« 免疫力が落ちたときにでる | トップページ | 薬の使用には十分注意を・・・ »

2009年4月 5日 (日)

再手術後1年目

4月4日(土) 2008年3月に再手術をして、約1年経ちました。

この日の外来はとても空いていてびっくり。
10時15分くらいに到着して、採血、超音波、診察をして12時前には終了。

超音波は手術後初めてしました。
結果は、先生は何も言わなかったので、私が「シコリがあるみたいなんですけど・・・」
と言うと・・・

「ん~、今はこれ以上の検査はできないし、そんなに気にしないでくださいね」
と言われたが、検査技師さんの様子ではいくつかマークを付けていたので、
シコリがあるんだなぁ・・・と思う。

ただ、これ以上の検査をしたら白黒ハッキリしてしまう。
シコリがあって、それがガンというはっきりした診断で出てしまうと
やはり手術するか、様子見にするかを選択せざるを得なくなる・・・。
だから今はこれ以上の検査はせずに、不安を仰がないようにはっきり言わないのでしょうね。 
・・・ということで、様子見のようです。

そして採血の結果は・・・
FT3 → 2.4
FT4 → 1.19
TSH → 16.83
TgAb → 13.4
HTg → 10.1

という結果で、やはり薬の量が足りていないので元に戻すことになりました。

その他は・・・
首の絞めつけ感や、ときどき会話しているときに感じる鈍い引っ掛るような
痛みがあるけれど、先生曰く「手術したので仕方がない」ということでした。

シコリについては、どんどん増えていくのではないか?
様子見で大丈夫なのか?
そんな不安が拭いきれませんが・・・、
昨年、
ちょっと何度かメールで相談をした別府の専門病院に行って相談してみることも
今後どうするかを考えるための、ひとつの選択肢かなぁと考えています。

|
|

« 免疫力が落ちたときにでる | トップページ | 薬の使用には十分注意を・・・ »

コメント

hihizさん、こんにちは(^-^)
私は、マイナス方向ですね。しかも自分自身のいろんな事も停滞していて、悶々とする日々で『精神的に疲れたなぁ…』と。
ご紹介してくれた所はまだ見ていませんが、参考にしてみますね!ありがとうございます(^-^)

投稿: アネゴ | 2009年4月20日 (月) 20時32分

こちらです
http://www.1ginzaclinic.com/clinic_8.html

投稿: hihiz | 2009年4月19日 (日) 16時04分

体調はいかがでしょうか?ストレス軽減と睡眠はいかがでしょうか??あねごさんはプラスよりマイナス方向かな~と勝手に思いますが、唐突ですが、身内が肝がんで、でオーダー漢方を飲んでいます、私は飲んでいませんが本人調子が良いようです。飲む前は、ラジオ波~治療を2回受けてきました(食事療法も兼)。ガン専門医+漢方医+食事療法+健食やサプリの善し悪しを網羅している+自分の限界をしっている・・という点で私的に偏りの少ないDrだと思っています(実際付き添いでDrと話しました)ご本人がやってみないと解らないですし、なんともいえないのですが・・・遠方からの患者さんも沢山いらっしゃって診察できない方でもOKと先生は仰っています。甲状腺に関してはどうかな?と思いますが「私が飲む場合は?」と聞きましたら「免疫力を高める」点でいいのでは?と言われました・・・でも実際に個人で処方が色々でしょうね。電話でも気さくに話して下さいます ご存知でしたらごめんなさい。

投稿: hihiz | 2009年4月19日 (日) 16時01分

ゆたさん、コメントありがとうございます(^-^)
いろいろありましたょ〜。今はちょっと落ち着いていますけどねぇ(^^;)
これから新緑がきれいな時期なので山へ行きたいなぁ〜と思っています♪

投稿: アネゴ | 2009年4月16日 (木) 16時57分

アネゴさん、こんばんは。
ご無沙汰しててすみませんでした。
ブログ読ませていただき、辛い日々の連続で
大変だったと改めて感じました。
ご迷惑でなかったら肩もみさせていただきます。
山に登りたくなったらいつでもどうぞ。
お供します。くどいですが。。

投稿: ゆた | 2009年4月12日 (日) 21時22分

夕凪さん、こんにちは!
細胞診をしたら、はっきりするので治療も手術に向うしかなくなりますよね。それか様子を見るか・・・。
放射線は野口病院(別府)の放射腺科の野口医師によると「できるだけ早くやらないと効き目がなくなるということは無い」と聞きました。
いろいろメールだけでもとても親切に答えてくださるので、もしも何かあれば夕凪さんもご相談されるのはどうでしょうか?
私は受ける受けないは別として、親切に答えてくれる医師だったので、私の病状でのアイソトープは必要かを診察してもらおうかどうか・・・相談しに行きたいなぁという感じなのですが。。。

ただやはり食事や森林浴、体温を上げる、運動するなど・・いろいろな方法をまずは自分の身体に試してみたいなぁと思っていますconfident

投稿: アネゴ | 2009年4月12日 (日) 17時56分

太陽さん、始めまして。お父様の件では辛い経験をされましたね。
私の母もがんで亡くなってしまいました。放射線や抗がん剤などは母の様子を見てきたので、私はどちらかというと消極派です。身体の良い細胞まで殺してしまう治療はやはり怖いと思っているので・・。
でも人によってはそれが良い選択肢という場合もあるかもしれません。難しいですね。
ですが、いろいろ参考になるお話ありがとうございます。安保さんの本は私も1冊「体温免疫力」持っていますょ。
私も「身体を温める、ストレスを溜めない、良い睡眠をとる、食事と運動に気をつける」という事に意識をして、できる限りそのような生活ができるようにして行きたいと思っています。

投稿: アネゴ | 2009年4月12日 (日) 17時44分

ひなこさん、はじめまして(^^♪
私は術後、入院して行なうアイソトープ治療はしていないのですが、ひなこさんは入院してやるんですか?
チロナミンを中止すると、ちょっと疲れやだるさ、むくみなどがありますよね。
いろんな食品にヨードが含まれていて、それを考えながらの献立が苦手だったの、結局シンプルに食材だけの味を活かして調理するのが楽だったように思います。
ちょっと辛いですが、治療、頑張ってくださいね!(^.^)

投稿: アネゴ | 2009年4月12日 (日) 17時26分

心配ですよね、ずっと気になるのであれば、細胞診を受けた方がいいでしょうね。それではっきりします。
『してくれ』と言えば、主治医はしてくれますよ。

でも、サイログロブリンが10ですから、慌てなくてもいいように思います。このまま増加して30を超ええてからでも遅くありません。増加しなければ、問題なしですからね。

投稿: 夕凪(tinu_nosuke) | 2009年4月11日 (土) 20時51分

はじめまして。

心中お察しします。

あきらめないで!

打つ手は無限です!

人事を尽くして天命を待つ!

医者に頼らず、家庭で、だれでも簡単にできる、安全で確実な方法

の紹介をします。

名医は、医者では無く、自分自身の細胞です!

人体の約60兆個に記憶されている全細胞

(過去、約38億年の人類のデータベース)を活性化させ、

健康回復へ方向性(ベクトル)を一つに向けることです。


免疫力・自然治癒力の向上です。


打つ手は無限です!

今の西洋医学だけでなく、東洋医学、インド医学(アーユルベーダ)、

中国医学 、昔からの民間療法、代替医療等がたくさんあります。

ガンで亡くなる方のほとんどは手術・放射線・抗ガン

剤(本名 増ガン剤)の副作用で,再発を繰り返し、

体力激減、免疫力低下です。

東京の国立ガンセンターでは、これらを実施、

ガン患者1000人中5人しか、生存していません。


安保 徹 教授(新潟大学 医学部 大学院)

は、上記の3大治療は、してはダメ !

今、してる人は、すぐ止めなさい!

と警告されています。 


「ガンは熱に、きわめて弱い!」

下記、私の体験を参考にして下さい。

10数年前、父が脳腫瘍になり、病院で手術・放射線治療後、髪の毛が抜け

体力激減。抗ガン剤大量投与・点滴ミスの医療ミスで急死。

薬という名の毒素を体内に入れて、さらに低体温にし、免疫力・自然治癒力

をさらに低下させる現代西洋医学・病院の治療方法に疑問を感じました。

その後、調査・研究して、ガンの治し方をみつけました。

全身遠赤外線温浴法です。

(ガンは熱に、きわめて弱い!)

「冷えは万病のもと!」、

全身遠赤外線温浴法は、安全で簡単。

妊婦さん・赤ちゃんに優しく、

産婦人科・助産院で大好評です。

家庭で、職場で、車の運転中に、寝たままでも、何かしながらできます。

炭と岩盤浴で体の芯(骨)までポカポカ!全身遠赤外線温浴すれば、即、

体内温度上昇で、

朝、目が覚めた時、36,5度以上に!

(免疫力100%)

(35,5度は、免疫力 60%)

約60兆個の全細胞・酵素の働きを活性化!

全身の血液循環、気の流れ、水の流れ、リンパ液の流れを促進!、

コラーゲンの産生促進!

体内毒素排泄促進!

(大便・小便・おなら・目やに・鼻汁・たん等)

血液がきれいに浄化!

免疫力・自然治癒力を回復して、

ガン細胞消滅体験多数報告があります。

(舌ガン・肺ガン・大腸ガン・肝臓ガン・喉頭ガン・食道ガン・脳腫瘍 
 他各種ガン)


「新・遠赤外線と医療革命」 医学博士 東 善彦著(冬青社)

「がんに効く遠赤外線療法への確信」医学博士 横山正義著(かんき出版)

「体を温めると病気は必ず治る」医学博士 石原結実著(三笠書房)

「苦しくないガン治療革命」医学博士 前田華郎著(冬青社)

「体温免疫力」医学博士 安保 徹著(ナツメ社)


関心があれば、メールで詳しく説明します。

 ma0321_001@mail.goo.ne.jp

投稿: 太陽 | 2009年4月 9日 (木) 14時36分

はじめまして!
昨年9月に乳頭がんで全摘手術を受け、間もなくアイソトープを予定しているひなこです。実は明日からヨード制限開始なのでネットで色々調べていてこちらにたどり着きました。
チロナミンを中止してから1週間、疲れが溜まっているようなだるさと眠気はかなりありますが体調そのものは寝込むようなひどさは幸いいまのところありません。ただ、思考回路が相当にぶくなっているようで(笑)、気が付くとぼぉーっとしています。こんなんでちゃんとヨード制限していけるのか心配ですが、アネゴさんのブログはとても参考になるので頑張って乗り切りたいと思います。またお邪魔させていただきますのでどうぞよろしくお願いいたします。

投稿: ひなこ | 2009年4月 9日 (木) 14時11分

こんばんわ。私も五月にkuwasanさんと同じように術後二年目のエコー検査の予定です。不調を訴えても「手術したので・・・」と言われる事ってありますよね。そうじゃなくて、それはわかっているけど・・・なんでわかってくれないのかなって悲しい気持ちになることありますよ。。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。
別府の病院に行っての相談を考えていらっしゃるみたいですが、自分が納得できるようにすることって大事だと思います。アネゴさんにとって、すっきりとした道が開けることをお祈りしています。

投稿: みるくまま | 2009年4月 7日 (火) 22時17分

 今晩は。私も今月中に超音波検査などを受ける予定です。手術後2年目ですが首の引き攣れ感、アネゴさんと同じですね。多分先生の反応(アドバイス無し)も一緒?甲状腺腫瘍のことが分かっていて首のリハビリ計画を一緒に考えてくれる、そんな先生に出会いたいですね。アネゴさんが納得できる相談相手の先生に何とか早くめぐり合えますように。

投稿: kuwasan | 2009年4月 7日 (火) 00時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/158280/44578358

この記事へのトラックバック一覧です: 再手術後1年目:

« 免疫力が落ちたときにでる | トップページ | 薬の使用には十分注意を・・・ »