« 行くぜ、東北。 こりゃ、たまらん らん♪ ②古遠部温泉の前に・・・ | トップページ | 行くぜ、東北。 こりゃ、たまらん らん♪ ④古遠部温泉の食事 »

2013年3月 2日 (土)

行くぜ、東北。 こりゃ、たまらん らん♪ ③古遠部温泉へ

立ち寄り湯をした「日景温泉」から、古遠部温泉までは車で20分程の距離。
車中から撮った写真ですが、真ん中に雪に埋もれた古遠部温泉の看板がわずかに見えています。

Img_1000

けっこう、雪が良い感じに降ってきてくれましたょぉ~snow
こんな雪道を走って行きます。
(実はこの道を、四駆に切り替えられていない事に気付かず走行していました。)
Img_1002

1台しか通れないような道がしばらく続くのですが、この先は宿しかなく、
宿から先は道はないような感じでした。
またこの雪道ですが、宿の方がきちんと除雪しており全く心配なく走ることができました。(ただし、吹雪くと先が見えませんが。)

そして辿り着いたspa「古遠部温泉」の玄関。(山小屋風?ですね。)

Img_1007
Img_1030
Img_1022_2 

宿の受付は事務室の窓口で。(チェックインもここでします。)
室内なのに、宿の方が吐く息が白いsweat01

館内にはアイスや自販機、数は少ないがカップ麺やおつまみ等もありました。

Img_1020 Dsc00748

娘さんでしょうか?荷物を持ってくれ、館内の説明をしつつ部屋に案内してくれました。
私たちの通された部屋はいちばん奥の「松の間」角部屋でした。

Img_1015_2
部屋に入ると既に布団が敷かれている状態 (嬉しいですね)。
古い宿ですが、部屋は思った以上にきれいで快適。 暖房で部屋も温か~!Img_1008_2 Dsc00736

アメニティは浴衣、歯ブラシ、手ぬぐいのみ。
バスタオルは申し出れば貸出可(温泉で茶色くなるから貸出しのみなのでしょうね)
※最近名入れタオルがない所もありますが、集めているので名入れは嬉しいsign03

Dsc00735_2 Dsc00740_2
Dsc00738_2 Dsc00733_3

空っぽの冷蔵庫もあります。 この他、ドライヤーも貸し出してもらえます。
これだけ揃っていれば何の不便もありません。

荷物を置いて早々に、ネットや本で眺めていた念願の温泉へ向かいました。
場所は部屋から出てすぐの所(洗面所の隣)にありました。

Img_1032

脱衣所は清潔で、ヒーターで温められていて快適です。
Dsc00742_3

ドアを開けると・・・感動の光景が目の前に飛び込んできましたsign03

わぁおup すっごいですょーsign03 

Img_1055_4

湯船は思ったより深さがあって、脚の付け根まであります。
これがすごく気持ちの良い深さだと感じました。
温度は42℃ほどだと思いますが、とても気持ちよく入っていられます。
湯は優しくさらりとしていて、湯上りの肌はしっとりサラッとしていました。

飲泉してみると、鉄分とほんのり甘味の感じる味。
(洗い場はないと思っていましたが、奥にひとつ設置してありました。)

Img_1065_2

新鮮な極上の湯が、ものすごい勢いでザッーっという音と共に湯船の中へ入るも、
それ以上に溢れながら流れて行く様には、思わず笑みが出てしまいます。spa

ケロリン桶も場所によっては、どんぶらこ~と、流れて行ってしまいます。(笑)

Dsc00781 Dsc00820_3 

ホント、これはもぉ、物凄い・・・としか言いようがありませんsign03 

溢れてザーザー流れている湯船の周りにトド寝するのも、ここの湯の楽しみ方の一つらしいので、常連さんに交じってやってみました。(みるくままさんに教わった通り、ケロリンの桶を頭にあてて寝転びます。)

気持ちいぃ~わぁ~。up 
寝ていると、岩盤浴をしているかのようにすごく温かくなってきます。
こりゃ、たまらん、らんnote 

Dsc00806_2

勢いよく排水へと流れていく湯は、外の川へ行く?(右の写真は窓から下を写した所)Dsc00855 Dsc00850

窓から外を見たところ、地面?が温泉成分で一面茶色になっています。
外には源泉を引き上げていると思われる装置?があって、ボコッボコッと噴いていました。

Dsc00853 Dsc00854_2

湯治に来ているお婆さんと少しお話したのですが、ここでも方言が・・・(^_^;)。
やっぱり何を話しているか、ほとんど分らなかったのですが、
お婆さんが上がったので、「お風呂の写真を撮っても良いですか?」と断ったら、
「もっと窓を開けて湯気を逃がしたら?」というような事を言ってくれていました。
可愛らしくやさしい感じのお婆さんで、古遠部を思い出すと、このお婆さんの事も浮かんできます。

つづきは・・・古遠部温泉の食事です。

|
|

« 行くぜ、東北。 こりゃ、たまらん らん♪ ②古遠部温泉の前に・・・ | トップページ | 行くぜ、東北。 こりゃ、たまらん らん♪ ④古遠部温泉の食事 »

コメント

スコーピオンさんへ
連日残業が続いているようですね、お疲れさまです。
私も半身浴がどうも苦手でどっぷり浸かってしまいます。ちなみに家のお風呂も42℃設定です。父親がこの温度が好きだったのですが、私はちょっと最近40~41℃くらいで15分くらい入るのが好きです。
でも温泉はけっこう熱いのが多いのでガマンして入りますが、そういう湯はリラックスというより修行みたいな思いをして入っているという感じです。(笑)

投稿: アネゴ | 2013年3月 4日 (月) 22時10分

只今帰宅道中。
冷たい風で体の芯が冷え冷えなんで
温泉画像が瞳に暖かい…。
42度の温度、我が家の湯船と同じ位です。
ちょいアツ位でちょうどいい熱さですよね。
あと半身浴苦手な私は
深めな温泉好きです。
座った時に胸下位だと浅すぎてションボリしちゃいます。

投稿: ★スコーピオン★ | 2013年3月 2日 (土) 22時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/158280/56865307

この記事へのトラックバック一覧です: 行くぜ、東北。 こりゃ、たまらん らん♪ ③古遠部温泉へ :

« 行くぜ、東北。 こりゃ、たまらん らん♪ ②古遠部温泉の前に・・・ | トップページ | 行くぜ、東北。 こりゃ、たまらん らん♪ ④古遠部温泉の食事 »