« COSTCOで水ぶくれ | トップページ | 青森のお土産① »

2012年3月 3日 (土)

父親が2度目の治療を終えて退院

2度目の肝臓がんへの抗がん剤治療を終えて、父親が今日退院。

今回は副作用も38度の熱が1回程度あっただけで、
それ以外は元気に食欲もあった様子。

主治医の説明と栄養士(糖尿病もあるので)の話を訊いてきた。

肝臓がんは前回の抗がん剤治療のときから、また新たに転移が見られたようで、
その部分にも抗がん剤を入れたということだった。

・・・肝臓内であちこにに飛んでいるみたいだった。

6cmになるまで発見されなかったのはどうしてなのか?と訊いたら、
「家庭医の先生をかばう訳ではないですが・・・」と前置きして、
父の場合は、画像でも確認しづらい姿のがんだった為、発見が遅れたのかもしれないということでした。


今後も3ヶ月ごとに入院して、抗がん剤投与をしていくという治療法。
それしか無いようです。(3cm以内なら、治療法の幅は多いようです)

同時に、気になる「大腸がん」については、
今回も大腸内視鏡をして、いろいろな治療方法を検討した結果、
肝臓がんの状況も考えて、どちらを優先するかを考えた場合、
今、大腸に手をつけるのは難しい感じのようで・・・
大腸の方は見送り、様子を見ましょうという事だった。

説明は父親も同席ですが、説明を訊く限りでは・・・、
大腸は早期がんとは言え、肝臓がんもあるため、
大腸を手術したら体調の急激な悪化(QOLの低下)などの可能性があるのかな??と、受けて取れました。

弟は「抗がん剤を投与していくうちに良い細胞は少なくなり、がんも増えているし、
身体がいずれは弱っていくんじゃないか・・・。
だから、大腸を手術しても負担になるだけだという事じゃないかと受取った様子。

いずれにしても、今ある時間を大切にしていこうと思った。
また、父の大好きなspa温泉旅行や趣味の社交ダンスなども、
元気なうちにたくさんしてもらいたい。

|
|

« COSTCOで水ぶくれ | トップページ | 青森のお土産① »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« COSTCOで水ぶくれ | トップページ | 青森のお土産① »