« コンタクトは、ほどほどに | トップページ | 行くぜ、東北。 こりゃ、たまらん らん♪ ①グランクラスに乗る »

2013年2月10日 (日)

今年初の雪見露天へ

1月中旬に、昨年2月の青森以来の温泉旅行へ行ってきました。
今回は長野県の白骨温泉です。

この日は地吹雪が吹くほどの天気! snow
雪の露天を楽しみにしている私には、わくわくnoteするほどの雪見露天日和。
ときどき、地吹雪で数メートル先が見えにくいほど!

スタッドレスでしたが、山奥を走る前の時点で左右にスリップしてびっくり。
以降、注意して30~40キロ走行しつつ山の中を走る。

Img_0692_2

この日は寒波で雪は細かいものでしたが、風は強かった。(看板、埋れてました)

Img_0690

途中、日本秘湯を守る会の温泉宿 「小梨の湯 笹屋」にて立ち寄り湯spa

強風によりあいにく露天風呂は入ることができませんでしたが、
雰囲気のある内湯に貸切状態でゆっくり入ることができました。

お湯は水色のにごり湯で、湯船の縁は温泉成分で真っ白な析出物が
芸術品のようにきれいに出来ていました。
なかなか良い内湯で、飲泉はあまり特徴はないものの飲みやすかったです。
再訪するなら、今度はここに泊まってみたいと思わせてくれた宿でした。

Img_0705

そして、宿泊先である「白船荘 新宅旅館」へ。

内湯は立ち寄りをした「小梨の湯 笹屋」の方が雰囲気も湯も良かったですが、
露天風呂は宿泊先であるこちらの方が良かったです。

内湯から行ける道をバスタオル巻いて、ちょっと登って行きます。
吹き荒ぶ中へ・・・sign03

Img_0770_3

誰もいない露天に浸かる spa

Img_0790

お湯はぬるめなので、長く浸かることができました。
飲泉はサラリとしていて、ちょっと独特な味。
残念だったのは、貸切湯を消毒されていること。
この頃は塩素臭のしない塩素剤があるので、怖いですね。

食事は値段の割にイマイチで、私には殆どないことなのですが、
朝夕ともに食事を半分ほど残してしまいました。

spa 小梨の湯笹屋と新宅旅館で源泉を飲みましたが、すごく便秘に効いてびっくり!
ここは効果がかなり強いと感じました。
飲泉をペットボトルに詰めている方もいました。

帰り道は、有名な「泡の湯」へ立ち寄りしましたが、こちらの露天はいちばん期待外れ。写真では大きな露天(混浴)に見えましたが、実際はそれほどでもなく、湯の底も汚い感じの触感だったので短時間で上がって内湯へ移動。

内湯は透明で、源泉かけ流しのぬる湯と加温した熱いお湯。
木製の湯底は少し緑がかっていて、透明の湯が映える素敵な雰囲気です。shine
湯はぬるめで、とてもやわらかい肌触りの湯で非常~に気持ち良かったですsign03
浸かっていると、泡が体中についてきて、露天とは違う源泉のようです。
雰囲気も湯の質も、断然、内湯が良いsign03
この内湯にゆっくり浸かるために、こちらに泊まってみたいと思ったほどでした。

今回は雪に恵まれて雪見露天を満喫できましたが、
今週末には青森の古遠部温泉とランプの宿ほか、4泊旅行に行きます。
最近、気温が高いので(関東)雪深い雰囲気を楽しめるのか?
お天気が気になるところですが、青森でも雪が降ってくれると嬉しいな~。snow

|
|

« コンタクトは、ほどほどに | トップページ | 行くぜ、東北。 こりゃ、たまらん らん♪ ①グランクラスに乗る »

コメント

みるくままさん、情報ありがとうございます!
詳しくはまた少しあとに書こうと思いますが、最初の2日間は携帯圏外で、コメントもらった日は八甲田山スキー場でスノーシューの予定でしたが、ご存知の通り、snowtyphoon吹雪でロープウェーで上がったら強い風の為中止に。。。
車に戻ると約3時間の駐車で膝下くらいまでの積雪sign03 降り積もる速さが都内では想像がつかないくらい早いんですね。(酸ヶ湯では1日で1mだそうです。)雪降る中での雪かきは大変でしたが、3回も雪かきが必要だという理由もわかりました。

その後悪天候になる中、八甲田ロープウェーから蔦温泉へ向かいましたが、みるくままさんの言われた通り、雪の怖さを感じました。
視界は1メートル先が見えないし、左右は雪の白い壁、道路も真っ白で道がどうなっているかがわからなくなるし、フロントには雪がバサッ!とかかるわ、暗くなってくるわで・・状況は最悪に。
こんな状況なので雪の回廊に突っ込んでいる車もありました。
カーナビしていたものの信頼できず、これはまずい・・と焦っていた時、灯りが付いた建物が見えたので駆け込んで助けを求めたところ、途中まで車で先導してくれることになり、そのおかげで何とか宿に辿り着いたという状況でした。
当時は吹雪いていて駆け込んだ建物の名前がよく見えなかったのですが、次の日にそこへお礼をしに行ったところ、駆け込んだその場所は「雪みち避難所」でした。(避難所があって本当に良かったです。)
翌日は普通に走れましたが、八甲田の荒れた日の雪道はとても厳しいものだと思いました。

restaurant食事は青森で食べたお寿司がすごく美味しかったです。
弘前では奇跡のりんご?で有名なフレンチで食べたのですが(美味しかった)次回はみるくままさんおススメのスープカレーやお蕎麦屋さんにも行ってみたいです。

投稿: アネゴ | 2013年2月19日 (火) 18時26分

アネゴさん、もう青森にいらしているでしょうか?
今日の青森は、ものすごい雪でした。
一日のうち三回も外での雪かきでしたよ。
こんな日に、雪道経験のない方が運転だと、怖いだろうな~と思いますよ。

八甲田でのスノーシュートレッキング、楽しいみたいですよね。私は経験ないのですが、やった方の話だと初心者でも楽しめるとか。

すずめ鮨も存じ上げませんが・・・
まあ、こちらのお寿司屋さんはそんなにはずれはないと思います。
金額的にもそれほど高くないのでは?

弘前にいらっしゃるのでしたら、おいしいスープカレーのお店(旧ルネス街にある)やお蕎麦屋さん(私的には禅りん街の會(かい)がお勧めです。)など、おいしいお食事ができるところがたくさんありますよ。

どうぞ楽しんでくださいね。

投稿: みるくまま | 2013年2月16日 (土) 22時15分

スコーピオンさん、こんばんは!

小さい頃は良く父親に、海は伊豆、温泉は箱根か群馬へrvcarというパターンだったので、家族と行かなくなってからは、全国の温泉地へ行くのが楽しみになっています。
山梨のワイン風呂は聞いたことある!
ワインのボトルから出てるのを雑誌で見たことあるなぁ~!

山梨で私が今一番行きたいところは白根館。ここも泉質が良いらしいんですょ~。
雪見露天snow寒いけど、温かい温泉の中から雪景色を眺めて入る温泉は格別ですょ~upぜひぜひ、体験してみてくださいspa

投稿: アネゴ | 2013年2月12日 (火) 22時42分

みるくままさん、こんばんは!
古遠部温泉は源泉で体を洗うんですか!それは知らなかった~。
鉄分の匂いやキシキシしそうな感じですね?

みんながやっているという「トド寝」も楽しみにしているんです♪
タオルはみるくままさんのアドバイスで、2枚準備完了!(笑)

雪はやっぱり少ないんですねぇ。。。
たくさん降ってくれると嬉しいんだけどなぁ~。snowsnowsnow
今年、暖かいんですかね?

前回は雪国snow青森で、レンタカーなんて無理と思ってバスで移動だったのですが、
みるくままさんの言われるように、八甲田の方は除雪がきれいにされていたので、大丈夫じゃない??と感じて、今回はrvcarレンタカーにしました。
道路状況、みるくままさんから教えてもらえてよかったです。(運転者に伝えて、気を付けて運転してもらいます!)でも、わだちやすり鉢状って・・怖いですね。(^_^;)
今回は八甲田山のスキースクールでスノーシュートレッキングも申込みましたので、それも楽しみです(^^)

ランチは新青森駅近くの鮨(すずめ)?へ行こうかと思っていて、弘前では、やはりフレンチかカフェですかね? thinkん~色々楽しみですnote

投稿: アネゴ | 2013年2月12日 (火) 22時34分

温泉は専ら伊豆箱根のワタクシ。
あとは山梨のワイン風呂とか…
千葉は勝浦に真っ黒い湯の
『つるんつるん温泉』があります。
勝浦よくいくけど、入ったことない(^_^;)★
雪見露天は未体験★
いつか雪見露天入ってみたいです。
しかし…ニオイがしないと消毒液入ってるかわからなくて危険ですなぁ…

投稿: ★スコーピオン★ | 2013年2月10日 (日) 23時11分

アネゴさん、またまた青森にいらっしゃるのですね。notes

古遠部温泉は、内湯しかありませんが泉量がとても豊富です。赤湯といわれる鉄分を含んだお湯なので、白いタオルは染まってしまいますよ。
洗い場に横になって「とど寝」を楽しんでもいいかも。枕替わりには洗い桶をひっくり返してね。
タオルが2本あると枕用と体用にいいかもです。
蛇口もないので、流れ出る源泉で体を洗うんですよ。お楽しみに。

昨年に比べて雪は少ないのですが、青森方面より弘前方面はかなりの積雪量です。そして弘前方面の除雪は青森よりも上手ではありませんので、もしレンタカーなどでいらっしゃるのでしたら、運転は十分に気を付けてくださいね。わだちやすり鉢状になっている道路も多いようですし、突然の地吹雪で前が全く見えなくなることもありますから。
青荷温泉も古遠部温泉も山の中です。防寒対策もお忘れなく。

楽しんできてくださいね。happy01

投稿: みるくまま | 2013年2月10日 (日) 22時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/158280/56717375

この記事へのトラックバック一覧です: 今年初の雪見露天へ:

« コンタクトは、ほどほどに | トップページ | 行くぜ、東北。 こりゃ、たまらん らん♪ ①グランクラスに乗る »