« がん難民 | トップページ | 新しい先生に受診した »

2010年5月15日 (土)

1年ぶりの超音波

2010年4月 1年ぶりの超音波をした。

超音波では、やはり小さなしこりは多数あるようだった。
ただその数や場所などを先生に訊いても、
何故か、詳しくは話してくれない。

これ以外に検査はする必要はないかと訊ねても、

「しこりは小さいし、リンパの所にあって動くから、
うまく刺せなかったりして出血させてしまうと困るのでまだしなくて良いと思いますょ」と言われた。

採血結果は特に変化なし。

FT3 → 3.1
FT4 → 1.73
TSH → 0.18
HTg → 1.6

ただ、油断して気を緩めていたらまた総コレステロールと悪玉が高くなっていた。

再度、危機感を感じてrunウォーキングを始めた。
休日は近所を歩くことにしたが、いろんな場所が変わっていたり、
神社があったりしてびっくりした。
知らないうちに、小さい頃からの場所が変わっていた。

平日は会社から帰ってくるのが最近遅いため、
家の中でbicycleエアロバイクをしている。

検査は次回も3ヵ月後だが、
違う医師の意見も訊いてみたいし・・・
他の病院の診察も受けてみたいと考えているので、
次回は水曜日のS先生に代えて受診してみようと思っている。

|
|

« がん難民 | トップページ | 新しい先生に受診した »

コメント

老婆心さん、コメントありがとうございます。
右反回神経麻痺が、ほぼ正常とはすごい回復ですね!リハビリも頑張られましたね。

老婆心さんが行っている○○T関○病院は、私が紹介状をそこに書かれそうになって、私が自ら断わったところです(その時はI病院が良いと思っていたので)。ですが後からいろいろ調べると、そこはなかなか良い病院のようでしたので、あの時、そのままそこに行っていたら・・と、I病院で取り残し?されたときは、後悔したりもしました。

今さら後悔しても仕方ないのですが、別の病院で経過観察のセカンドオピニオン?みたいなことを考えています。
明後日、I病院で訊いてみようかと思っています。
アドバイス、ありがとうございました!
また、何かあったら情報交換させてください。

投稿: アネゴ | 2010年7月13日 (火) 00時38分

この板を見つけて初めて投稿させて頂きます。
2月始めに甲状腺全摘、左リンパ節郭清手術を受けました。手術後、右反回神経麻痺が出ました。(同じ病院の耳鼻科で術後診察され普通ある程度になるまで、半年~一年かかるとか言われちゃいました。)そのため、主治医の外科の先生がリハビリ科の先生経由で言語聴覚士の方をつけてくれることになり、リハビリ指導を受け、退院後もリハビリ科で受けた指導(発声や飲み込みのための首の訓練、首のストレッチ、呼吸のための運動)を元に自分でも工夫しながら、やったところ声はほぼ正常に戻りました。
 私が行っている病院は、アネゴさんが書かれた飯田橋の大きなT病院でなく、元似た名前だった五反田の○○T関○病院です(最初に、アネゴさんが紹介状を間違えて書かれそうになったとこじゃないか?と思います。)I病院のことは知っていましたが、各科が連動して(電子的にカルテが共有されてます、看護婦さんの申し送りもシステムを使ってました)診察してくれること、外科の主治医の先生の腕(細胞を針で取る技術から)が素人目なんですが良さそうに思えたこと(人柄もです)、手術の方法についてもどう転移していったかとか推論し、決定してくれました。また、CT診断は別の病理の方がやっていたりして、客観性が増していると思い、病院を替えようとは思いませんでした。
ちなみに、手術の方法に関しては親戚の子(医学部)が授業で来てくれた癌研の先生に事前に確認してくれたらしく、主治医の先生と見解は同じだったとのことでした。
まだ、心配を抱えていらっしゃるなら一度診察(その場でエコーで診る)やCTを撮影(これは別の日になります)をしてもらうのもありか、と思い書きました。(紹介状の必要の有無は直接病院に確認してみて下さい。)

投稿: 老婆心 | 2010年7月11日 (日) 09時18分

あんさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。
私は術後2年近く経とうとしていますが、いまだに3ヶ月毎に検診に行っています。
前回の手術で切除したシコリ以外にも小さなものは、いくつかあると言われているので、常に再発の恐怖は付きまといますね。
検査結果を見たり、首を触ったときに小さなシコリみたいなのがあったりすると、
一気に落ち込んだり暗い気持ちになったりするし……。
でも日頃は忘れてます。
普通の人と変わりない日々だし、いろいろ楽しみたいという気持ちを持ちながら過ごしていますょ。

あんさんもいろいろ不安はあると思いますが、あまり考え過ぎないように過ごしてくださいね。

投稿: アネゴ | 2010年7月 7日 (水) 08時38分

しゅうさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。
術後3ヶ月目くらいだと、まだ首は痛いし不便なことも多いのではないかと思います。
肩は私も色々したのですが、リハビリできる場所が近くになかったりしたので、長く続けられなかったし、術後2年近くなるというのに、私の場合は肩が治らないままです。
リハビリ施設はないし、治らないし、どうしたらいいかと悩んではいるんですが、
諦めている部分もありますね。
でもリハビリは早い方がいいでしょうから、良いリハビリができる病院が見つかると良いですね。

投稿: アネゴ | 2010年7月 7日 (水) 08時13分

はじめまして。
昨年1月に健康診断で乳頭がんがみつかり、経過観察をしていましたが、今年6月に手術をして右葉切除しました。告知のときから、心と体は本人が思っているほど一致しているわけではないということを感じてきましたが、アネゴさんのブログをみていて、私だけじゃないんだ・・・とちょっと安心(?)しました。いろんな過去の記事を読んで、「そうだよね、そうだよね」とうなずいています。
現在は仕事もできていますが、先日手術で取った検体の最終診断書を見たら、再発が恐ろしくなってきてしまって。考えても仕方ないんでしょうけど、どうしても気になってしまいます。これから、少しずつ気持ちの変化もあるのでしょうけど、ずっとある程度の恐怖感と一緒に過ごしていかなくてはいけないのでしょうね。
またときどきお邪魔します。よろしくお願いします。

投稿: あん | 2010年7月 3日 (土) 16時49分

はじめまして!4月末に私も甲状腺乳頭がんと乳癌検診にいったとき、偶然先生にみつけてもらいリンパと主に右側甲状腺と左にもあったので 左の甲状腺を少し残した状態です。
アネゴさんと同じ肩の痛みとしびれ 右腕が上がらない状態になってます。手術の後から首と右肩が痛いやら動かないやら 不便なことが多く時々痛みと情けないやらで涙が出ます。
手術後3ヶ月たってもこんな状態悲しいです。
手術してもらった先生に言うと 右の甲状腺を主にとったので手術の時にあたったのかもしれないと言われましたが 毎日自分でリハビリしなさいといわれました。
早く治したいので漢方と電器をあてに他のクリニックへ行きましたが 漢方が強すぎたのか一回飲んだだけで血尿がでて 腎盂炎になりかけて又点滴です。このとき少しウツになってしまい・・
怖いので漢方も電器もやめました。
アネゴさんは その後肩はどうですか?
どんなリハビリをされてますか?
初めてなのにこんなにかきこんでごめんなさい。
よければ 教えてくださいm(__)m

投稿: しゅう | 2010年7月 2日 (金) 08時39分

はじめまして!4月末に私も甲状腺乳頭がんと乳癌検診にいったとき、偶然先生にみつけてもらいリンパと主に右側甲状腺と左にもあったので 左の甲状腺を少し残した状態です。
アネゴさんと同じ肩の痛みとしびれ 右腕が上がらない状態になってます。手術の後から首と右肩が痛いやら動かないやら 不便なことが多く時々痛みと情けないやらで涙が出ます。
手術後3ヶ月たってもこんな状態悲しいです。
手術してもらった先生に言うと 右の甲状腺を主にとったので手術の時にあたったのかもしれないと言われましたが 毎日自分でリハビリしなさいといわれました。
早く治したいので漢方と電器をあてに他のクリニックへ行きましたが 漢方が強すぎたのか一回飲んだだけで血尿がでて 腎盂炎になりかけて又点滴です。このとき少しウツになってしまい・・
怖いので漢方も電器もやめました。
アネゴさんは その後肩はどうですか?
どんなリハビリをされてますか?
初めてなのにこんなにかきこんでごめんなさい。
よければ 教えてくださいm(__)m

投稿: しゅう | 2010年7月 2日 (金) 08時39分

Bromptonさん、こんにちは。
私は放射線治療はカプセルを飲む程度のものしか受けたことがないので、治療後の身体の状態はわかりませんが、
やっぱり身体には負担でしょうから辛いと思います。
あまり無理せずお仕事してくださいね。
ありがとうございます。

投稿: アネゴ | 2010年6月27日 (日) 14時52分

アネゴ様

ご無沙汰いたしております。
甲状腺摘出4日後にメールをいたして以来のご挨拶です。手術に引き続き、4月末に引き続きスイスで放射線ヨード治療を受けました。こちらは何ともないはずなのに、その前の一ヶ月のハイポの打撃のせいなのか、パンチのきいたレベルの放射線ヨード治療のせいなのか、手術から3ヶ月経とうという現在も、体力の回復に悪戦苦闘しています。WEBスキャンでヨードの取り込みをみましたが、内照であれだけの効果を出すくらいですから、体に負担が無い分けないですよね。
その後も、一旦日本に帰国し、療養とお仕事をした後、やっと6月はじめに英国に戻り今一歩戻らない体力にフラストレーションを覚えながらぼつぼつお仕事をしております。

アネゴ様のブログが最近更新されていないので寂しいのですが、お元気でおられますでしょうか。

梅雨の季節になっているかとおもいますが、お体調子よろしいときにアネゴファンに近況を教えていただければうれしいです。

お元気でいらしてください。

投稿: Brompton | 2010年6月23日 (水) 19時42分

おはようございます!お返事ありがとうございます(^O^) やはり…そうなんですね。でも、自分だけじゃないと思うと、心強いです!気長におつきあいですね(^-^)

投稿: とっこ | 2010年6月19日 (土) 10時04分

とっこさん、お返事遅くなりごめんなさい。
首の痛みや違和感は、私も毎回 訴えていましたが、
やはり『仕方ないんだよねぇ』って言われてきました。

耳鼻科の先生にも訊いたことありますが、
甲状腺を手術をすると、どうしても首の違和感は残るから、
これはもぅ慣れるしかないんですよねぇ…。と言われました。

でも痛いと、転移か!?って感じて気になりますよね。。

でも多少の違和感は普通?というのは変な表現ですが、
やはり『仕方ない』という表現になってしまうかもしれませんね(^^;)

投稿: アネゴ | 2010年6月17日 (木) 23時21分

アネゴさん、こんばんわ(^O^) 私は最近特に、首の傷付近がやけに痛いというか、違和感が。いつも先生に聞くと「仕方がない」と言われ…。そんなものなのでしょうかね?

投稿: とっこ | 2010年6月 5日 (土) 22時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/158280/48374786

この記事へのトラックバック一覧です: 1年ぶりの超音波:

« がん難民 | トップページ | 新しい先生に受診した »