« 肩の痛みのその後・・・ | トップページ | 肩の痛みの続々編・・・ »

2008年8月17日 (日)

肩の痛み~続編

2回目の手術後の出来事。

手を横に広げて手を上げようとしたとき、腕に痺れと痛みが走って手を上げることができなくなりました。

先生曰く、「手術の影響ではないと思うけど・・リハビリが必要かもしれませんね」 と言われる。その後、4ヶ月半様子を見るも、一向によくなる気配なし。

このまま伊藤病院の主治医に訴えても仕方ないと思い、
整形外科を受診することにした。

1度目は御茶ノ水にある順天堂医院の整形外科へ行きました。
肩のレントゲンを撮るも、「原因がわからない」 と言われる。
そこで 「何これ?」 と思ったのは・・・
撮ったレントゲンが、鎖骨スレスレしか写ってなく、あとは頭まで映っていたこと。
関係ない頭はしっかり映り、痛みのある肩は鎖骨が見えるか見えないかくらいしか
映ってない。 これは正しい撮り方でしょうか?!
案の定、診断結果も不明となりました。
そして 「肩の運動をしてください」 と冊子を渡されて診察を終えました。

納得できなかった私は家の鏡の前で腕を動かして、よーく肩を見て見ました。
すると・・・

肩の後ろの方から腕を上げ下げする度に、骨らしきものが、
出たり引っ込んだりして見えるのです (+o+)

これはやっぱりヘン!!と思って、2度目に街医者の整形外科へ行きました。
ここでもレントゲン撮影をしましたが、異常なし。
けれど、このときは「肩の骨が出たり引っ込んだりする」と訴えたことにより、
先生が判断しやすくなったようで、肩の上げ下げを診断した結果、
「棘上筋がない」 と言われる。
そして、肩の筋肉をつけるようにと、リハビリを勧められました。

この2度目の病院で、ようやく納得できたのですが・・・
前回の記事でコメントを下さった、まゆさんの、
「棘上筋ってどこにあるか調べてみた・・・」という言葉を読んだとき、

そうだ、私も調べてみよう。と思って調べていたときです!!
色々調べていたら、腱板損傷とか腱板断裂という症状が出てきて・・・
自分の症状と似ているじゃないですか・・・! (-_-;)
そしていろいろと見ていると、レントゲンでは異常がわからないので、
超音波やMRIなどで診ると書いてある。
これは腱板損傷か断裂なんじゃないのぉ~??と不安になって、
腱板損傷、断裂というワードでネットで検索。

そこで見つけた東京都内の都立大学にある整形外科へ行って見ることにしました。
その結果、同じくレントゲンもしましたが、結果は異常なし。
次に超音波で見るも、肩の動きには異常なし。
先生曰く、
棘上筋がないってことはないけど、衰えているために他の部分で補って肩を上げ下げしようとしているため、肩甲骨がヘンな動きをしていて、浮いている状態のようになっているということ。そして、MRIでより詳しく診てみることになり、
その結果・・・
肩にも水が溜まっていて炎症を起こしていて、症状としては「腱板損傷」のうちの1つでした。痛みや痺れなどが術後から始まったということで、何らかの手術の影響ではないか?ということでした。

たまたま診てみもらった先生が、関節鏡では手術数を多くこなしている先生で、
リハビリの先生も肩専門の理学療法士さんがいたことで、3度目の病院でより的確jな診断がしてもらえました。

先生は「注射をして傷みを和らげますか?」と言ってくれましたが、
1ヶ月のリハビリで様子を見てからということにしました。
そのほか、ここでは薬は使わず、リハビリをすることになりました。
ということで、今は週2回のリハビリに通っています。

とにかく、ハッキリした状態がわかって良かったです。

これも、コメントをくれたまゆさんのお陰です。
まゆさん、ありがとうございました!

そして、リハビリは今、唯一の楽しみとなっています。
不思議なんですが、先生のリハビリを受けていると、すっごくリラックスできるのです♪
心も穏やかになる。
自分の調子を見てくれて、気遣ってくれるのって、気持ち良い。
コーチみたいな効果かも?

|
|

« 肩の痛みのその後・・・ | トップページ | 肩の痛みの続々編・・・ »

コメント

ももさん、初めまして(^.^)
コメントありがとうございます。

ヨード治療のためにチラーヂンを中止してから再開し、安定するまではちょっと辛かったです。仕事は事務でなので、辛くて休むことはなかったです。
少し脱力感や疲労感はありましたが、一番辛かったのはむくみかな?でも心配するほどではありませんので、安心してください。
手術によって、今まで通り動けなくなるというのを強く意識したことはないかなぁ?? 
体調が整うまでの術後半年くらいは不安定かもしれませんが、大丈夫ですょ。
治療、頑張ってくださいね。

投稿: アネゴ | 2008年8月30日 (土) 13時28分

はじめまして。
ヨード治療でググってたらこちらにたどり着きました。
濾ほう癌のリンパ節転移で手術&甲状腺全摘&ヨード治療を
受けることになりそうな者です。

ヨード治療の前にホルモン剤を中止しているときが
かなりつらいと聞いたので、気になっていました。
アネゴさんはお仕事続けていらしたようですが、
やはりおつらいこともありましたか?

私は体が動かすことが好きなので、
今まで通りに動けないと考えただけで
手術から逃げ出したい気分なんですが、
そうも言ってられません。
おとなしく治療に専念して、
早く動き回れるようになりたいです。
(まだなにもしてませんが・・・)

とりとめも無いコメントで申し訳ありませんでした。
またお邪魔しますね。

肩の方お大事にしてください。

投稿: もも | 2008年8月27日 (水) 22時49分

夕凪さん、こんばんは!
そうですょね。リラックスとか調子を診続けてもらっているという楽しみがあるから通おうと思えるんだと思います。あとは、やっぱり肩を治したい。
痛みを感じると、生活の中で「やる気」がそがれてしまったりする部分があるんですね。
時間がかかると言われましたが、治すために頑張ろうと思っています。

投稿: アネゴ | 2008年8月19日 (火) 00時05分

まゆさん、こんばんは!
まゆさんの一言がなかったら、2度目の病院で勧められたゴムバンドでのリハビリを数ヶ月行ないながら様子を見ていたと思いますが、今の私の状態には良くないため却下となりました。(この続きは次回詳しく書きますね!)

私がホームページで調べたとき、こういう痛みなどはレントゲンでは異常が見えない(MRIでないと解らないようです)ので、五十肩などの診断をつけられてしまっている人もいる書いてありました。
これも次回、そのホームページをご紹介しますね。

私は痺れもありますが、まゆさんはどうでしたか??
私は医師ではないので何とも言えませんが、「再手術後4ヶ月検診」の記事に、麻酔医doradoraさんが痛みに関してアドバイスを書いて下さったのですが、それによりますと「痛みが長引くと神経自体が変性して、傷が治っても痛みが残ることがあるので、早めに痛みをとることが肝要です」とのアドバイスがありました。

・・それにしても、私は自分のこの行動に「納得できないで病院巡りするなんて・・なんか嫌な性格で疲れるな・・・」と、そんな自分に思う部分もあるんです。。。良い時もあれば、それが悪いときもありますね。

投稿: アネゴ | 2008年8月18日 (月) 23時57分

楽しめるリハビリで良かったですね。痛かったりしんどいリハビリだと、週2回の日が辛くなります。

楽しんで、治してくださいね。

投稿: 夕凪(tinu_nosuke) | 2008年8月18日 (月) 22時16分

アネゴさん
的確な診断をしてもらい安心出来て良かったですね~happy01
アネゴさんにありがとうございます!なんて言われるほどの
コメントを書いていないので照れちゃいます^^;


私は手術をしてもうすぐ3年が経つのですが
手術をしてすぐの事を思い出していました。
前にも横にも腕を上げる事が出来ず、とっても痛い思いをしました。
整形外科を紹介してもらってレントゲンを撮ったのですが、
異常がなく50肩と診断され・・・
まだ40過ぎたばっかりなのに~~??poutって感じでした。
リハビリで腕は上がるようになったのですが
未だに肩は痛いままです。
でもこれはこのまま仕方ないのかな~?って思ってたのですが、
MRIを撮ったら同じ原因だったのかも?って思えてきました。
今さら整形外科を変えてみてもわからないのかな?

自分が納得出来るまで
ちゃんと病院に行くなんて。。
なんと行動力のある方なんでしょう!!って関心しちゃいます。

リハビリで早く痛みが取れると良いですね^^

投稿: まゆ | 2008年8月18日 (月) 22時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/158280/42194222

この記事へのトラックバック一覧です: 肩の痛み~続編:

« 肩の痛みのその後・・・ | トップページ | 肩の痛みの続々編・・・ »