« 2度目の入院・6日目 | トップページ | 切除したシコリの写真 »

2008年4月 3日 (木)

2度目の入院・7日目(退院)

2008年 3/18(火) 退院日 sun

今日もかなり暑い(雨だったのは手術の日だけだったな)
今日は、とうとう退院の日。。。

night 昨夜は喉がイガイガしてなかなか眠れなかったので、マイスターという睡眠導入剤を飲んで、ようやく眠ることができた。(花粉かな?)

8:30AM K先生が来てくれた。 「どうですか?」 

私: 傷口が痛いのと、手があまり上がらないんですけど。。。

「手が上がらないのは手術の影響ではないと思うけど、リハビリが必要かもしれませんね」と言っていた。 リハビリかぁ~。


術後4日目の状態は・・・
傷口:    まだ見てません。
皮膚感覚: 麻痺が、ひだりの耳から肩までの広い範囲である。
腫れ:    傷の部分と肩周辺にある感じ。
声枯れ:   なし(術後にあったけれど、気管挿入の影響だった様です)
痛み:    傷の痛みより、肩が痛い!

今気になるのは、肩の痛みと腫れくらいでしょうか。。。
麻痺しているので、腫れによるのか?凝りで痛いのか、何の痛みがよくわからない感じ。

《最後の朝食》
318_017

こんな健康的で、適量な食事も
今日でおしまい。。。

10:00AM 
薬剤師さんが来て、1ヶ月分のチラーヂンをもらった。

その後、
退院する患者さん全員で待合室にて、看護師さん指導のもとにテープの貼り換え。
ですが、私は自分で貼り換えができない位置に傷口があるので、ベッドにて待機。

皆のテープ交換が終わったあとに看護師さんが貼り換えにきてくれた。
うなじに近い位置なので、産毛を剃ってもらいテープを貼る。
「自分で貼れないですね、貼ってもらえる人いますか?」と訊かれて、
「弟に貼ってもらおうと思います」 と答える。

その後、退院指導を受けておしまい。

10:00AM 
着替えをして、身の回りの荷物をまとめる。
前回の手術のときと、今回使用したスリッパを今回は捨てていくことにした。

018

まだまだ履けるものだったので、
写真には残しておこうと思ったcamera






リラックスと安心をもたらしてくれた居心地の良い病院を出て、
また忙しく雑然とした日常に放り出されると思うと・・・気が重く沈むdown

でも、もう再々手術はしたくない。
K先生、手術室の医療スタッフ、看護師さんの方々に感謝を感じつつ。。。
病院を退院しました。

|
|

« 2度目の入院・6日目 | トップページ | 切除したシコリの写真 »

コメント

みるくままさんへtulip
術後1年経おめでとうございます(^.^)
私のブログで励まされたなんて、書いていて良かったなぁって思います。
私もみるくままさんに励まされてきましたょ!
そしてやっぱり一人で抱えていると重いけど、同じ病気だからこそわかり合える人達から色々励まされたり励ましたりできる人がブログを通してできた事が嬉しいです。本当に心強いですよね。
そして、
私も人生を無駄にしたくないって思う気持ちを常に持って生きるようになりました。
シコリは(切除した私が言うのは変ですが)何でもかんでも切除すればいいという物ではないというのは前の主治医や他の病院(有明癌研病院の咽頭科:のどの声枯れなどが気になって行った)ときも、頸のシコリも診てもらい、その医師も同じ様に言ってました。
シコリは誰にでもあって、それが良いものか悪いもかを見極めることが大切で、例え大きくても乳頭癌の場合は手術に絶えられない高齢ならば切除しないで様子見にしておくとのことでした。(癌研の場合)
なので、先生にシコリを良く見極めてもらって欲しいと思っていますconfident


投稿: アネゴ | 2008年4月19日 (土) 22時13分

アネゴさん、肩の痛みはいかがですか??
KuwasanさんやWayoさんと同じように、私も来月で術後1年です。早いものです。この一年間、アネゴさんのブログにどんなに助けられていたかを思い返しています。「私一人じゃないんだ」という心強い励ましが、前向きに歩む力を与えてくれていました。そしてそれは今でも続いています。アネゴさん、本当に感謝しています。
病気になることは決して嬉しい事ではないけれど、私にとっては自分の生き方を考えるチャンスでした。入院生活もそうでした。何事にも明るく、元気に、そして自分自身、納得のいく過ごし方ができるようにしていきたいものですね。・・・ということで、私も来月全摘した傷の後に、また新たにできたしこりのことを聞いてこようと思っています。

投稿: みるくまま | 2008年4月17日 (木) 21時00分

wayoさん、こんばんは(^.^)
私の頸のシコリは、手術の数週間前に触ったら凸凹してました。
でもそれまではツルンとしてた(と、思ってただけで気付かなかっただけかもしれません)ので、本当に「がん?」って思う気持ちもあったのですが、術前のある日 (あれっ?!デコボコしてる・・・?!これはガンだわ)と思ったのを覚えています。
心配だと思いますが、ある程度共存できるがんなので、経過観察をしていれば心配ないと思うし、それでももし心配で不安が消えないなら、細胞診(100%確実ではないようですが)するのも1つの方法ですよね。
とにかく、あまり落ち込まないでくださいね。

投稿: アネゴ | 2008年4月16日 (水) 21時54分

kuwasanさん、ありがとうございます。
新緑がきれいな季節ですからclover自然のきれーな場所へ旅行に行ってリラックスしたいですね。
kuwasanさんはもうすぐ1年目の診察なんですね。気になる点など、やっぱりありますか? 私は手術した首より、肩が痛いのが気になっています(>_<)
次回は5月上旬に行くので、それまでに治らなかったら聞いてみるつもりです。

投稿: アネゴ | 2008年4月16日 (水) 21時29分

私も1年目の検診行って来ました。エコーと血液検査。残っている左側の甲状腺にもぐりぐりがあって、それが1.2から1.5に、少し大きくなったと言われましたdownツルンとしているから、あまり心配はないでしょうとの事でしたgawkでも、右側のぐりぐりが見つかったときもそう言われてたなっと、少し落ち込んでいますrain

投稿: wayo | 2008年4月15日 (火) 21時33分

再手術ご苦労様でした。無事の退院おめでとう。
「リラックスと安心をもたらしてくれた居心地の良い病院を出て、また忙しく雑然とした日常に放り出されると思うと」、わかりますよ。たまに桜の花びらを見上げたり雨に濡れた若葉にハッとしたりして生きていきますか。私はそろそろ1年目の診察です。アネゴさんのように気になる点はきちんと聞きたいと思います。

投稿: kuwasan | 2008年4月13日 (日) 23時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/158280/40861947

この記事へのトラックバック一覧です: 2度目の入院・7日目(退院):

« 2度目の入院・6日目 | トップページ | 切除したシコリの写真 »