイケーキがあって 「これ美味しそうだぁー」

Dsc01300_3 

かわいいわぁ~!と何度もつぶやき過ぎていた為、、、お店の方が写真どうぞと出してくれた。 このタヌキのケーキ、heart04 とっても可愛いでしょう!? 食べたかったぁ。

Dsc01299

食べないのに・・・写真撮らせて頂きありがとうございました。
次回、この たぬき、絶対食べるぞぉ!

cake 大竹菓子舗  ※私たちが立寄ったのは本店でないお店です。
※ 楽天市場でも購入可能 http://item.rakuten.co.jp/komanomati/c/0000000258/

spa 美術館が休館で時間が余たので、地図で見つけた温泉へ行ってみることにした。
ここの温泉は弱食塩泉のため、よ~く温まり、湯上りは汗がなかなか止まらず困ったほど良く温まる温泉だった。
湯はぬるりとした感じで、ともて肌触りの気持ちの良い温泉だった。
旅館のようですが温泉場でもある感じで、地元の方に交じって入らせてもらった。
ここは、なかなか自分の好みの湯と雰囲気の温泉でした。

Dsc01316

spa六戸温泉 (クリックで、私が参考にしている個人のブログへ飛びます。)
住所: 上北郡六戸町大字犬落瀬字押込93-4
電話: 0176-55-2126
営業時間: 8:00 - 22:00
料金: ¥250

pencil 旅も終わり、今回の旅で一番印象に残った宿は相方共々、やはり古遠部温泉。
食事も美味しかったし、温泉は最高。ここはまた再訪しようと思っている。

Dsc01652

今回は天候不良で八甲田のスキー場ではトレッキングはできなかったけれど、
八甲田の冬の厳しさゆえの雪の魅力というものにすごく魅かれてしまい、
冬の八甲田にはリピートせずにはいられないくらいハマりつつある感じ。
できれば長期滞在型で旅を楽しみたい場所だと思った。

これからも、 行くぜ、東北! レールに乗って。 こりゃ、たまらん、らん♪

|
|

« いくぜ、東北。 酸ヶ湯温泉旅館へ | トップページ | 東北からお取り寄せした美味しいもの! »

コメント

スコーピオンさんへ
このチーズサンド、りんごが入っているところがポイントです。お取り寄せでもかなり人気商品だったみたい。
牡蠣を網焼きにしてくれるところがあるんですか?
東北では知らないけど、広島では網焼きしているところで食べました。やっぱり牡蠣は生が一番美味しい。私もそう思います!

投稿: アネゴ | 2013年4月 1日 (月) 13時45分

生チーズサンド美味しそう!
ブッセもチーズクリームが一番好き★
たぬきケーキ可愛い♪
東北で牡蠣を網焼きしてくれるところありましたよね。
あそこ行ってみたいなーって思ってます。
生牡蠣が一番好きだけど。

投稿: ★スコーピオン★ | 2013年3月31日 (日) 10時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/158280/56935297

この記事へのトラックバック一覧です: これからも、行くぜ、東北!:

« いくぜ、東北。 酸ヶ湯温泉旅館へ | トップページ | 東北からお取り寄せした美味しいもの! »