« CT診断 中国下請けで診断の質が危ぶまれる | トップページ | その「がん宣告」を疑え »

2011年10月27日 (木)

その時、その機会を大切に・・・

以前の会社で同僚だったオジサンは、元気でおしゃべりの楽しい、関西人でした。

ゴルフが好きで、煙草やお酒は、仕事「MR」がら?かなり飲んでいたようでした。


設立から2年も経たないうちに、会社が潰れそうな危機を感じたため、私は、オジサンより先に退職しました。

それから一年後にやはり倒産。
オジサンは別の会社へ転職し、全国を営業で飛びまわっていたようでした。


そんなある日、昨年10月にオジサンからメールがきた。


「日頃の生活が原因なのか、胆のう癌になり、4月に東京女子医大で13時間のオペをした」と書いてありました。

手術で、肝臓も60%も切除したらしいが、肝臓に転移が見つかり、今は、抗がん剤の点滴を週1回投与してる毎日だと、書いてあった。

それでも、毎日仕事はしていたようで、
年明けには再婚もするという、ちょっとホッとする内容もありました。


私は「落ち着いたら食事でもしましょう」と、メールを返信。


それから半年後、
ふと、オジサン、どうしてるかな?と思ってメールをしたら、エラーで戻ってきてしまった。

?えっ?!
・・・結婚するって言ってたからアドレス変えたのかな。

でも、まさか....

と、不安になり、電話をかけた。


数コール後、

「お客様のお掛けになった電話番号は、現在、使われておりません」という録音が流れてきた。


とにかく、確認しなければ!と、
ご無沙汰していた同僚にメールで連絡したら、

「○○さんは、2度目の手術後から急激に体調が悪化したようで、今年の6月にお亡くなりになりました」と、書かれていた。


密葬だったため、彼女も後から知ったとのこと。


明るくて、楽しくて、優しい人だった。

落ち着いたら皆で、またワイワイ話がしたいと思っていたのに...。


・・・最後に話がしたかった。


○○しておけば良かった...

そんな後悔をしました。


後悔しないように、人との時間を大切に、
予定は、いつか、ではなく、
その時、その機会を大切にしなきゃいけない。そぅ、感じました。

|
|

« CT診断 中国下請けで診断の質が危ぶまれる | トップページ | その「がん宣告」を疑え »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。