« 危険な食品 | トップページ | がん患者就労支援の会社情報 »

2013年1月16日 (水)

日本甲状腺学会のHP

左サイドバーに甲状腺専門病院や専門医が載っているHPをリンクさせました。
(下の方です)

これから甲状腺の専門病院や専門医をお探しの方は、参考にしてください。

・日本甲状腺学会(認定専門医施設名簿) ※都道府県別

・日本甲状腺学会(認定専門医) ※都道府県別

ちなみに、今の私の主治医は専門医リストに入ってなかったなぁ。。。down
(以前の主治医は専門医欄に名前があったけど。。。)

現在、2度目の手術以降・・・約5年経過していますが、
昨年くらいから、経過観察は4ヶ月に1度となりました。(やっと・・・sweat02
が、未だに4ヶ月に1度は診察です。
甲状腺ホルモン剤(チラーヂン)も、毎日永久に服用です。

最近はチラーヂン服用がめんどうだなぁ・・・って思うことがあります。
飲み忘れても数日は何ともないしなぁ・・・なんて。
思いながらも、きっちり飲んではいますが、心配なのは長期服用による副作用。

長期に飲んでいたら腎臓や肝臓に負担があるんじゃないのかなぁ?
主治医に言っても、副作用は滅多にないと言われるけど、どうなんでしょうね?
10年、20年、30年・・・死ぬまで飲まないとならないなんて、やっぱり大変ですね。

次回診察は2月上旬に行く予定です。
また診察後には近況などを書きたいと思います。

|
|

« 危険な食品 | トップページ | がん患者就労支援の会社情報 »

コメント

老婆心様、お久しぶりです。お元気そうですね!

経過報告、参考になります。ありがとうございます。
私はCT検査は手術の時以来していませんし、主治医にも一度も言われないんですが、大丈夫なのかなぁ?
経過観察は4か月に1度の採血だけで、あとは年に2回くらいのエコーのみです。肺のレントゲンだけは昨年初めころに他の病院で撮ったのを見せましたが、それだけ。病院によっても経過観察も違うんでしょうね。

首に違和感に慣れるまで10年ですか。そうかもしれませんね。10年も経てば傷口もかなりきれいになって目立たなるでしょうね。
私はシコリは採り切れていませんが、あまり考えない様にして過ごしてます。
老婆心さんも、ご自愛くださいね。またお声聞かせてもらえるとうれしいです。

投稿: アネゴ | 2013年5月 7日 (火) 19時40分

アネゴさま、覚えていらっしゃいますか、2010年に投稿させて頂いた老婆心というものです。あの、アネゴさまが、間違えて紹介されそうになった××××東病院で、左リンパ節廓清、甲状腺全摘(正確にはほぼ全摘)、の他、あの時は書かなかったんですけど、実は、二種類の喉の筋肉も薄く剥いだんです。
だから、手術跡30cmです(女性なら耐えられない長さですよ<笑>。でも、これが癌研のセカンドオピニオンの手術方針と全く同じだったので、個人的には納得してます。しかも、後から聞いた話ですけど、手術して頂いた先生は手術上手だったみたいで。看護婦さんからは、甲状腺にしては滅多にはない大きい手術ですね、って言われましたよ。)

で、チラージン、私は、50μ×3錠です。術後少しづつ、何ケ月かで増やすのが通常らしく、最終的にはこれで多分一生です。(他にも、副甲状腺機能未だに十分回復してなくて、CaとビタミンDも。これも飲まないと、チタニー症状になるんで。)
血液検査は二ヶ月一回で肝臓、腎臓他色々チェックして特に変動はないですから、チラージン特に問題ないですよ。主治医もそう仰っていました。非常に出来のいい薬ですって、量をちゃんとコントロールすれば。CTは未だ半年に一回やってもらってます。

首は、先生の指示通り、首動かしたり、揉んだり、リハビリ毎日してます。で、すこしずつ、痛いというか、苦しいというかなんとも表現しづらいのが、特に疲れると醜いくらいになりますが、一年単位で、良くはなってます。そんな調子なんで、痛みというか凝りを緩和するための薬も処方してもらってます。「余り気にならなくなるというか、慣れるまで、10年は、覚悟してねって」、主治医の先生。だから、仕事は辛いときは大変ですけど、普段は、夜遅くまではしません。

あと、主治医には、もし再発したらどんな治療になりますかって、聞いたら、「それは再発部所に依りますが、できるだけ、切ります。切るのが難しい部所は、放射線のような別の手段です。」と明解な返事でした。放射線みたいなのが先じゃないんだって、疑問に思って、知り合いのお医者さんにたまたま尋ねたら、サイバーナイフでも正常細胞を痛めつけ、手術の時、血の処理が面倒で、手術しにくくなるって言われて納得しました。

なんか思わず、拙文、長くなってしまい、申し訳ございませんでした。

アネゴさま、御自愛下さい。

投稿: 老婆心 | 2013年5月 4日 (土) 19時43分

みるくままさんへ
今は専門医の先生も甲状腺の手術ができる病院も増えているようですよね。
ここ最近良く言われるのが、婦人科やほかの科でも「昔は甲状腺と言えば伊藤病院だったけどね…、今はどこでも手術できるから」って言われます。
今かかっている先生や病院以外に知っておくと、何かあったとき安心ですよね。

全摘チームって、可愛い表現ですね!
そっか、でも長期服用の副作用って気になりませんか?と言っても、飲まないとならないから気になっても仕方ないですけど・・・。

2時間待ちもけっこうありますが、私はその倍くらいかなぁ?もう慣れてしまったけど、帰りはどこも見に行く元気がなくて直帰です。
新幹線、乗り過ごしたら大変ですから、気付いて良かったです(^^)

投稿: アネゴ | 2013年1月20日 (日) 14時11分

甲状腺学会のHP見せていただきました。
私の主治医は載ってましたよ。
以前私の住む地方には専門医がいないと聞いていたのですが、違う市にいたことを発見してびっくりしました。
今の主治医はかなりご高齢なので、その先生に何かあったら後どうしようかと心配していたのですが、ちょっぴり安心しました。

私も全摘チームなので、一生薬服用です。
でもものは考えよう。
薬さえ飲めば大丈夫であればと、楽観的に考えています。
今週診察に行ってきましたが、相変わらずの混み具合で受付して呼ばれるまで2時間待ちでした。
帰りの新幹線の中では、疲れていたのか爆睡でざわざわした音が聞こえて目を覚ましたらホームに到着していてあわてておりましたよcoldsweats01

投稿: みるくまま | 2013年1月19日 (土) 22時56分

アネゴさん、早速のお返事ありがとうございました。
来週の治療中もその後も、しばらく暇になると思うので、またちょくちょく覗かせて下さい(^.^)

投稿: Haminal | 2013年1月17日 (木) 14時45分

Haminalさんへ(^^)初めまして。
気持ちを伝えていただいて、ありがとうございます。
出産後はホルモンバランスが崩れるし、それに加えて手術されたのは大変でしたね。
アイソトープ治療で少しの間不安だと思いますが・・・ここは旦那さんを信じてみてください。イクメンしてもらえる良いチャンスかも?!

きっと、この経験は旦那さんにとってもすごく良い経験になると思いますょ。
お子さんと少しの間会えなくなるのは寂しいことではありますが・・・、あまり心配し過ぎないようにしてくださいね。
旦那さんも、きっと大丈夫。人間、しなきゃいけない状況になると、何とかなるものですょ。

投稿: アネゴ | 2013年1月16日 (水) 22時46分

初めまして、どこにコメントを書かせて頂ければ良いかかなり迷いました。アネゴさんにとってはかなり時期外れなお話しになってしまいます、申し訳ありません。
一昨年、妊娠7ヶ月の時に甲状腺乳頭癌と診断され、息子を産んですぐに甲状腺全摘出手術を受けました。あれから10ヶ月、来週アイソトープ治療があります。子育てに追われて、ドサクサに紛らわしてきましたが、もう逃げられません。まだ息子が幼いので、治療後もしばらく家には帰らず、2週間ほど離れて暮らす予定です。その間息子と主人と2人、大丈夫だろうか。。。いろいろ考え出すと不安で悲しくて、涙が出てきます。息子は母を探して泣くのだろうか、主人は1人での子守りに行き詰ったりしないだろうか。。。
そんな時、同じ手術と治療を経験されたアネゴさんのブログを読ませて頂いて少し気持ちが落ち着きました。話にまとまりがなくてすいません、でも、気持ちを伝えたくてコメントさせて頂きました。もしコメントが不適切な場所ならば、削除して下さい。読んで頂いてありがとうございます。

投稿: Haminal | 2013年1月16日 (水) 22時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/158280/56556364

この記事へのトラックバック一覧です: 日本甲状腺学会のHP:

« 危険な食品 | トップページ | がん患者就労支援の会社情報 »