« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月の1件の記事

2012年7月14日 (土)

一旦、退院してきました

背中の片側だけが痛くて、呼吸が苦しいと訴えていた父が緊急入院して、約1ヶ月。

病院に入院して、すっかり手足の筋肉が落ちてしまいやせ細った父。
肺の水は、一時期減ってきたものの、左肺は真っ白。
肝臓がんも増えているようで、骨への転移、そして大腸の初期がんという状態にも関わらず、採血での肝臓の数値は問題なく、貧血もないということ。

それにしても肝臓って、すごい。
ガンにあちこち巣食われながらも、必死に闘いながら、肝臓は機能しようと懸命に働いているなんて、本当に細胞の生命力の強さを感じます。

治療としては、骨に10回の放射線を照射。
痛み止めは、普通の薬から麻薬系の痛み止めに代えてから痛みは感じなくなったらしい。  痛みがないと、睡眠が取れ、食欲も出できて、旅行へ行きたいとか、希望も持てるようになってくるんですね。

痛みを取ることは、非常に重要な治療だと感じました。

10回の照射後のシンチ検査では、他の場所の骨への転移は見られないようだったが、肝臓も骨転移もかなり厳しい状態で、先生が初めて「10月だろうとみています」と言われた。

shadow(余命?ってこと?? どうしても実感がわかない。でも、だとしたら、そんなに早いなんて・・・と、頭で、混乱なのか?否定なのか?・・・そんな状態だった。)

父くらいの状態だと、この辺りでダメになる患者さんが多いらしいが、
「今、状態が安定しているので、家に24時間、誰か居られる状況なら、返してあげられるのは今しかないと思いますが、どうしますか?」 と先生に言われる。

これも幸い、私は失業中で一日中自宅にいるので、退院させて自宅で過ごすことになった。

退院にあたり、「急変したり、具合が悪くなったらいつでも救急車でここに来るように。
急変したら出来る限り治療はするが、延命措置はしません。」と伝えられる。

そのほか、先生に「介護申請はしましたか?」と言われたが、
どんな時に、いつ、申請&利用するのか全く知らず、退院が決まってから申請するものとばかり思っていたら、先生に「遅すぎます」と言われた。
通常、1ヶ月以上はかかるらしい。

幸い、親戚が利用しているケアマネさんを紹介してもらったため、
今回は手続きから認定申請までをわずか数日でやっていただいた。

介護申請とは、「受ける、受けないに関わらず、まずは申請しておくべきもの」だったようでした。(一から市役所へ申請しにいくより、知っているケアマネさんがいるならば、その方に相談した方が申請から認定までスムーズに行くようでした。)

経験者や知っている人に聞いてみたり、相談するのは必要ですね。

そして今・・・、自宅に戻ってきて数週間。
毎日3度の食事は私が支度するが、それ以外は自分でできるので助かっている。

ただ、どうも薬を飲むとモヤモヤと気持ち悪さがあるため、食事・トイレ・シャワー以外は、ずっと寝ている状態だったが、訪問看護師さんに「吐き気止めをもらってみてはどうか?」と言われ、先日の放射線科診察で処方してもらったところ、
吐き気がなくなり、より元気になってきたような様子。

食事の量は、どれもお通し程度の量を3品くらいしか食べられないようだが、
食べたいものを食べて、テレビを見て、シャワーもトイレも自分で出来ている。
昨日は車イスで外食もできた。

今のところ、体調は安定しているため、このまま安定していれば、
来月は山梨県のラジウム泉の増富温泉spa不老閣へ家族と親戚で湯治に行く予定です。

loveletter 心配してコメントを下さった皆さま、ありがとうござます。m(__)m 

| | コメント (6)
|

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »