« 2010年5月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月の3件の記事

2010年8月24日 (火)

夏季休暇で新潟へ

夏季休暇を2日間取って、日曜日の1泊で新潟県の大湯温泉へ行ってきました。

新潟県もかなり暑かったsun

行ったのは「駒の湯山荘」源泉掛流しの山の温泉宿spa

この宿は春から秋までの営業で、
その間、電気はわずかな発電機とランプでまかなっている。

宿近くからはmobilephone圏外となり、宿にはtvテレビも、冷房も扇風機もなし!

なのでドライヤーも使えないし、充電も行なえないsweat01

迎えの車の中で、
「昼間は部屋にいるより、温泉に入っていた方が涼しいですょ」と言われたが、
チェックインして部屋に通されると、本当に暑くて汗が流れ落ちてくる始末・・・wobbly
とても我慢できない暑さに、さっそく33℃の温泉へdash

052_2

写真は混浴だが、
ちゃんと膝下までの巻きタオルが用意されているので、安心して入れます。
(4人並べばいっぱいという大きさだが、一番のお気に入り)

静かに浸かっていると、泡が身体に付いてくる泉質で、
お湯はドバドバともったいないくらい流れでていく湯量ですup

そしてこの宿の食事は、
決して豪勢ではないし、山の幸中心の質素な?感じなのだけれど、
食材にはこだわっているし、美味しいのでご飯3杯は食べちゃいますriceball

夜は、この暑さだからさぞかし寝苦しいかと思いきや、
夕方からは涼しくなり、ちょっと寒いくらいでしたsleepy

この宿に来る途中、
山を見ると「紅葉?」かと思うような山の光景がありましたが、
ぶなの木が虫食いで枯れてしまっているということでした。


昔は枯れた木があると、早い者勝ちで木を切り倒して売ることもできたようですが、
今は売れないそうで、
その枯れたぶなの木をそのままにしていると、虫の被害がどんどん広がり、
ぶな枯れが広がっていくそうです。

でも、その枯れた木を切り倒して処分するにもお金も掛かるし、労力もいるという事で、
お話しを訊いていて、深刻な問題だと感じました。
これも、異常な暑さに関係があるのでしょうか?

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2010年8月14日 (土)

草むしり

プランターにシソbudを植えている。

毎日大きくなるのを楽しみにしていたが、ある日、ナメクジが葉っぱの裏にいるのを発見!

葉っぱを食べている?ようなので、毎日確認しながら駆除していたsweat02
が、今度は小さな葉っぱの芽の中や葉っぱの裏に毛虫を発見sign03

蝶は育ててあげたいけど、シソは守りたい。

家にあった木酢液なるものを吹きかけたが、効果なし?のよう。

仕方なく、毎日出勤前に、目視による一つ一つ取り除く作業をした。

毎日取っているのに沸いてくる毛虫sign04

毎朝格闘は続き・・・

しばらくすると今度は、バッタとカマキリを発見sign03

バッタやカマキリなんて久しぶりに見たなぁ~。
カマキリはきっと虫を食べてくれるから大丈夫だろう。
バッタは・・・?たぶん何も害はないだろう?と、放置していた。

が、ある日葉っぱをよーく見ると・・・coldsweats02
あれsign02 かなり大きい範囲で葉っぱが食べられたような痕跡。。。

もしや、バッタかsign02

ネットで調べたら、バッタは葉っぱを食べるらしいsweat01

バッタめsign04annoy 
翌日から、毛虫に加えてバッタの駆除開始。

が・・・

バッタを追いかけていたら、家の周りの雑草にピョンピョン跳ねるたくさんのバッタがいて、
これは雑草を刈り取るしかないsign03と思って、草むしりへと発展。

45ℓ×7袋分の雑草を刈りとったsweat01
(その後に1階~4階へと続く、家中のフローリングの拭き掃除もしたため、
今日は全身すんごい筋肉痛(特にお尻と手のひらが痛いbearing)で、
起き上がるのも大変な状態になり、貴重な休みが痛みで終わる)

家の周りの雑草は刈り取ったものの、今後も朝の虫取りは続く・・・wobbly
budシソを大きく育てる何か良い方法はないものか? 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年8月 8日 (日)

新しい先生に受診した

先月のことになってしまったけれど、先生を代えてみた。
今までは土曜日に行っていたが、今回は水曜日の先生。
2度目の手術前説明のときに説明をしてくれた先生にしてみた。

この先生は、割と丁寧にハッキリと話す先生です。
訊いてみたこと・・・・

Q. しこりはどこにどのくらいの大きさで、いくつあるか?
そして、それはどんな状態なのか?


A. しこりはあるようだけれど、それが本当に悪いものかは針で組織を採ってみたりしないと、ハッキリとしたことは言えないし、エコーを診る限りでは大丈夫なんじゃなかいかな。(どこにいくつあるのかは、言ってくれませんでした)

Q. しこりが頻繁にできたり、再発するのはあまり予後が良くないんじゃないか?

A. そんなことはないので、心配する必要はないですよ。
ガンというのは共存できるものだし、特に甲状腺ガンは他のガンと違って、進行も遅いし、命に関わるようなものではないことの方が多い。
ただ、他のガンのように5年過ぎれば大丈夫というものではなく、進行が遅いために、10年20年と、経過は診ていかないとならないけど、その間、大きくなったり、急激な変化がなければ大丈夫。(と、ガンについての不安に対して色々話してくれた)

Q. 今後も3ヶ月ごとに定期的に診察をしていくのか?アイソトープなど、何か治療はする必要はないんでしょうか?

A. 今の状態なら、そんなに心配しなくても大丈夫だから特に治療は必要はないけれど、もし、希望するのであれば検査はしてみても良いかもしれない。
ただ、アイソトープなどはお金(8万くらい)も掛かるし、余計な放射線も浴びるし、今の状態でそこまでしてやる必要はないと思う。

Q. 2度目の手術後から腕の痺れがあるんだけれど、これはもう治らないのか?

A. 通常は手術の後遺症などは2年くらいすると解消されると言われているんだけれど、2年くらい経っていて痺れが残っているのは、もしかしたら、もう治らないかもしれないですね・・・。

Q. 今、ずっとこの病院で診てきてもらっているが、甲状腺は病院や医師によって治療方法が違うと訊いているので、今の状態を他の病院、医師に、治療方法や経過観察方法とかを訊いてみたいと考えているんですが。

A. それはいつでも言ってもらえれば紹介状を書きますから大丈夫ですよ。
ただ、あちこち何箇所も行くと、先生の方も真剣に診てくれなくなってしまうから、そこだけは気をつけてもらえば良いと思いますよ。
あと、僕が紹介するのでは意味がないから、ご自分で行きたい病院を言ってくれれば紹介状を書きますからね。

Q. 温泉が好きで良く行くんですが、禁止事項によく「悪性腫瘍」ってあるんですけど、大丈夫ですか?

A. 僕は、そういうのをあまり信じてないので、大丈夫だと思いますよ。

Q. スポーツ選手が良くする酸素カプセルをしようと思っているんですが、大丈夫か?(これは、その施設に「持病がある人は医師に相談」とあったので、訊いてみたんですが、大丈夫とのことでした。

伊藤病院で、3人目の主治医変更。
前回までの先生も良かったのだけれど、変化もなく3分診察に、ただ何となく・・・。。
仕方ないことだろうし、あまり代えるのも良くないだろうけど・・・。

3ヶ月に1度という診察していると、こちらも言うことはあまり無いし(これは良いことか。)
先生もないとは思うけど(これも良いことですね。(^_^;))
経過観察をする状態が長引くと、他の医師、病院では、経過観察や検査など、何か違ったりするんじゃないんだろうか??という気持ちが湧いてくるのです。。。

まだ、セカンドオピニオンをする病院は決めてはいないけれど、
次回は、また10月に定期診察です。

| | コメント (12) | トラックバック (0)
|

« 2010年5月 | トップページ | 2010年9月 »