« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月の5件の記事

2008年1月25日 (金)

最近気になること

読売新聞に最近、喉と口にできる「がん」についての連載がありました。

その中で気になった文面。

「のどのがんでは早期にまったく症状がでないこともある。
がんになった時、次に起きるのが首のリンパ節への転移ということを理解しておきたい。(←これ確か?大橋巨泉さんがこんな症状だったとテレビで見たことあったような?)
首にこりこりとした小豆の粒のようなしこりができ、何週間もかけて徐々に大きくなる。
首のリンパ節は風邪をひいても腫れるが、1~2週間で引き、痛みがある。
一方、がんの転移には痛みはない。
のどの病巣がごく小さくても首に転移することがある。
大人で首のグリグリが消えないようなら耳鼻咽喉科か頭頸部外科などを受診してほしい」

というもの。

甲状腺がん全摘の手術をしているから声枯れや違和感はあるとしても・・・
首のしこり(乳頭がんの細胞があったと言われて手術予定)が気になる。

しこりを別にしても、
声のかすれ、声の出しにくさ、喉に物がつまるような感じ、
痰がからむ、イビキをかくなどなど・・・・

ちょっと気になる症状がある。

それらの症状が手術の合併症なのか、それとも・・・ (-_-;)

咽頭がん?
喘息??
無呼吸症候群??

症状があるのでつい、いろいろ考えてしまう。

甲状腺以外に喉や呼吸器に異常がないか?
近いうち、咽頭科と呼吸器科へ行ってこようと思っています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2008年1月20日 (日)

ついにゲット!

昨日の伊藤病院での待ち時間のあいだ、銀座へ走って行ってきました!
(もちろん、電車へ乗って行ってますが・・・(^_^;) その間、走った)

理由は・・・
午前中には売り切れてしまう 「堂島ロール」 をゲットするために!

実は主治医を代えてから・・・
待ち人数は変わらないのに、待ち時間は格段に以前より早いのです。
(つまり、前の主治医はいちばん会話をしている先生だという事実でしょうね)

さて、銀座へとりあえず堂島ロールの取り置きに走り、並ぶこと30分。
で、すぐさま病院へ戻って診察と検査を終えて、また銀座へ。

家に着いて、ようやくゲットした「堂島ロール」を開けました♪

↓ これが毎日12時過ぎには売り切れてしまう噂のロールケーキです。030_2さっそく食べてみることに・・・・













う~ん ・・・ こういう味かぁ。

生クリームは3種類を混ぜているらしいけど、

牛乳の風味があるクリームで濃厚ではなく軽いです。

牛乳をクリームにしたような感じ?で脂っぽさもなくスッキリしています。

クリーム好きの弟は、
「美味しかったよ、あんなにクリームあるのに脂っぽくない」と言ってました。

どちらかと言うと、前回購入したシンデレラロールの方が私は好きです。

買うための苦労に比べて。。何ともあっさり終わった試食でした (^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年1月19日 (土)

再手術するための手術前検査へ

今日は11月中旬以来の診察でした。

今日の検査は手術前の検査

採血(特に問題なし)
頸部CT(単純+造影)
生理機能検査(心電図と呼吸機能)

CT待ちをしていると、技師さんが来て訊きました。

「喘息ありますか?」

この間、アレルギー気管支炎と診断されて治療薬を飲んでいることを話すと、

「薬の名前はわかりますか?」

と聞かれたのですがその場で答えられなかったので、
かかっている呼吸器科のクリニックへ電話することに・・・。

呼吸器科へ電話すると・・・・
「あなたは喘息だと思いますから、造影剤は使わない方がいいです。
造影剤は喘息のある人だとすべての人ではないけれど、アナフィラキシーショック(アレルギー反応)が出て、検査中に呼吸が止まってしまう人もいるんですよ」

と、先生。

えーっ! こっわぁー (+o+)

でも、確か検査結果を聞きにいったときは 「喘息ですか?」 と訊いたとき、
「アレルギー性気管支炎でしょう」 と答えてたのに・・・
なのに、「あなたは喘息だと思います」 って断定に変わってました。

どうも信用ならないなぁ。

まぁ、検査して何かあるより、喘息だから使用しない方がいいと思ったのかな?

ともかく、今回は造影剤なしでCT検査をすることに。。。

技師さんいわく、

「アレルギー性気管支炎という病名が一番やっかいなんですょね。。
小さなクリニックではなくて、CTのある大きな病院の呼吸器科へ行って
喘息かどうかをハッキリさせておいたほうがいいですょ。
いろいろ検査に係わってくるのでね、」

と言われました。

昨年、突然起こった「咳(喘息?」が、検査や手術に大きな影響を及ぼすなんて、
思いも寄りませんでした。

| | コメント (4)
|

2008年1月14日 (月)

また行ってました♪

明治28年に建てられた 「法師乃湯」 群馬県・法師温泉

時代を感じさせる造りには、風情があり、ぬくもりもある。
こんな雰囲気は、まさしく時の流れが造りだせるものですね。
平成という時代を経ても、この造りはなんともお洒落です。

長い年月を刻んできたこの湯船に浸かっていると、不思議な気分になります。
ちょっとタイムスリップした感覚かな。

20081_042_2

 







↑中央付近に見えるのが入り口で、男性側。
   写真に写っていないけど、右側に女性の入り口がある。

   
すぐヨコにある四角いマス(ロッカーみたいな)のは、昔の脱衣所の面影。
昔は左右にある、この四角いところに着替えを入れていたそう。
(つまり湯船から着替えるところが丸見え状態だったようです)

20081_008_2

↑3つのランプだけで照らされた薄暗い4つの湯船は、丸太を半分に切った木で、 さらに8つの湯船になるように仕切られています。

ここは混浴で女性もバスタオルは巻いては入れません。
(24時間のうち2時間だけは女性専用になります) 


湯船の底には大小の石が敷き詰められていて、源泉がその下にあるそうです。

時折、ポコポコと湯が湧いてくるときの泡が上がってきます。
体に添ってコロコロと泡がすべってちょっとくすぐったいけれど、気持ち良い。

湧き出てくる温泉の泡 ↓ わかりますか??

20081_034













この宿は新館も増やしていますが、この湯と宿の玄関と本館は昔の面影が残っていて、ふだん、殺風景な景観の中にしか身を置けなくなっている者には感動がある。


先日行ったラグジュアリーな宿も良いですが、やっぱり、これぞ温泉!! かな。
「日本秘湯を守る宿」 ここもその1つ。
歴史ある宿の面影と湯をいつまでも守って行ってほしいと感じました。

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

2008年1月 5日 (土)

2008年 ★ 賀正

いつもブログを見てくださる皆さんへ☆

fuji明けましておめでとうございます。
みなさん、それぞれ良いお正月を迎えていることと思います。

昨年は健康面以外では何の変化も進歩もなくて・・・
彼とのことも、仕事面でもいろいろストレスがあった1年でした。

downそんな中、甲状腺に関しては、
術後からずっと気になっていた首のシコリが乳頭がんと言われ・・・
信頼していた主治医も代えるということになりました。
今年はそのシコリを切除するために3月に再手術。
やっぱり全身麻酔による手術なので、ちょっと憂鬱ですが、
毎日触ってしまう、このシコリを早く取り除いて安心したいと思っています。

spa話題は変わり、年末年始の旅行ですが、
2日の夜に、石川県(加賀温泉)から帰ってきました。

念願の雪は、行きの新幹線でいくつかのトンネルを抜けた「敦賀」辺りで、大雪!
まさにトンネルを抜けるとそこは突然の雪景色に変わり、大粒の雪が降っていました! 
雪景色に、思わず乗客達は 「わぁー!!」 という歓声♪
しかし、雪景色もそれを過ぎるとなくなって・・・
石川県は年末年始は大雪との天気予報でしたが雪も積もってないし、それほど寒くもなかったのでした (+o+)

でもある意味、大荒れとも言える?というヘンな天気で、
あられ、雷、雨、雪、晴れ間・・・というお天気が日に何度も繰り返された天候でした。
雪景色は楽しめなかったものの、料理は海の物、やっぱり美味しかったです!

3日からは、録画しておいた10時間時代劇やビデオを見ながら1人でゆったり、
大好きな日本酒とお節を食べながら過ごしています。

tv今年の時代劇、面白かった~! 泣けました (T_T) 
でも・・・吉宗役の中村雅俊さんは、どうしても中村雅俊さんという雰囲気が強くて・・・
なんか?違和感を感じたのは私だけでしょうか。

Img_0706

←これ、私の好きな 「景虎 にごり酒」

それでは 皆様、

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (18) | トラックバック (0)
|

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »