« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月の2件の記事

2009年2月24日 (火)

おくりびと

「おくりびと」のアカデミー賞受賞、嬉しいnote 

おめでとう~sign03

この映画は昨年、観に行ったのですが、

始まりから笑いあり・・・涙あり。 

観た人すべてのこころに何かを残す。そんな作品だと思います。

そして何よりも、

本木雅弘さん演じる「納棺師」 

その動きのひとつひとつが、とても美しく格好いいのですheart04

その美しさは「もっと観ていたい!!」と思うほど。

美しく厳かな儀式に強く引き込まれていきます。

・・・こころも澄んできて引き締まる。

映画の途中、何度も死んだ母の葬儀を思い出し・・・

こんな風に、
大切なひとの最後を美しい儀式の中で見つめることができて、
お別れがしたかった。。。できたら良かったのに・・・。
そんな思いもよみがえりました。

でも決して暗く悲しい物語ではなく、心が素直に柔らかくなるような作品です。

「こんな納棺師さんがいたら、私もこんな風にお別れする儀式をしてもらいたい」

観終えたあと、そう思いました。

そして、今日さっそく本屋で購入sign03

20090224210236_2 
本木さん、この本と出合ってからずっと
映画化したいという思いをあたためてきたようで、
それが実り、アカデミー受賞となって良かったなぁ。

そうそう・・・
私は本木雅弘さんが大好きなので、
今回の受賞は特に嬉しかったのでした。
本木雅弘さんheart02
本当に格好良かった~。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2009年2月 8日 (日)

再手術後・・約1年目

昨日、再手術後(約11ヵ月経過)の検診に行ってきましたhospital
(彼も自ら付き添ってくれた)

先生からは特に何も言われず、形だけの触診みたいな?ことだけで、
約3分の診察で終了(早っsign01

私からの質問は・・・
「ときどき声が擦れて出なくなったり、喉のつかえる感じや首の腫れ?や鈍い痛みが気になる・・・」

と話し、「術後1年くらいになるから超音波しておこうか?」と言われ、次回3ヵ月後の診察ですることになりました。

memo 採血の結果

前回、「チラーヂンを薬を飲み始めて以来、汗が多くなった気がする」

というのを伝えた結果、薬を減らしていましたが、
その薬が診察1週間前から足りなくなってしまったため、
通常より少ない量を飲んでいたせいか・・・?THSの数値が(23.20)と高くなっていた。
次回までに数値が落ち着かなければ、薬が足りていないという事なので、
また(汗は増えるかもしれないが)薬の量を戻さないといけないようです。

そのほかは・・・TgAb 10.00↓  HTg 8.2 という感じでした。

clip 2/7付 読売新聞 夕刊でこんな記事を見つけましたsign03

『 更年期障害と診断 実は 』 と題して、

更年期障害などと診断されていた女性患者の27%で、甲状腺などの病気が
見逃されていたことが、東京女子医大東医療センター性差医療部の
片井みゆき助教授らの調査でわかったそうだ。

同センター日暮里クリニックは2007年10月、女性専門外来clipを開設。
月経不順やめまい、発汗、倦怠感などの不定愁訴を訴えて受診した患者を
半年間分析した結果、

ほかの病院で卵巣機能不全や更年期障害と診断され、
女性ホルモンや漢方などを投与されたが改善しなかった85人中23人が、
別の病気が見つかったということ。

多かったのは、バセドー病や橋本病。
そのほか脳下垂体の病気、膠原病、頭部打撲で起きる硬膜外血腫、慢性膵炎など。

clip性差医療情報ネットワークのホームページ

* 以上、読売新聞記事より引用

不定愁訴や自律神経系と症状が似ている分、
更年期とか自律神経などと診断されることがあるようですが、
怖い病気が隠れていたりするので、総合的に診断してもらえる女性専門外来へ
まずは行ってみるほうが良いですね。

| | コメント (14) | トラックバック (0)
|

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »