« 今年初の雪見露天へ | トップページ | 行くぜ、東北。 こりゃ、たまらん らん♪ ②古遠部温泉の前に・・・ »

2013年2月28日 (木)

行くぜ、東北。 こりゃ、たまらん らん♪ ①グランクラスに乗る

2012年の冬、酸ヶ湯周辺の雪の回廊に感動して、今年も青森へ行ってきました。

往路は寝台車で行きたかったのですが、相方の都合で「今回はグランクラスで・・・」
と言われて、寝台列車「あけぼの」を渋々断念。(廃止になりませんように!!)

で、ずっと乗ってみたかった「はやぶさグランクラス」に初乗車。

Dsc00512 

中はどうなっているかというと・・・
飛行機の中か?というような高級感と落ち着いた雰囲気shine
(上の手荷物ボックスも、飛行機のエコノミーより上質な感じです!)

これまでのグリーン車とは全く違う雰囲気と機能、サービスがあり、この車両だけ全く別の世界と存在感を持っています。
また、10号車のグランクラスは通り抜けはできないようになっており、
座席前方は車掌室、後方が準備室となっています。

Dsc00586_2   Img_0895

①アテンダントさん準備室と新聞コーナーの車両  ※下記写真ドアの先が化粧室。
このグランクラスのドアの先は、準備室と新聞コーナーがあるのみで、高級感のあるシックなデザインで、扉も目立たぬようになっています。

Img_0901 Dsc00584

さらに次のドアの先へ行くとグランクラスとグリーン車用の化粧室があります。
グランクラスと化粧室の間に準備室の車両があるため、人の出入りでうるさいという事が全くなく、完全に他の車両とは切り離されたように静かな空間を過ごせる造りになっています。

化粧室もこれまでのグリーン車の化粧室とは違い、ライトやカーテン等で高級感を演出したデザインになっていて、トイレも通常のグリーン車両のものとは違い、設備が充実していました。

Img_0904 Img_0905 Dsc00600

シートは2人掛けでも、頭を起こさない限り、隣の人の顔は見えないようになっています。
さらに、高級感溢れるグランクラスのシートにはいろんな機能が兼ね備えてあり・・・

Dsc00530_7 Dsc00628_5    

電動リクライニングで、背面、座面、フットレストの各部を調節できるようになっていて、
これはかなりすごいですsign03
しかも、アテンダントさんを呼べるボタンまであります。

さらに、これ、すごく良いわぁ~upと思ったのが、2つのテーブルです。
座席の間にカクテルテーブルがあり、広げることが出来ます。
もう一つはサイドから引き出すダイニングテーブルで、出し入れが非常にスムーズで楽。
これも2段階の調節で、しかも、手前~奥へ、スライド調節できるようになっています。

Dsc00574 Dsc00613 Dsc00615

これだけ充実していますが、強いて言えば・・・
枕の厚みがあるせいか?リクライニングがそれ程でもないように感じてしまい、
あと10㎝、倒せるといいのになぁと感じました。

その他の機能・設備としては、読書灯やコンセント、スリッパ、ブランケット、
アイマスク等があり、ブランケット以外は持ち帰り可能です。
ただし、これらの備品にはグランクラスのロゴは入っていません。
Dsc00544 Dsc00591

初乗車だったので、これだけでもはしゃいでしまった私。
そんな私たちが落ち着いた頃を見計らって、アテンダントさんがおしぼりを持って来てくれ、飲み物等、お伺いに来てくれました。(対応も良かったですょ~)

restaurant グランクラスで受けられるサービス
・ドリンク飲み放題(アルコール、ソフトドリンク等10種類以上)
・軽食サービス(和食、洋食から選べて、1乗車で1回の提供)
・お菓子(和菓子、せんべい) ※各1種類で各自それぞれ1個まで。

私たちが注文したのは、シードル、赤ワイン、珈琲。
シードルは初めて飲んだのですが、美味しくて(相方寝ている間に)お代わり1本。
他にも飲んでみたくなり(相方が寝ている隙に)さらにwine赤ワインを1本。
・・・調子乗り過ぎて飲み過ぎた結果、朝から酔っ払い状態に・・・up

Dsc00595_2 Dsc00617_2 Dsc00563 

相方は運転がある為、気の毒でしたが、珈琲だけ。
でもこの珈琲、注文受けてから入れており、豆も良いものを使用しているらしくて、
香りも味もこれまでの新幹線で飲むのとは違い、とても美味しかったですょ。
(もちろん、一緒にもらったお煎餅も美味しかった~!)売ってないのかな?

Dsc00551

そして、はやぶさには朝早く乗り込んだので早々に軽食も頂きました。
東京編と東北編の2種類があり、東北方面では東北編のお弁当になります。

Dsc00559

量はガッツリではなく、思ったよりかわいいサイズの軽めのお弁当でしたが、
3時間後に到着する青森でランチを取ることを考えると、量は丁度良かったです。
味は駅弁同様、あまり期待はしていなかったのですが、これが意外や意外。
どれも一品一品しっかりと作られているようで、味もよく、すべてが美味しかったですsign03

東京から新青森までは約3時間ほどですが、
興奮納まり、これからゆっくりシートの乗り心地を・・・noteという気分になっていたところで、
アテンダントさんが「グランクラスをお楽しみいただけましたか?」と挨拶に来ました。
・・・そうです、
いろいろ見て、写真に収め、お酒や軽食、お菓子を食べてはしゃいでいるうちに、
「まもなく、終点の新青森駅~」になっていたのでした sweat01

しかし、乗り心地はグリーン車とも違い、まったく別の乗り物のようでした。
飛行機のビジネスやファーストクラスには手が届きませんが、奮発したら手の届くグランクラスに乗って、列車から楽しい旅をスタートさせることができて大満足でしたsign03

そんなグランクラスですが、確か寝台列車「あけぼの」danger(シングルデラックスを2人で利用の場合)より少しだけ、moneybag 安いんですよね。
新青森への道のりには、ぜひまたグランクラスに乗車したいと感じました。
いゃ~、本当に快適で気持ちよくて、楽しかった。

名残惜しみつつ・・・グランクラスを降りると・・・
終点の新青森駅には、はやぶさが2台並んでいましたsign03
やっぱり興奮するなぁー dash こりゃ、たまらん らんnote 

Img_0920_2

pencil さて、下りて向かう宿泊先は・・・念願の「古遠部温泉」です。

|
|

« 今年初の雪見露天へ | トップページ | 行くぜ、東北。 こりゃ、たまらん らん♪ ②古遠部温泉の前に・・・ »

コメント

いのぶーさんへ
コメントありがとうございます!
グランクラス、おぉー!って実際声が出てしまいますね。
列車を楽しむ旅もワクワクしますよね!
終点の新青森まで行くならぜひ乗ってみてください!かなり快適ですょお。

投稿: アネゴ | 2013年3月12日 (火) 18時03分

「わお~!!」と、興奮して声が出ました。

ワクワクドキドキで、楽しみになっています。

私もこういう旅がしたい!!

投稿: いのぶー | 2013年3月11日 (月) 20時04分

スコーピオンさんへ
いちご煮は缶詰のものしか食べたことないですが、あっさりとした味ですね。
家庭で作ったようないちご煮食べてみたいかなぁ。

投稿: アネゴ | 2013年3月 4日 (月) 21時46分

リッチな旅ですなぁ。
p(´ω`q)羨ましい…。
青森といえば美人市議が『いちご煮』プッシュしてますよね。
あれ、食べてみたい。

投稿: ★スコーピオン★ | 2013年3月 2日 (土) 21時49分

クラビエさん、初めまして!
いつも読んで頂き、コメントもありがとうございます!!
このグランクラスは導入後すぐに乗ろうと思っていたのですが、東日本大震災で一時運休となって機会を無くし、今回ようやく乗る機会が持てました。
区間は東京―新青森間を走っていますが18席しかない為、繁忙期は確保が大変みたいなのですが、3時間以上の旅ならば、1度は乗ってみる価値や楽しさはあるのでお薦めですょnote

私の甲状腺がんはまだ共存中ですが、生きていることに感謝しつつ、したい事をできる限り実現させて人生を楽しみたい!という考えで生きてます。
濾胞の診断が判定できないのは心配だと思いますが、定期的に経過を診てもらっていれば安心ですね。
クラビエさんも好きな場所へぜひ楽しい旅行をしてみてくださいup

投稿: アネゴ | 2013年3月 1日 (金) 15時11分

アネゴさん初めまして!
素敵なブログでいつも読ませてもらっていました。初コメントさせて頂きます♪
私は濾胞腺種か濾胞癌?判別つかず経過観察の生活を送ってます。

こんな高級な列車があったなんて!そして旅ができるなんて!羨ましすぎる…
私も頑張って連休作って、旅したい気分になりました。
相方さんとの旅行、楽しんで来て下さいね(^O^)

投稿: クラビエ | 2013年2月28日 (木) 22時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/158280/56859246

この記事へのトラックバック一覧です: 行くぜ、東北。 こりゃ、たまらん らん♪ ①グランクラスに乗る:

« 今年初の雪見露天へ | トップページ | 行くぜ、東北。 こりゃ、たまらん らん♪ ②古遠部温泉の前に・・・ »