« 40過ぎたら正月太りと飲み会の顔に注意 | トップページ | 1年ぶりの超音波 »

2010年2月28日 (日)

がん難民

2005年12月から書き始めたブログも、もう4年が経った。

昔の記事を読むと、こんな事を書いていたんだな(^_^;)と恥ずかしいことも。。。

そして、記事を読み返しながら、
もしやこのとき、ここの病院で自分が指定した病院ではなく、ここの医師が紹介しようとしてくれていた病院に行っていたら・・・?今とは違う結果になっていたかもしれない。あの時、こうしていた方が良かったのかもしれないのではないか・・・
なんて・・・・、昔の記事を読見返していると、そう、思うことがあります。

でも、「もしあのとき・・・」という事が起こることはない。

たくさん情報を集めたからといっても、
その情報がどのくらい正しいのかなんて、わからない。

良い病院、良い医師、という本を見て、良い医師に診てもらったからと言っても、
必ずしも自分の願う結果になるとも限らない。
でも、後悔したくないから病院や医師、治療の選択は本当に難しい。

私はいろんなことに不安が起こると、すぐ病院へいく。
結果に自分が納得できないと、また別のところへ行ってみる。
大丈夫と言われても、誤診かも?!と思ってまた別の病院へいくこともある。
納得できる確固たる結果や最良の治療方法を求めて彷徨ってきた自分。
・・・もしかしたら今もこのまま経過観察で良いのだろうか?
もっと他に治療方法、術後治療はないのだろうか?

そんなこともたまに考えたりすることもある。

こういう状態って・・・ガン難民というのでしょうかね?

|
|

« 40過ぎたら正月太りと飲み会の顔に注意 | トップページ | 1年ぶりの超音波 »

コメント

ベルさんへ
無理しないようにこれからも身体を大切に、お仕事してくださいね。

投稿: アネゴ | 2010年5月 9日 (日) 15時17分

アネゴ様
先日は励ましのコメントありがとうございました。無事に手術が終わり自宅療養しています。入院の前日まで仕事をしていて、(医療関係の職場です)早期発見だから良かったじゃない~とか、甲状腺癌なんて手術しなくてもいいんじゃない~等々そのたびに違うんだよなぁ、癌て言われた気持ちなんかわかんないんだろうなぁと複雑な気持ちでいました…医療職の人は、癌とか病気に慣れてしまってますね。その事に気がつけただけでも収穫です。
術後の辛さも身を持って感じる事ができ、外科で働いていた頃の若かった自分を思い出してまたごめんなさいと呟いていました。
これからも再発やら転移を心配しながらの生活になるのかなぁと暗くなることもありますが、ストレス貯めないよう、1日1日良いことを探しながら生きていこうと思います。

投稿: ベル | 2010年4月16日 (金) 14時20分

Brompton様
その後どうされたのかと気にしていましたが、手術も無事に終わってお元気そうで安心しました。
私と同じく、全摘されたのですね。
放射線ヨード治療をされるそうですが、私の場合は1年後に外科で錠剤を飲んだだけの治療でした。
その後は特に何の治療もなく経過観察です。
ヨードの効果は徐々に・・と聞いていましたが、その効果を調べることは特になく、どうなんだろう??という感じです。来週は病院なので聞いてみようと思っていますが。

話しはそれましたが、抜糸して出血の管(ドレーン)が取れれば、もうかなり元気に過ごせてきますょ。
1~2ヶ月は首を支えるのと、寝るときの寝返りなどはちょっと大変でしたが、それ以外は普通の人と変わらないくらい元気に過ごしていました。
忙しく働いていた日々を生きてきたなら、これを期に(お仕事が許せる範囲なら)少しゆっくりするのも良いのではないでしょうかspa

ガンについての制度やフォローなどは、もっと整ってくれると良いですね。
ガン難民が増えると医療費も増えるし、時間も使うし、病院や国、患者、どちらにも負担が増えるだけですから、もっと国は力を入れて医療制度に取組んで整えて欲しいなと思います。
これからも欧州での治療など、教えていただけると勉強になるし嬉しいです。
これからもよろしくお願いします。

投稿: アネゴ | 2010年4月 4日 (日) 18時23分

アネゴ様
そしてこのサイトによられる皆様

先日コメントをさせていたただいたBromptonです。
アネゴ様ご丁寧なお返事ありがとうございました。
手術前になかなかお礼を書く気力がなくお礼が遅くなり申し訳ありません。
先週水曜日に結局欧州で甲状腺の手術をしました。術中にパソロジーを行い、原発となった甲状腺左様だけでなくの周辺部への5カ所以上の乳頭腺がん細胞のスプレッドが確認され甲状腺の右側の温存はリスクが高すぎて不可能と判断、全摘出となりました。
周辺細胞へのスプレッドがあったことと全摘出をした事から放射線ヨード治療を少しでも早くするように待機中です。
スプレッドが周辺細胞にもあった事はショックでしたが、これまで仕事ばかりで走り続けてきた私に若干 (?)スローダウンと自分の身も考えてこそ人のことを考えられることを教えられたものと思っています。
手術をした病院でかちんこちんのイメージがあった執刀教授が突然冗談をいったり、たんでむせて苦しんでいたらハニーを持ってきてくれたり、英語の通じる人もいない人もいましたがやっぱり人間の体は人種を超えて結局同じなのかなと思いました。人様の親切が身にしみますね。アネゴさんが言われたように術中の出血も少なく、全摘出をしたとはいえ、術後4日目の今、そう痛い訳でもなく、なんだか違和感がある感じと仕事への復帰はああ、まだだろうなという感じです。でも家族や仕事関係の皆様へは普通に接しなくてはならず内部思考とのギャップがつらいですね。
私も早くアネゴ様みたいに温泉に行ったりできるようになりたいです。それからこれから治療をされる方々も経過観察中の方々も、一緒に頑張りましょうね。手術直前におこなった東京でのシンポジウムでも提言していますが、日本は、他のやり方をした国や先に行った国のやり方を参考にする手もいくらもあると思います。日本での入院と欧州での入院を比べるとそれぞれ良いところも悪いところもありました。
がん難民のお話をされておられたので少し着目していました。
アネゴ様今後もよろしく御願いします。

投稿: Brompton | 2010年4月 4日 (日) 04時26分

ベルさん、初めまして。
私も告知されたときは、親にも彼にも『命には関わらないみたいだから大丈夫だって』と、動揺を隠し、逆に心配させないように努めて振る舞っていました。
だから泣くのは夜ひとりになったとき。
素直に泣けたら楽なのかもしれないけど、こういう時はなれないんですよね。
損というか、これがストレスためやすい性質の一因なんだろうな。。

病気なんて、実際その病気に自分がなってみないとほんとの気持ちなんてわからないものですょね、だから、看護師をしているのに…なんて思う必要ないですょ。
看護師さんの笑顔と『大丈夫?痛いよね』と、声かけをしてくれるだけで、どれだけ患者さんたちは心が落ち着くことか。

来月の手術、頑張ってくださいね!また近況待っています。

投稿: アネゴ | 2010年3月29日 (月) 20時10分

初めまして。ベルと申します。甲状腺癌を調べていてアネゴさんにたどりつきました。私も一週間前に乳頭癌と診断されました。長い長い一週間でした。三年前から甲状腺腫を指摘され経過観察…と言っても年一回の職場の健康診断を受けていただけですが。今年初めて細胞診を受け確定診断がつきました。泣きたい気持ちを我慢し夫や子供には死ぬような病気じゃないらしいよと、こっちが励まし、正直参ってます。
お恥ずかしい話ですが、私は看護師です。病気がわかったのもショックですが、今まで本当に患者さんや家族の気持ちを理解しようとしていたのか、傷つけていたのでは…と悔やまれます。今後のことは不安で一杯ですが、とりあえず来月のオペに臨みます。もっと患者さんや家族の気持ちに寄り添えるナースになりなさい、というメッセージと思ってます。
アネゴさん、またお邪魔すると思いますが今後ともよろしくお願いします。

投稿: ベル | 2010年3月25日 (木) 23時27分

夕凪さん、こんにちは!
いろいろ教えていただきありがとうございます。やはり自分と相性のよい先生を見つけたいと思います。治療は手術しかなくどこへ行っても同じ、とのことでしたので、ならば安心し、信頼できる先生のもとで望みたいと思います。
セカンドオピニオンネットワークのHP大変参考になります。どうもありがとうございました。

投稿: momo | 2010年3月15日 (月) 09時48分

momoさん、はじめまして。
伊藤病院にセカンドオピニオンで行かれたという事でしたが、伊藤病院でも検査をされたんですね。
セカンドオピニオンをしたのに、治療の意見が訊けなかったのでしょうか?
・・・だとしたら残念に思いますが、momoさんは幸いまだ手術前のようですので、焦る必要はないので、伊藤病院に納得できなかったのであれば、またセカンドオピニオンをして納得できる治療法の病院を探してみてください。

セカンドオピニオンは、最初にがんと告知されて手術を受ける前にする方が良いですし、それが基本のようですから。
私のように手術した後で「この治療を続けていて良いのだろうか。。」と思っても、一度手術を受けると(変えられないことはありませんが)、その後の治療や病院を変えるのは結構困難というか、手間が大変です。

伊藤病院は専門病院として有名ですが、私が感じるところでは、各地の病院からたくさんの医師が来ているのか?名前を見ると、2年前とは違う名前の医師がたくさんいるような気がします。
その中で常勤医師は数名で、後の18名程は常勤ではありません。(手術は常勤医師が行なうことになっていますが)
当然ですが、全ての患者にとってここが良いとは限らないので、自分が納得できる治療法や説明をしてくれる病院で治療を受けられるよう、探してみてくださいね。

ちなみに、伊藤病院でお薦めの先生が言えたら良いのですが・・ん~、これは難しいですね・・。
ある人には良くても、ある人には合わないというのがあるので。。人気のある医師はいるようですが、ちなみに私の最初の主治医(副院長)は人気がありますが、私は主治医を代えてますので。。
お役に立てず、ごめんなさい。

最後にセカンドオピニオンを受けるコツなどが書かれたホームページがありますので、良かったら参考にしてみてください。

セカンドオピニオン・ネットワーク
http://www.2-nion.net/html/2ndopnet.htm

投稿: アネゴ | 2010年3月14日 (日) 19時36分

kuwasanさん、こんにちは!
良い先生と出会えて本当に良かったですね。

私も最初は精神的に大変な日々でしたけれど、同じ病気の人たちとの交流に一番助けられたと思います。これからもヨロシクです(^^♪

投稿: アネゴ | 2010年3月14日 (日) 18時19分

夕凪さん、こんにちは!
そうですね、同じ頃にブログを始めたんですね。
ブログを創めて、同じ病気の人に本当に助けられてきたので、開設して良かったなぁと思います。

これからもまだまだ闘病生活は続きますが、お互い毎日を大切に楽しく過ごして行きましょう(*^-^)


投稿: アネゴ | 2010年3月14日 (日) 18時05分

happyさん、こんにちは(^_^)
(happyさんのお名前での投稿は初めてのようですが、変えられたのかな?)

術後の経過が順調で良かったですね。
しばらくは経過観察されるかと思いますが、これからもお元気でお過ごしくださいね!

投稿: アネゴ | 2010年3月14日 (日) 18時00分

はじめまして、甲状腺癌になりこのブログにたどりつきました。伊藤病院へセカンドオピニオンで行きましたが、全く詳しい説明がありませんでした。手術する病院で詳しく聞いて下さいと言われました。先生によるのでしょうか?無駄な検査しただけですごく気分悪くして帰りました。
アネゴさんは伊藤病院で手術されて対応どうですか?おすすめの先生はいらっしゃいますか?
やはり後悔したくなく納得のいく所で手術をしたいと思いますので、突然すみませんが教えて頂けますでしょうか?よろしくお願いします。

投稿: momo | 2010年3月12日 (金) 10時03分

今晩は。別なHPに来たかとびっくりしました。
病気難民、本当ですね。私の場合は甲状腺乳頭がん手術に備えて緊急入院した病院の先生が「私の親なら、ここじゃなくあそこに行かせる」と背中を押してくれ、手術先にたどり着きました。そしてあねごさんのブログに出会い、助けて頂いて今に至ったんです。難民、あの時の真っ暗な気持ち必死な気持ちや、光をやっと見つけた心境思い出しますね。これからもよろしく。

投稿: kuwasan | 2010年3月 4日 (木) 22時30分

私の夕凪ブログ開設が2005年10月ですから、同じような頃に始めたのですね。(tinu_nosukeブログは翌年ですが)

おっしゃられるように、振り返ると色々な分岐点がありました。
その中には間違った選択もありますが、でも全部自分で決めてきたことですから、後悔はしません。それが人生だと思います。

病気が見つかって4年、辛いことがいっぱいあったけど、元気に仕事をして過ごして来れたことには本当に感謝ですね。
それとそれを支えてくれた家族にも。

まだまだ闘病は続きます。それもこれまで以上に辛いものが待ってます。
でも、お互いに頑張りましょう!

投稿: 夕凪(tinu_nosuke) | 2010年3月 4日 (木) 22時29分

こんばんは。(^-^)

その節はお世話になりました。m(__)m

お陰様で、術後50日余りが経過し、すっかり元気になれました。

私は幸い医師にも恵まれたように思います。

もちろん、こちらを初めとして、ネットの情報にも、ずいぶん助けていただけました。

今ある自分に感謝して、ポジティブに生きて行きたいですね。(*^^*)

また、お邪魔します。m(__)m

投稿: happy | 2010年3月 1日 (月) 23時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 40過ぎたら正月太りと飲み会の顔に注意 | トップページ | 1年ぶりの超音波 »