« 震災の影響でチラーヂンは短期処方 | トップページ | 震災の影響を受けた薬の情報 »

2011年4月 2日 (土)

がんばってほしい、福島。

spa 3月12日、大震災の翌日に福島県の「相模屋旅館」へ行く予定でした。

このお宿は近代的な外観とは違い、内風呂は鄙びた湯治風のお風呂で、露天風呂は野趣あふれるにごり湯が評判のお宿sign01
料理も山の幸やフルーツ盛りだくさんのおいしい食事だという評判に、今回とても楽しみにしていた旅行でしたが、震災でキャンセルをしました。

telephone 震災翌朝(このときはまだ原子炉の事故はなかったので)、旅館から電話がかかってきました。

宿の方の話では「宿は少し壊れただけで大丈夫ですが・・・」とのことで、宿泊確認の電話でしたが、この大震災の最中です。
しかも前日は帰宅難民で夜中の3時過ぎの帰宅で、朝まで眠れなかった状態のため、
申し訳なかったのですが「こんな状況なので・・・」と、キャンセルをしました。
実際、その後すぐに新幹線が運休になったのでキャンセルせざるを得ない状況でした。

そして翌日、原子炉事故発生でした。

今回キャンセルした宿は、福島市土湯温泉町にある新野地温泉です。
原発からはかなり離れている場所にあると思うのですが。。。
心配になった相方が何度か電話をしたそうですが、繋がらないようで今も気がかりです。


同じ温泉旅館の中でも、大地震による建物の崩壊、破損と原発の放射能の風評被害などで廃業を余儀なくされた旅館がありました。
「かなりの被害を受けたけれど、それでも震災ならまだ何とかやり直せる。と思っていたところに原子炉事故が起きてしまった」という。
明治時代から続いた老舗旅館「庭園の宿 松渓苑」さんには宿泊したことはありませんが、廃業せざるを得ないというニュースを見て、本当に残念でなりませんでした。

震災は時間がかかっても、復興し、立ち直れると思うけれど・・・、
温泉宿の件を見て、やはり原発だけは違うと思った。

今日たまたまJRびゅうの窓口に立寄ってみたら、東北地方の旅行パンフレットが1つもありませんでした。新青森まで走る「はやぶさ」の運行もあり、震災前までは青森などの東北パンフレットはたくさんあって本当に賑わっていたのに・・・。
今はすべてなくなっているのを見て寂しい気持ちがしました。

一日も早く、原子炉が収束してほしいと願うけれど・・・
きっと私の生きている代では収束(廃炉)はないでしょう。。。
それでも落ち着いたら福島の温泉に行きたいと思っています。

|
|

« 震災の影響でチラーヂンは短期処方 | トップページ | 震災の影響を受けた薬の情報 »

コメント

kuwasanさん、こんにちは(^.^)
薬が命に関わると聞いたり、書かれたりして一時は本当に恐怖を感じました。
被災地の方の医薬品不足の恐怖がわかるような経験でしたね。

甲状腺の専門医がテレビに呼ばれない…
なるほど。。
私はそこには「?」が浮かびませんでしたが、確かに、呼ばれてもいいのに、アイソトープ協会?みたいな人は出てるけど、専門医は出てませんね。
なぜ?やっぱり話されると「不都合な真実」があるってことですね。


相模屋旅館さん、行かれたことあるんですね!すごく楽しみにしていたんです。。。宿の人たち、どうしているのかな。
早く行ってあげたいです。

テレビで岩手の人が、被災地の物を買ってもらうことが支援、復興になると聞いて、東北は大好きなので、そういうことをしていこうと思っています。

投稿: アネゴ | 2011年4月 8日 (金) 00時53分

お久しぶりです。私も先月末、定期診察に行ってきました。この頃は6か月分のチラージンを処方されるのですが今回は2か月分だけしか出せないと言われ、また2か月後に表参道まで行かざるを得ないことになりました。被災地で闘病されている方の大変さや不安が少しわかってきた気がします。原発・放射能が子供に及ぼす悪影響について先生は、TVで流される「直ぐに 当面」影響ないという「権威」の話に否定的でした。甲状腺専門医が原発問題でテレビに呼ばれないのがよくわかりました(私は5か月になる孫がいます。診察で聞いた話を息子夫婦に説明しました)。
 さて福島の相模屋旅館「新野地温泉」ですね。行ったことがあります。本当に田舎のもてなし、さあどうだ、とばかり食べるものが出ましたよ。それと外に歩いていく露天風呂がいい。思い出したらまた行きたくなりました。近く?の不動の湯もいいですよ。それにつけても原発。自主避難という言葉で放り出されている方々を応援する方法はないものでしょうか。

投稿: kuwasan | 2011年4月 7日 (木) 22時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 震災の影響でチラーヂンは短期処方 | トップページ | 震災の影響を受けた薬の情報 »