« 2012★オリンピック 男子体操 | トップページ | 相変わらず・・・ »

2012年8月 6日 (月)

父の状況

先週、父親の病院へ付き添った。

退院時に、主治医は「もう治療はできない」と考えていたようだが、
血液検査の結果と状態が良かったため、治療を勧めてきた。

その治療とは、
腎臓がんの抗がん剤として、2008年1月に承認された「ネクサバール(一般名:ソラフェニブトシル酸塩)」。

腎臓がんを対象とした初めての抗がん剤で、細胞の増殖やがんに栄養を運ぶ血管新生に関わる複数のキナーゼを標的としているということ。
その後、切除不可能な肝臓がんにも使用されるようになったらしい。

副作用はもちろんある。(代表的なものは手足の皮膚が腫れたり、剥がれる等)

父はやっと食事も食べられるようになって家にいられるのが嬉しいので、
「もう少し体力が回復したら考えたい」(今の生活を楽しみたいのだと思う)
と言ったが、
主治医は、「ん~・・・・・体力は良くなることはなく、悪くなっていくだけですょ」と言い、
やるなら今しかないということだった。

正直、薬の効果を試したいのかも?
という感じがやり取りの中で感じていたが、父親もそう聞えたらしく、
「モルモットじゃない」と言っていた。

それに、この治療をしても、全く効果のない人も半分。
効いても延命が3ヶ月程度らしい。

副作用もかなり重篤なものがあるようだし、まだお試し段階なのではないだろうか??
薬価も、200mg錠1錠あたり5426.20円で、1日400mgを2回服用すると、1日当たりの薬価は2万1704.80円。
(現在は保険適用になったらしいのですが、こんなに高額だったようです。)

父は苦しい副作用のある治療をしても、2、3ヶ月しか命が延びないならやりたくない。
命が短くなってもいい。と言っていた。

私も、この延命程度と副作用の危険を考えると、自分ならやらないことを選択する。

最近は吐き気があり、食後に吐いてしまうことが増えた。
身体はガリガリで骨と皮という感じになったまま、体重が増えない。
食事は食べても(例えが悪いけど)、猫の餌程度の量という感じ。

来週からの温泉は、何とか行けるようだけど、
どこまで身体が闘ってくれるのだろうか・・・という状態のようです。

|
|

« 2012★オリンピック 男子体操 | トップページ | 相変わらず・・・ »

コメント

アネゴ様
ご返事頂き、感謝しております!
ありがとうございます!
あれから私も知り合いを通じて、内科医や治験で働く方のご意見を聞かせてもらいました。半々の意見でした。
アネゴ様が言われるように、甲状腺癌からの肺の転移は、2008年の術後に発覚してから大きくなっていません。
あと70代の体力があればお願いするのですが、今は人の支えが立って歩けない状態ですし、食欲の落ちつつあります。
今は、アネゴ様の言うようにお断りしようという気持ちに傾きつつあります。
リスクを背負ってまでどれだけ長生きできるのかという不安の方が大きくなっています。
もう少し、じっくりと考えて母親と結論を出していきます。
本当に本当にありがとうございます!

投稿: キン太 | 2014年10月16日 (木) 14時17分

キン太さん、初めまして。お返事遅くなりました。

ネクサバール治療についてですが、父は試していないので、この記事に書いたことしかわかりません。

ただ、82歳のお母様で、肺への転移にネクサバールですか??
私の当時の認識では「腎臓がん、肝臓がんに使用される薬」だと思っていましたが、肺にも使用化なのでしょうか?
また甲状腺がんからの転移による肺への転移なら、一般の肺がんよりも進行が遅いと、私は主治医から聞いていますが・・・どうなのでしょうか?

個々の状態、年齢、状態に応じて違うので、命に係わるアドバイスはできませんが、
亡き父に対しての治療で、亡くなった今だから思うことを少し書くとしたら、
抗がん剤などさせなければ良かったという後悔が残っています。
抗がん剤などしなければ、1回だけでやめておけば、もう少し生きてくれたんじゃないか?急激に悪化して車いすになることも、痛みも、もう少し状況は違ったんじゃないか?等々・・・思わずにいられません。。。

年齢や効果を考えたとき、副作用や毒性を乗り越えてでも試す価値があるのかどうか?先生に訊いてみてはどうでしょうか?

こんなことしか書けませんが、お母様が少しでも良い治療をしてもらえるよう祈っています。

投稿: アネゴ | 2014年10月13日 (月) 02時14分

ネクサバール治療について、ネットで調べてて、このサイト見つけたので、投稿させて頂きます。昨日、82歳の母親の定期検診で、ネクサバール錠の服用と入院について促されました。母親は2008年に甲状腺癌が見つかり全摘手術し、その後小さな転移腫瘍が肺に見つかっていました。一度だけ放射線治療も行いましたが、効果がなく、様子を見るだけの状態でした。昨日、新薬ネクサバールの事を知らされ、副作用があることや値段が高いことなどの説明を受けましたが、全くわかないので、返事は1ヶ月後にするようにしました。今ネットを見させて頂くだけでも副作用がキツい事を思うと、車椅子の状態の母親の体が持つのかなぁと心配しております。あとその値段の支払いも考えてしまいます。アドバイスをもらえないでしょうか?

投稿: キン太 | 2014年10月 9日 (木) 11時53分

みるくままさん、
お久しぶりです。ありがとうざいます!

sun賑やかな夏休みでしたね(^_^)

がん治療は手術も薬も本当に高額で大変なので、高額医療制度はありがたいですよね。
(この良い日本の制度がTPPに参加したら崩壊するんじゃないか?って、不安ですが・・sweat02

でもお姉さまはご家族みんなに支えられて、とても心強いでしょうね。
ご家族皆さん、本当に素敵な方たちですね。

まだまだ残暑が厳しいので、お姉さまも、みるくままさんも体調を崩されないよう、お過ごしくださいね。

投稿: アネゴ | 2012年8月27日 (月) 19時56分

アネゴさん、お久しぶりです。
夏休みの間、来客の続く日々で今日やっとパソコンを開くことができました。

お父様のお薬っていうか、ガンのお薬って本当に高いですよね。

姉は乳がんに効果がある「ハーセプチン」という点滴を毎週、肝臓がんには「タイケルブ」という抗がん剤を使っていますが、一度に払う金額が6万くらいでした。
普通サラリーマンの義兄の収入ではとても払い続けることができず、母と私が毎月仕送りをしたり、子供たちが稼いできた給料を使ったりしていました。
でも今は、「高額医療」の制度を利用していて、世帯の所得に応じて医療機関の窓口で払う額が一定の制度を活用しています。
一ヶ月に払う額の上限に達したら、その月の支払いはゼロになるようですよ
家計にとってはありがたい制度ですよね。

高額医療は、後で還付されるのですが、初めに払う金額が大きいと治療を続けるのも大変ですよね。

どうか、お父様の体調が落ち着いて、温泉にいらっしゃれますように。

投稿: みるくまま | 2012年8月25日 (土) 22時08分

けらさん、
ありがとうございます。

私も最近は相当ストレスというか、気力なくて鬱っぽいので、訪問看護師さんにも「自分自身も温泉でリラックスしてくることは良いことだから」と言われました。

とりあえず、来週はちょっとストレスから開放されそうで、良かった。。。温泉でゆっくりしてきます。

投稿: アネゴ | 2012年8月10日 (金) 17時12分

スコーピオンさん
ホント、薬高いですよね。
ガンになったら、仕事も続けさせてもらえないことも多いらしいし、でも治療には生活費を失うくらいの費用もかかってしまうこともあるらしいです。
だから保険は入っておくもんですね。
私は入ろうと検討していたところで告知されてしまい、入れなくなってしまったんです。

青い温泉って、由布院で一度入ったことありますょ~。(コバルトブルーのメタケイ酸の温泉です)肌つるつるになります。
来週、無事に温泉行けるといいんですけど。

投稿: アネゴ | 2012年8月10日 (金) 17時07分

knobsukeさん
ありがとうございます。
訪問看護の看護師さんにも「家がやっぱりいちばん良い」と言っていました。
好きなものを好きなだけ食べられるというのもあるみたいですね。

現在は肩の痛みがあるようですが、筋肉痛?らしくて、やさしいマッサージを受けたりしています。
私もちょっとは離れて自分の時間を持たないと、鬱になっちゃいますから・・・、手抜きもけっこうしているかな。

投稿: アネゴ | 2012年8月10日 (金) 17時02分

アネゴさん
治療の副作用のお話聞いてびっくりしました。お父さまとアネゴさんの気持ちが同じで良かったですね。
治療方法で悩んだり、矛盾した気持ちがあったり、沢山の不安が出てくると思いますが、お父さまはアネゴさんと弟さんが一緒にいてくれて必ず心強いと思います。お家で家族でゆっくり過ごせる時間は宝物ですね。
アネゴさんの身体も心配です。休める時間はゆっくり過ごしてください。
温泉旅行でゆっくりできますように。。

投稿: けら | 2012年8月 9日 (木) 21時26分

薬高い!!
健康で病院行かない時でも
毎月毎月安くない保険料払ってるのに
全然見合った金額じゃないですよね。
それから副作用。
皮膚が腫れる…はよく聞くけど
剥がれる!?
相当強いってのがわかりますね。
温泉で気分が晴れてくれたらいいですね。
ラジウム温泉とか良さそうですね。
(数年前に入ったけど青い温泉でした)

投稿: ★スコーピオン★ | 2012年8月 8日 (水) 13時06分

アネゴさん

お父様のその後の体調は如何でしょうか?
病気もですが、その治療も時には残酷なものですね(涙)
この、暑さの中の通院だけでも大変ですね。

アネゴさんのブログからお父様の趣味について、触れている内容をいつも微笑ましく感じながら、読ませて頂いています。

そんなお父様にとって今、ご自宅で療養しご家族と一緒に日常的な生活を送れる事が、お父様の心身にとって安心できる「薬」になっているのでは…と感じてしまいます。

家庭のにおいや雰囲気の中で、使い慣れたものに囲まれてアネゴさんや息子さんと一緒に居られる時間が、お父様のQOLの維持に繋がっついるのでは…と、想像してしまいます。

現在は痛み等はお薬で抑えられていらっしゃるのでしょうか?
アネゴさんの体調も心配です…
気持ち的には、飛んでいって何でも手伝いたい気持ちでいっぱいですが…今は、来週の温泉旅行を無事に楽しめますよう心から祈っておりますsad

投稿: knobsuke | 2012年8月 8日 (水) 03時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2012★オリンピック 男子体操 | トップページ | 相変わらず・・・ »