« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月の8件の記事

2008年2月24日 (日)

しこりと転移について

私のシコリは正面からは見えない位置にあります。

今日、初めてその位置に口紅で印を付け、写真に収めてみました。
(30分もかかった(^_^;)) * シコリ位置、初公開です。
一番大きいのが以前からあったシコリで、実際の大きさに沿って印してます。
前回手術時に切開した端からシコリまでは約6cm離れた場所にあります。

004_3









この写真は入院時の手術説明に先生に見て頂こうと思っています。
(ここの病院では手術予定線というのは付けませんので・・・)

前回の記事で、リンパ節への転移はけっこう頻繁にあると言われたと書きましたが、
誤解を与えてしまうといけないので、追記として下記書籍より写真と文章を引用させていただいています。

003三省堂「甲状腺がんなんて怖くない」 *絶版

著者:杉谷巌(癌研有明病院 頭頸科)
     前野一男(患者であり、読売新聞医療情報部)

*私はこの本を探しまくったが、手に入れられずガックリしていたところをブロ友の
いのぶーさんがプレゼントして下さり、参考にさせていただいている大切な1冊です。m(__)m




上記本によると・・・(以下、抜粋)
「乳頭がんは、きわめてリンパ節転移を起こしやすい病気です。乳頭がんが見つかったときに既にリンパ節転移が起こっている確率は20~80%あると言われています。

(※数字に幅があるのは、リンパ郭清を行う範囲などが国ごと、施設ごとにそれぞれ最善と信じる方法によって治療が行われているためだそうです)

しかしながら、他の種類のがんと違って乳頭がんの場合は、リンパ節転移が起こっていても、必ずしも進行がんということにはなりません。
リンパ節転移の有無は乳頭がんの生命予後を左右する重要な予後因子ではないということです。ですから、リンパ節転移があったとしても、あまり悲観することはありません。きちんと手術しておけば、そのために命を落とすようなことは通常ないのです。

しかし、特に若い年代の人でリンパ節転移がたくさんあった方では、手術後に再びリンパ節転移が出現する確率が若干高くなります。ですから術後の経過観察は慎重に行う必要があります。
001








再発するとしたら、いちばん多いのは頸のリンパ節です。
最初の手術では甲状腺のまわり(中心領域)のリンパ節を予防的に切除(郭清)しただけですから、頸の脇(側頸部)の、総頚動脈・内頸静脈に沿った領域のリンパ節などに残っていたがんが、何年かして腫れてくることがあります。低危険度の乳頭がんの人でも、だいたい7%くらいでリンパ節再発が起こります。

特に若い人の乳頭がんでは時に、手術後しばらくの間、次々と頸部リンパ節に再発を繰り返すような場合があります。しかし、このような人もたいていは天寿を全うします。
リンパ節転移の中には、何年の大きさが変わらずに、体に悪さをせず「ただそこにあるだけ」というものも多いのです。ですから、超音波検査などでリンパ節転移が起こっているらしいという場合でも、すぐに手術せずに少し様子を見ることもできると思います。


しかしながら、手で触れてはっきりとわかるような大きなリンパ節再発が起こっている場合には、やはり再手術して切除しておいた方が安心だと思います。

002





前野氏:
微小がんの場合、手術を受けてしまえば安心ですね?

杉谷氏:
一概にそうとは言えないと思うのです。微小がんで怖いのは転移です。
微小がんは小さいと言っても、発見された時点ですでに何年も前からがんが出来ていたという場合が多いと思います。ですからリンパ節転移や肺などへの転移が起こる性質のものでは、見つかった時点ですでにミクロのレベルで転移が起こっている場合がほとんどでしょう。それがはっきり目に見えるようになるのには何年もかかるので、やはり経過観察は長期に渡って必要です。

前野氏:
甲状腺微小がんを手術せずに経過観察するという方針を取っている施設は多いのでしょうか?世界標準はどうなっているのですか?

杉谷氏:
欧米では超音波検査を日本ほど甲状腺疾患の診断に利用しないのです。ですから微小がんが見つかることも少なく、その取扱が問題になることはあまりありません。
神戸の隅病院などは基本的には経過観察の方針を取っているようですが、一方で、ごくわずかの確率だとしても、微小がんが原因で亡くなる人がいる以上、見つかってしまったら微小がんでも手術をしておいた方が安心だ、という施設が多いようです。(東京の伊藤病院、別府の野口病院など)。

抜粋は以上ですが、この本は2003年12月に発行されています。

私がかかっている伊藤病院では、現在(私の知る限り)、超音波でシコリが見つかってもすぐに手術ではなく、友人などは微小がん経過観察中です。
けれども、病院によってがんの扱いや術式、縫合方法などは違うということです。

これから手術予定の方は、数ヶ所でのセカンドオピニオンをされて比べてみる方が良いかもしれません。

| | コメント (22) | トラックバック (0)
|

2008年2月22日 (金)

手術前外来

2月21日(木) 午後より手術前外来へ行ってきました。

15:40~ 採血(6、7本分採取される)

15:50~ 4階ナースステーション受付にて
       ・体重と身長測定
       ・入院生活の説明(看護師さんより受ける)

16:45~ 手術説明を受ける(外科S先生) 
       ※初めての先生ですが、執刀医ではありません。

この日、同席してくれる父と彼と一緒に診察室へ入る。
(S先生、割と早口でハキハキしている感じ。「色黒でほっそりしてる男の先生だ」)

最初に 「今日の血液検査の結果はすべて問題ありません」 と言われる。
次に簡単に経緯から説明がはじまった。

2006年(平成18年)6月5日に甲状腺全摘とリンパ節郭清手術をされて、
今回は術後に認められたシコリを穿刺細胞診で採取、検査の結果、
「乳頭癌」という診断がされたのでその摘出手術ですと説明される。

そして 「このシコリは 「術後リンパ節再発」 と考えます」 ということ。

診断としては先日行なったCTは造影剤を使用できなかったので、4.5割の結果でしかなく、またCTより超音波の方が場合によっては確実に見れる場合もあるようで、
それによると・・・、シコリは他にも2~3個、そして右にもあるらしい。
(これは次回レントゲンもしくは超音波画像を見せてもらって自分で確認したいと思う)

S先生
「執刀医のK先生と話し合った結果、他にもシコリは認められるが、
形が悪いものではなさそうだ」という事で、今回の手術ではこのシコリだけを切除することになりました」と言われる。


「自分ではシコリの下の小さなシコリっぽいものも気になる」 と話したところ、
その辺りは術中判断して切除も視野に入れて考えてくれるようでした。

現在、下記図によるとシコリは1.7mm大のようです。
(自分でも触って2mm近くあると思っていました)
シコリの場所は図にあるように、ひだりの首(斜めに筋肉が走っている真上辺りにある)甲状腺があった場所よりかなり上、しかも後ろよりの位置にあります。

私がこのシコリは術後すぐからこの位置にあるように思っている事を話すと、

この位置は、通常のリンパ節切除では採らない場所なので
「もしかしたら見落とし、つまり取り残しということもあるかもしれませんが、術後の再発と考えています。」と、このS先生は話してくれました。

(以前、他のブログで検査師さんが書いていたのを見た記憶があるのですが、
確かにリンパ節転移で、私のように後ろ側にあるのはあまり無いみたいなのです。
でも・・・逆に滅多にできない位置にあるなんて怖いです。が、これも次回訊いてみようと思います)


1004








《診断》
甲状腺悪性腫瘍 (乳頭癌、術後リンパ節再発)

《術式》
左側頸部リンパ節摘出 (切開する場所はシコリの真上に4㎝くらい)

《麻酔》
全身麻酔 
(部分麻酔でも十分可能だが、他にも切除しようとすると部分麻酔は厳しいらしい)

《合併症》
迷走神経麻痺や出血などの説明があったが、ほぼそれは心配なしとのこと。

今回の手術は前回より軽く、手術時間は40分~50分くらいだと思うので、
術後は楽だと思いますょ」と言われました。
また、ドレーンも今回はないかもしれないということ。

何か他に質問はありますか? と訊かれたのでいくつか質問しました。

① 傷口は目立たない「埋没縫合法」でお願いしたいが、してもらえるか?
   → うちもそれに近い方法で縫っていると言われたが、完全な埋没法ではない
      様子。でも、ケロイド体質という事や前回も傷痕をきれいになるように
      お願いをしたことなどを話した結果 
      「では、前回と同じように縫合しましょう」 と言ってくれた。

② 摘出したシコリを見せてもらえるか?
   → 「言葉は悪いけれど」と前置きして、切除したものは生ものなので、
      術後30分で目が覚めれば見せられるけれど、あとはホルマリンに
      つけてしまうので」という事で、写真プリントしか見れない様です。

③ シコリのある方だけコリのような痛みがあるが・・・
   → それは有り得ることだと思います。
      やっぱりシコリがあるという意識があるから、気になっている分、
      ひだり側だけ凝るというのはあると思いますよ。
            でもそれは心配はないですよ。と言われ安心する。

手術説明は約35分くらいでした。

最後にS先生は、
この病気はあまり悪さをしない予後の良い癌ではあるけれど、
リンパ節には転移がわりと頻繁にあるので今回切除しても、再発は有り得ることや、
15年経ってから再発する人もいるので、長い期間(15年くらい)に渡って経過を診ていかなければならないことなどを話してくれました。

あとは「手術までの生活には制限はないので普通に過ごしてください」と言われて、
診察室を後にしました。
また、入院時にも再度詳しい手術説明がされるので、その時までに疑問や質問が出てきたら書き残しておいて訊こうと思っています。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2008年2月19日 (火)

手術前検査の結果

1月にしていた手術前検査 「頚部CT」 の結果が届いた。

一枚の紙に、

「頚部CTで腫瘤を認めますが、手術で安全に切除可能と考えます。
お大事にお過ごし下さい」

という検査報告が印字されていました。

やっぱり文字で 「腫瘤を認める」 というのを見ると、
改めて 「そうかぁ・・・」 と、一瞬だけど気が重くなるものだと思った。

シコリは、自分で触れるシコリ以外にもCTには写っていたのだろうか?

21日の午後に手術説明に行くので、しっかり話しを訊いてこようと思う。

そのほかは胸のレントゲンもしましたが、こちらは異常なしでした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2008年2月16日 (土)

別世界の肉でした。

昨日は部内での「お疲れ様会」 
場所は西麻布の焼肉屋(という感じではないですが)に決定。

この企画は部内の社員から持ち上がった話でしたが、部の上司は(副社長兼本部長)なので、上司が店決め&ごちそうをしてくれることに♪

外観はどこかの高級バーを思わせるような、一見目立たない重厚なつくり。
ここに何度も来ているようです(年収うん千万ですからねぇ~)
(私もそのくらい欲しー!!給料上がれ~!!)

で、その上司が連れて行ってくれた肉屋の刺身盛り合わせが、コレdownwardleft

Photo





レバー、心臓、タン、ユッケ、などなど6種類の盛り合わせ。
どれもきれいなピンクや赤みの色をしている。

タレも付いてきますが、
網の上に乗せた肉に塩をふって食べるここのお肉は、主に各国の塩でいただきます。
その数、何十種類もあるというから驚き!

今回は七種類のお塩が出てきました。
目の前の小さな囲炉裏風に備長炭が入れられると頬がかなり、熱い!!
(こんな熱さ、初めてです)
塩をふらずに、ユッケを食べてみる。
やさしい甘さで、とろけるぅ~  うっ、旨ーい!!

いろんな肉を塩をふって食べるが、塩の味と肉の甘さが絶妙。 

そのほか、1切れが昼の弁当並み(¥700)のお肉も!
いくら食べても脂っぽさが全くない!

こんなお肉もあるんだなー!と勉強になった。


お会計は6人で軽めに食べて?、ボトルワインや日本酒なども含め、
隣にいた男性社員によると・・・
「1万円札が12枚以上は出てましたょ」ということ  \(◎o◎)/!

また機会があればぜひ行ってみたいお店でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2008年2月11日 (月)

一人旅の終わり

一号館での目覚めはイマイチ・・・。

防音性がないので、話し声やいろんな音がうるさかった。

本陣も隣の声は筒抜けだけど、静かに過ごす人が多い。
ここ一号館は、声は筒抜け、トイレ・洗面所も別なので、出入りもうるさい。
おまけに階段と共用への通り道という部屋だったので、ほとんど眠れぬ一夜を過ごす・・・。

それでも、6時に起きて露天へ向った。spa

今日も雪は降ってくれなかったけれど、2時間ゆっくり湯に浸かる。

この温泉、源泉は透明で、空気に触れてにごると訊いた。
源泉をなめてみたら、これが甘くて驚いた!
不思議な感じ。 (洋服には硫黄のにおいがかなり強く付く)

さて、spa今回の一人旅、
寂しい部分もあったけど、けっこう楽しめた。
テレビも携帯もない静かな2日間は、いろんな発見?があった気がする。

特に自分の気持ちとか・・・。
必要なひとり旅だったのかな、と感じた。

今後も、病気を見守りつつ・・・健康になって、
来年も再来年も、ずっーと、この温泉に来たいと思う。

追記・・・
帰りはカップ酒のにごり酒を飲んで・・・bottle
グリーン車のリクライニングシートを完全に倒して熟睡。
最近、これがお決まりの帰りの姿になっている (^_^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

秘湯温泉2日目は1号館に宿泊

2月10日(日) cloud 曇り空の朝をむかえた。
これは雪が期待できるかもぉup

早々に、朝6時から2時間も混浴の露天風呂に浸かる。spa
湯けむりが立ちのぼる中、
乳白色の湯にゆっくり浸かる。気持ちいぃ~。 幸せだぁ~~。

湯の底からは、ところどころ熱い湯が湧き出ているけれど、
ぬるい所もあるので何時間でも浸かっていられる。
薄暗かった空も徐々に明るくなってきた頃、願っていた雪が降ってきた!

やっぱり来て良かったなあ~。 (ちょっと独りの寂しさも薄れてきた)

ここの雪見露天はほんとに風情がある。
宿の人も温かい。
今日は立ち寄り湯をしようと思っていたけど、
鶴の湯でゆっくり6つの湯を満喫しようと決めた。

湯に浸かり
本を読んだり、寝っ転がって
また湯に浸かり

はぁ~極楽~。

朝食後しばらくして部屋を移動。
2日目は宿の受付横の建物、一号館。 通された部屋は『楓』
囲炉裏はない。洗面所とトイレは共用。

部屋は川沿いで露天側に面している。
川の流れる音が心地よく、景観はこの宿の中では良い方だと思う。
(宿の前を流れるこの川をよく見てると、驚くほど澄んでいた!)

でもやっぱり私は、雰囲気が格別な 「本陣」 が好き。
囲炉裏があるし、炭やランプを灯しに来てくれる宿のおじさんと話せるのも、
本陣ならではのもの。

午後になると・・・・
降り積もるかと思っていた雪も止んでしまって、ガックリ。
残念に思いつつ露天へ行くために外へ出たときだった。

空を見てハッとした!
すっきりとした暗い夜空に、たくさんの星がキラキラ輝いていた!shine

何年ぶりだろう!
こんなに星がきれいに輝いている暗い夜空を見たのは・・・。night

遠く、どこまでも深く、真っ暗な夜空の中に輝く星を見ていると、
あの夜空の奥には無限に広がっている『宇宙』があるんだなぁ!とか。

雪降る風情も格別だけど、
晴れると、こんな神秘的な夜空を頭上にしながら至福の露天湯を体験できるとは・・・
新しい発見でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ひとり、本陣にて

リアルタイムで更新しようと思ったら宿は圏外だった。

2月9日(土) 秋田県の乳頭温泉 鶴の湯に来ました。spa

行きは盛岡まではほとんど雪はなし。
秋田に着いたらさすがに雪はあるものの快晴sunでした。
今日は雪は降ってくれそうにないなぁdown

でも今夜は、5棟しかない貴重な部屋『本陣』にひとり宿泊です!
贅沢だ~。
テレビも時計もない。携帯も圏外。
話し相手がいないので、常に静かです。

唯一、
温泉に浸かっているいるときに一緒になった人と少し会話をしたけど…
あとはずっーーと無言。(笑)

新幹線を降りてから一人旅をひしひしと感じました。

温泉までの路線バス→迎えのバスへと乗り継ぐ度に、カップルや家族、友人同士が次々に乗り込んできて一人者は私だけ…。
温泉に入っているとき以外のひとりの夕食、自分しかいない部屋・・・
なんか・・・・・静か過ぎる。

ふと、頭に浮かんだのは…

『自分が年寄りになったとき、伴侶も家族もなくなってひとりぼっちになったら、刺激がなくて寂しくてボケるかも…。ひとりは寂しいよなぁ…。』ということ。

秋田の秘湯にひとり
夕日が沈むと同時に気持ちも沈む。

ひとりだと心に哀愁感も忍び寄る。

もしかしたら、
孤独というのは、死よりも怖いものかもしれない。
ふと、そんなことを感じました。

ん~(>_<)
やっぱりひとりでの秘湯は暗くなるー?
いや、一人旅を楽しめてないだけか?!

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2008年2月 3日 (日)

何年ぶりかの大雪

snow今朝目が覚めたら、雪が7センチ近く積もっていました!
関東地方では、何年ぶりかの雪景色にちょっと嬉しくなりました!
でも雪がとても水っぽくて道路などがビチャビチャしていましたがdown

やっぱり、きれいな雪景色は雪国へ行かないと駄目ですねぇ・・・。
なので、雪景色と温泉を楽しみに、今週末は秋田の温泉へ行ってきます。
今回は昨年の2月、「もう一度ここに来たい!!」 と思ったお宿。
再度、その宿へ行くための準備を1年前からしていました。

行く日を決めて・・・
その日からさかのぼって、予約開始日に電話!(携帯と自宅の子機を使って)
(出勤の準備と重なったため、着替えや化粧などをしながらかけまくった!)
そして30分くらいして、ようやく繋がって予約ができました!

残念ながら人気の部屋(本陣)は、5棟しかないため普通の部屋しか取れず・・・。
でも取れただけでもラッキーです。(特に雪の季節の休日は)

今度の手術も、この旅行を外して手術日を決めたほど楽しみにしていた!
というのに・・・ 一人旅となった。 (>_<)

旅行まであと11日前! という時になって、彼の上司が・・・、
「3連休は全員出社してもらう」 とのお達しを出したというんです・・・<`ヘ´>

ひど過ぎる!!
いろんな準備と苦労して取った宿への旅行をたった一言で潰されるなんて!!
納得が行きませんが、仕方ない。

でも旅行は1人でも決行します。
一人でも楽しむぞ!!と決めたら、何だか楽しくなってきました!

昨日、宿に電話して1人になったことを伝え部屋を確認すると、
当初は取れなかった「本陣」のお部屋に空きが出たようで?
1泊目はそちらへ移してくれたようです。(希望を出していたため)
ラッキーだわ~!!

テレビもない宿なので、ゆっくり一人の時間がとれます。
そんな時もあってもいいかも!?
温泉に入って、秘湯のお宿を満喫しょ~っと!!!

| | コメント (10) | トラックバック (0)
|

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »