« 5か月ぶりの甲状腺経過観察 | トップページ | 行くぜ、東北。 八甲田スキー場へ »

2013年3月14日 (木)

青森の立寄り湯~温湯温泉

青荷温泉を後に、宿のバスで車を泊めていた虹の湖まで送ってもらいました。

私たちが青森に行くまでは、雪はあまり降っていない日が続いていたようで、
(旅行中は雪が毎日たくさん降りますよーに!)と、空に願った。
だからって事はないと思いますが・・・
青森に着いてからは、ずーっと雪が降り続いていて、この日も朝から降っていた。
(今日も良い感じで雪が降ってくれてるわぁ~!とテンションあがる。)
Img_1278_5

雪が降り続いていたので車がどんな状態が気になっていたが・・・こんな感じ。
Img_1279

宿の運転手さんも雪落としを手伝ってくれ、彼は車を出そうとするも空回りばかり。Img_1280_4

運転手さんが「これくらいの雪なら出られるはずだけどなぁ、本当に四駆?!」と。。。
(この程度の雪で進めないことに、かなりオカシイと感じた運転手さん。)
運転席の辺りを確認し始めて、「あぁ、これ、切り替えてないよ。」と一言。

レンタカーは四駆を指定したので、てっきり四駆になっていると思っていたのですが、
“四駆に切り替えることを知らなかった”為、四駆になっていなかった。アホですね~。
切り替えると、滑って空回りしてた場所もすんなり動いた。

danger この運転手さんに気付いてもらったことを始めとして・・・・、
この後、八甲田道中に起こる危機にも運の良い助けが重なりました。

さて、想定していなかった車の雪落としで30分くらい時間をロスしたため、
当初の立ち寄り湯であった「温川山荘」を諦めて、近くの温湯温泉へ変更。

Img_1282_2

入り口で駐車場に止めようとしたら、自宅前で除雪していたお母さんが
「ここより、この先に止めた方が雪も除雪してあるから止めやすいわよ」と親切に声をかけてくれた。
お母さんに、この辺で良い温泉があるか尋ねてみると、近くの共同浴場を教えてくれ、
一緒にその場所まで歩いて案内してくれました。(優しい方が多いですね。)
共同浴場は周りの宿と比べると新しい感じです。

Dsc01044 Img_1285

この温湯(ぬるゆ)温泉は、けっこう歴史のある温泉なのょ。とお母さん。
なるほど・・・、
小さな温泉街のようですが400年以上の歴史を持っていて、藩政時代には宗藩の弘前藩主たちも入浴に訪れているという。 すごい歴史を持った温泉街だ。

共同浴場の名は、開湯伝説にちなんでclip「鶴の湯」と名づけられたらしい。

またこの温泉街は“客舎と呼ばれる内湯のない宿に泊まり、共同浴場に通う”という
昔ながらの湯治場スタイルを残しているということで、宿はこの共同浴場を囲むように立ち並んでいるということ。
※もちろん現在では内湯付きの宿は多くなっているそうです。

そんな歴史を残す温湯温泉は、一歩入ると、ここだけ雰囲気が変わる。
時代を感じる鄙びた趣ある街並みが素朴で素敵でした。

Img_1286

共同浴場を入ると、入って右側には畳と長椅子の休憩スペースがある。

Dsc01052_3 Dsc01054_3

風呂場内は左側が浴槽で、湯船と洗い場は仕切られ、右に洗い場がある。
浴槽は手前が42~43℃くらい?奥がもう少し熱め。
Dsc01048
温湯(ぬるゆ)と書いてあっても、ぬるい訳ではなく「良く温まる」という意味。
泉質はナトリウム-塩化物泉(食塩泉)なので、本当に良く温まります。
湯は滑らかに感じる気持ちのよい湯でした。

spa 温湯温泉 共同浴場(鶴の湯) 

住所: 黒石市大字温湯字鶴泉79
電話: 0172-54-8591
営業時間: 4時~22時 年中無休
料金: 200円 

clip 幕藩中期以降に書かれた「鶴泉記」によると、時代は定かではないが、
傷ついた鶴が芦原に降りやがて快癒して飛び去ったのを里人が見て温泉を見つけ
「鶴羽立」と名づけたとされている。また、「鶴泉」とも称したと伝えられている。

さて、この後に向かう八甲田スキー場への道を共同浴場の人に聞いたところ、
「今日はこれから吹雪くらしいし、あそこら辺は視界が悪くなると大変だから、
青森市内へ出て、そこから行った方が楽かもしれない」と言われたが、
スキー場の人には「○○○号線で来られますから、その道で!」と言われる。

|
|

« 5か月ぶりの甲状腺経過観察 | トップページ | 行くぜ、東北。 八甲田スキー場へ »

コメント

スコーピオンさん、こんばんは!
毎日仕事遅いようですね。ゆっくり休めてますか?

四駆切替、ここで運転手さんに気付いてもらってなかったら、
この後の道・・・大変なことになっていたところだったんです。。。
雪降ろしも、たまたまやってくれただけで、もう一方の方は自分達だけでやられていたんです。だから私たちは本当に運が良かったんだと、この後思いました。

マッサージ機ってやらないかなぁ。やっぱり人の手が良いですよね!

投稿: アネゴ | 2013年3月14日 (木) 22時35分

コメント来るの 遅くなっちゃいました(≧ロ≦)★
四駆切替、運転手さんグッジョブですね。
ぬる湯、ぬるいのかと思ってました。
温泉後のマッサージ機ってやりますか?
私はやる派ですが、機械より
人の手の方が気持ちいいですよね。

投稿: ★スコーピオン★ | 2013年3月14日 (木) 22時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/158280/56929961

この記事へのトラックバック一覧です: 青森の立寄り湯~温湯温泉:

« 5か月ぶりの甲状腺経過観察 | トップページ | 行くぜ、東北。 八甲田スキー場へ »