« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月の4件の記事

2011年6月25日 (土)

サマータイム導入は健康に悪影響!

日本睡眠学会提言へ 「節電効果にも疑問」  ※読売新聞より引用

サマータイム制度について、「健康への悪影響が大きく、節電効果が乏しい」と反対する
提言を、不眠症治療の専門医らでつくる日本睡眠学会が近くまとめるとのこと。

電力不足で制度導入の動きが出ているが、
健康への悪影響や省エネ効果の乏しさを指摘する論文が国内外で増えており、
「弊害の大きさがより鮮明になっている」としている。

欧米などの70ヶ国以上が実施しているが、
同学会によると、欧米での調査では、サマータイムによって睡眠時間の短縮、
睡眠の質の悪化がみられ、朝起きるのが苦手な夜型人間は4週間たっても生体リズムが同調しなかった。

本間研一・北海道大教授(環境生理学)は、
「日本人は夜型が多く、睡眠時間も欧米諸国より40~100分短い。
多少の睡眠不足に耐えられる欧米人と異なり、日本では睡眠障害への「最後の一押し」になり得る」と危惧する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日本ではサマータイムを導入しても、退社時間だけはサマータイムを無視する企業がある。


サマータイムを導入しても、早く退社させない、させられない会社は、
即刻サマータイムは止めるべきでしょう。


睡眠が狂うと、私のように何十年も苦しむことになります。
元に戻すことは、容易ではありません。

また睡眠の質が悪くなることは、それだけの問題では済まないところが怖いです。

・疲労が取れなくなる

・仕事に支障がでる(やる気、集中力、気力などが持てなくなる)

・不眠は「うつ病」を誘発する

・・・・そして、不眠が長期に渡ると、体のあちこちに不調が出てきて病気を起こします。

単なる「寝不足」とは違うのです。

不眠が長引くと、後々まで長く苦しみ、生活や健康を壊すと考えても、

決して大げさなことではありません。(ちなみに、私の会社は導入してません)

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2011年6月18日 (土)

久々に聴いた曲♪

14歳の頃から洋楽ばかり聴いてきた。

Air Supply
Daryl Hall & John Oates
Billy Joel
Journey
Michael Jackson
Phil Collins

などなど・・・他にもたくさん好きなアーティストがいたnote

時代とともに洋楽が遠のくなか、音楽からも遠のき・・・
今では手元にあるのはレコード盤ばかりで、聴くこともなくなっていた。

少しずつCDを買いなおしているが、最近購入したのは写真のCD。

なかなか音楽を聴こうという気持ちになれない日々ですが、

たまに聴くと何時間も音楽に浸っている。


夢中になっていたあの頃の曲は、どれも懐かしくて、

今聞いてもそれぞれ個性や特徴があって、すごく新鮮!

そして、やっぱり、この時代の曲やアーティストは良かったなぁ~と、

音楽を聴きながら、しみじみ、感動してしまうmusic

音楽は、その時代の街や雰囲気までも反映しているものですね。

それにしても、CD写真のBilly Joel ・・・ 今も素敵でカッコいい。

残念なことに、もう活動はしていないのですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2011年6月12日 (日)

またヘルペス発症

毎回同じ位置(お尻)にできるヘルペスが、また発症。

病院で診察後、

「ヘルペス・・・あなたの知らない迷惑な同居人」

という、冊子を病院でもらった。

そこには、
「風邪をひいた時、口のまわりに水泡ができたことはありませんか?
これがヘルペス。単純ヘルペスウィルスの仕業です。」 とある。

このウィルスは、成人するまでに、ほとんどの人が感染するそうだ。
感染しても、症状が出るときと出ないときがあり、

「一度感染すると、ウィルスは神経細胞の中に一生潜み、あなたの知らない同居人となる」

どんな時に出てくるか?というと・・・「体の抵抗力が落ちたとき」。

確かに3週間前からずっと残業で疲れ果てていて、睡眠もいつもより取れてなかった。
・・・と思ったら金曜日に発症した。

冊子には、単純ヘルペスウィルスには、Ⅰ型とⅡ型という2種類のウィルスがいるという説明があり、
以下のように書かれていました。

Ⅰ型ウィルスは・・・口唇がお好き?
主な発症は上半身。唇や口の回り、目の回り、角膜、口の中、鼻、脳、指など。

Ⅱ型ウィルスは・・・困ったところがお好き?
主な発症部位は下半身。性器に発症することが多いのが特徴。

私は幸い・・・お尻のみ。

とはいっても、恥ずかしくてなかなか診察へ行けずに、ずっと前に処方された2009年の期限切れのアンダームという軟膏を塗っていました。
・・・が、それももぅ無くなってきたので診察へ行くと、

「アンダームは古い薬で、今は使用されてないょ」と言われ、新たに処方されたのは「ソビラックス」。

飲み薬の方が効き目はあるらしいが、どちらか一方しか処方できないと言われ、
毎回お尻を見せるの嫌なので、軟膏を選択。

ヘルペスと口内炎ができるのは、免疫力が低下しているということなので、
こういう時はゆっくり寝るのが一番ですね。

やっぱり病に強い身体づくりは、リラックス、睡眠、運動、食事バランス。
わかってはいるんですけど・・・・、
通勤時間を入れて、仕事で7時~22時まで丸1日を取られてしまっては難しい。

仕事はないと生きていけないけれど、
こんな平日で人生過ぎていくのも何か虚しいなぁdownと感じるこの頃・・・。

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

2011年6月 5日 (日)

身体がだるい・・・

昨年末から、ちょっと元気がない。

いつも温泉へ行くと、何度も何度も温泉に入りに行き、
殆ど部屋にいないくらい、温泉に浸かっているspa

が・・・、

年末年始の温泉旅行でも、夜は22時には眠くなり・・・
朝は疲れて起きられず、「食事前に温泉へ・・・dash」 とは行かなくなった。。。

震災翌日は、福島県の温泉宿へ行く予定だったが、もちろんキャンセル。

その後、大好きな温泉旅行は行ってない。

最近はそれだけでなく、
土日はほとんど外出せず、寝てばかりいる。。。

昨日は乳がん検診&美容室へ行く予定だったのに、起きられず・・・キャンセル。

11時頃、eye目が覚めて・・・
お腹も空かず、ボーっとしていたら、横になりたいだるさで再度ベッドへsleepy
次に目が覚めたときは午後5時くらいになっていた。

眠いというより、横になりたいというだるさだった。
何なんでしょう?
この体調・・・。

日頃、熟睡できないのも慢性疲労の原因かもしれませんが、
ほんと、疲労感が取れなくて、いつも身体がつらい。

他に病気が隠れていないと良いけど・・・。

danger 昨日の夕方、空に地震雲らしき雲と、それが真っ赤に染まった光景が
出ていたらしい。

この前も不気味に真っ赤に染まった夕焼けの数日後、大きめの地震が起こったので、
今回も数日は注意が必要かもしれないと個人的には思っている。

いろんなことで地震予知をしている人のページを見ると・・・

麗しの富山さんのページ

6月は地震に注意が必要な月らしいです(+o+)

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »