« ヨード制限の食事とは・・・ | トップページ | 最後の最後に気のゆるみが・・・ »

2007年7月12日 (木)

放射性ヨードカプセル服用

今朝、アイソトープ検査のためのカプセルを飲みに行ってきました。

10:30 到着 受付君を通すとすぐに採血へ
     10分くらい待って採血終了後、診察室前で待つ

優先的にすぐに診察室へ呼ばれて診察。

-------体調変化などについて話す--------

先生 :  あ、今日はアイソトープ検査でしたね。
      どうですか?
      薬を止めて、だるいとか疲れやすいなどの変化はありますか?

私 : はぃ。だるくなったり疲れやすいみたいです。
        あと、
       もともとむくみやすいんですけど、顔とかすごい浮腫むんですけど・・・。
       (アネゴは今、全身、特に顔や手の浮腫みがヒドイ(>_<) )

先生 : むくみも、薬を止めるとあります。
      やっぱりどうしても水分が溜まりやすくなっちゃうんですね。
      でも、検査が終わったらその日から薬を再開できますからね。

私 : あっ、それと寒さは感じないですょ。

先生 : 全く?

私 : はい。

先生 : 冷房が寒く感じないですか??

私 : ん~・・・感じないかなぁ? あっ、でも普段より汗をかかないみたいで
        快適なんですけど・・・ (^_^;)

先生 : それは機能低下症だなぁ。 

(そうなのかぁ・・・そしたら薬再開したら、この快適さはなくなって、
暑さと汗に悩まされる日々なんだなぁ・・・(>_<) と、思ったら気が重くなる)
       
      

食事制限はできてますか?

私 : はい。 野菜やフルーツばっかり食べてますけど・・・、
       他の病院やヨード制限を調べてみると、ここでは良いとされている鰹節も
       ダメという所とか、病院によってかなり違いがあるようですけど・・・
       大丈夫なんでしょうか?

先生 : (うなずく) 海の物をすべて制限すると食べる物がなくなっちゃうでしょ?
      鰹節でいえば、うち(ここの病院)では、薄めて使うもので大量摂取すること
      はないと考えてOKにしてますけどね。
      制限にしても、うちは1週間ですけど、2週間制限のところもあるし、
      外国では3日前からの制限しかないんですよ。

私 : えぇ~?3日ですか?!

先生 : (うなずく) 海外はヨードを含むものが少ないからでしょうね。

私 : でも、検査は大丈夫なんでしょうか?

先生 : そんなに検査には影響しませんから大丈夫ですょ。
            あと少しですから、食事制限、頑張ってくださいね。
      採血の結果はまだ出ていませんけど、大丈夫でしょう。
      土曜日に採血の結果を話しますね。

という事で、検査は終わり・・・アイソトープカプセルを飲むために地下へ!

待つこと10分くらい。

検査のためのカプセルを5つ(良くあるカプセルタイプの薬と同じサイズです)を
検査技師さんの前で飲まされる。

「今日はこれで終了です!土曜日は11時に来てくださいね」 と告げられて会計へ。


お会計 ¥3,680 
(胃が弱いので、胃腸薬を処方してもらった)

この日は、  in  10:30    out 11:30 という速さ。

でも眠かったので、待合室で45分くらい仮眠してから病院を出た。
それから病院近くのマックでランチ。

14:30の午後出社まで時間があったので渋谷などでショッピングして会社へ向いました。

|
|

« ヨード制限の食事とは・・・ | トップページ | 最後の最後に気のゆるみが・・・ »

コメント

まちあさん、コメントありがとう!!
治療と検査の違いは勉強になりました。
治療だと退院後も仕事には行けないんですかね?
って、それより新しい記事に大失敗談を書きました(T_T)もぉ情けないです。
笑ってやってください。
制限食はまちあさんの場合は主治医が放射線の専門医だから、その方言うのなら確実性がよくわかっているんじゃないかという感じがしますね。とにかく食べるものは確かになくなるけれど・・・制限するに越したことないですよね。

投稿: アネゴ | 2007年7月13日 (金) 23時21分

こんばんは。昨日、この記事を読んでから放射線科の主治医が鬼のようにしか思えなくなっている私です(笑)
今は何も考えないで献立考えて、作った後に考えるんです。今日食べれるものはご飯だけって日が意外にも多いんですよね(>_<)
1ヶ月となると家族までつきあわせるわけにはいきませんから別メニュー・・・はぁ。。考えただけで憂鬱です(>_<)
宅配があったらホントに助かりますよね。レトルトの1週間セットというのならあるようですが高いです(>_<)

横レスですが治療と検査の違いは簡単に言うと、治療にはI-131、検査にはI-123のカプセルを用います。ベータ線っていうのが入ってるか入ってないかの違いのようですが、利用する放射線の量が全然違うんです。
治療の場合、人を被爆させる量の放射線を飲みますから隔離の必要があるわけなんです。だから通院で治療というのは無理なんですよね。
退院してからも幼児や妊婦に近寄るなとかトイレの水は2回流すとか色々制限があるんですよ。これも私がお世話になる病院は他より厳しいです(>_<)

投稿: まちあ | 2007年7月13日 (金) 22時23分

まちあさん、こんばんは!ありがとうございます。
食事制限の度合いで治療にどのような差がでるのか・・・私には真実の程がわかりませんが・・。先生を信じるか、念のために食事制限を厳しくするか・・しかないですよね。
期間が1ヶ月だと今から慣らす方が楽ですね。決まったメニューを考えて、料理に使う調味料を作っておくとか。でも、私は1ヶ月だったら食事を宅配してもらいたい!!
まちあさんの場合は肺の、より確実な治療のためにも頑張ってくださいね!

投稿: アネゴ | 2007年7月13日 (金) 21時38分

miclanicさん、こんばんは!
私はアイソトープの治療ではなくて、検査なんです。
治療については詳しくしらないのですが、昨日ヨードを飲みに行った時に、入院している人が治療を受けていたので、たぶん入院して行うのだと思いますょ。
近くても毎日通うのは大変だし、食事がその間だけでも気を使わなくて済むから入院の方が楽ですよね。

投稿: アネゴ | 2007年7月13日 (金) 21時30分

複雑です(ーー;)
制限が違っても検査に影響しないんですか~!?
治療の場合はどうなんでしょうね?とっても気になります。
海の物一切ダメな私( ̄ー ̄; ヒヤリ
期間は1ヶ月( ̄ー ̄; ヒヤリ
治療の場合はやっぱり徹底的に制限した方が放射性ヨードの取り込みもよくなるでしょうし・・・
だから厳しい方が・・・
そう自分に言い聞かせるしかありませんね。肺に転移しているのは明らかですから。。。
半年先のこととはいえ、やっぱり今から制限食の練習しといた方がよさそうですね!?
アネゴさん、あと少し!影ながら応援してます!

投稿: まちあ | 2007年7月12日 (木) 23時30分

こんにちは、miclanicです。すみません、初歩的な質問ですがアネゴさんのアイソトープ治療は通院で出来るんですか?私は月曜日から金曜日退院の5日コースと言われているので…

投稿: miclanic | 2007年7月12日 (木) 23時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/158280/15738780

この記事へのトラックバック一覧です: 放射性ヨードカプセル服用:

« ヨード制限の食事とは・・・ | トップページ | 最後の最後に気のゆるみが・・・ »