« 2007年6月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年7月の10件の記事

2007年7月29日 (日)

甲状腺の治療と薬

NHKの「きょうの健康 7月号」に甲状腺の病気の薬という内容が載っていました。

勉強になったことがいくつかあったので引用しました。
* 答えているのは、東京女子医科大学大学院 教授 佐藤幹二氏、
   専門は甲状腺・副甲状腺疾患と紹介されています。

●甲状腺ホルモン薬について

製品名: ・チラーヂンS (一般名:レボチロキシンナトリウム T4)
      ・チロナミン   (一般名:リオチロニンナトリウム T3)
      ・乾燥甲状腺 

チラーヂンSは、
血液中に入ってから必要な量だけが肝臓や腎臓などで活性型甲状腺ホルモンのT3に変わるので、直接T3をとるより体にやさしい補充法といえるでしょう。効果も長時間続くので、1日1回の服用で済みます。

それに対して、
チロナミンは、最初から活性型のT3として体内に入り、甲状腺ホルモンとしての働きはT4の10倍ほど強力なので、効果が早く現れます。
ただし、効果は長時間続かず、1日2回飲まないとなかなかコントロールできません。

↑ これを読んで、今回自分が放射性ヨード検査前に、チラーヂンS に代わり、
   チロナミンに変えた理由が納得できた。

ちなみに、乾燥甲状腺はブタの甲状腺からつくられる薬だそうですが、
T3とT4の含有率が一定しないため、あまり使用されなくなっているそうです。

●チラーヂンSの用い方
服用量の目安 : 1日あたり、患者さんの体重1kgにつき、1.2~2μg が目安
(最初は少量から飲み始めて、血液中の甲状腺ホルモンやTSHなどの濃度を
調べながら徐々に量を増やしていき、必要な服用量を決めます)

●副作用・使用上の注意
副作用はほとんどなく、TSHの値が正常域にあれば、あまり変動もなく使える。
ただし、
鉄欠乏性貧血の治療に使う鉄剤や、胃炎や胃潰瘍の治療に使われる
「スクラルファート」、コレステロール値を下げる「コレスチラミン」などの薬は
併用するとT4の吸収が悪くなるので、注意が必要。

**************************************

↓ 以下はバセドウ病の放射線療法として載っていましたが、
   ヨード治療をした私が、勉強になった点もあったので、載せてみました。



「バセドウ病の治療で行われる放射線療法は、放射性ヨードの「131 I」のカプセル剤を内服するだけの簡単な治療法です。
日本でも最近、外来での使用量の制限が緩和されたため、外来でこの治療を受ける
人が増えています。
甲状腺の腫大が中程度までの人なら、通常1回の服用で治療が終わります。
甲状腺の腫大が強い場合には、2~3回繰り返すこともあります。

飲んだ131 Iが甲状腺に集まると、甲状腺は放射線を浴びた状態になり、
甲状腺ホルモンを合成・分泌する能力をしだいに失っていきます。

治療後半年くらいで、甲状腺の機能は正常になります。

その後も放射線の影響はじわじわと続くため、多くの人は10~20年後に
甲状腺機能低下症になってしまいます。

その場合は、甲状腺ホルモンの補充療法を行います」

*************************************


私の場合はすでに全摘しているので甲状腺ホルモンは補充していますが、
「放射線の影響はじわじわと何十年も続く」という事が、ちょっと恐ろしくもある話でした(+_+)

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2007年7月21日 (土)

体感温度が戻ってきた・・・(+o+)

チラージンを再開して、今日で6日目。
まだ全身のむくみはありますが、顔のむくみは少しよくなってきた感じです。
そして・・・恐れていたものが・・・・戻ってきたぁーー!!(>_<)
久々に晴れ間もあった今日。

暑いっ!!! 座っているだけで汗が出るょー!!(+o+)

そしてベタつく体・・・・もぅ本当に夏本番になるこれからが、とっても憂鬱です。

やっぱり湿度も感じなかったこれまでの期間は低下症だったからぁ~。
汗だけは元にもどって欲しくなかったょ~(>_<) (本音)
そして昨日、ヨードカプセルの件で病院の電話相談で確認したことがありました。

① 体の調子に関して(むくみ、眠気、だるさ、便秘等・・・・)
 検査が終わってチラージンを再開しても、即効性はないので1週間くらいは様子を見てほしい。あまり長く続くようなら一時的に薬を増やすこともできるけれど、安定してくればそれらの症状は治まってきますとのこと。

② アイソトープ検査当日に飲んだ治療のためのカプセルについて
今回、治療のために飲んだカプセルはヨードを取り込んだ甲状腺の細胞があったからで、それを残しておくと転移するかもしれないのでそれを破壊するため に治療で飲んでもらったもので、食事制限は2日間で大丈夫とのこと。
ヨードを取り込んだら、余分なヨードはそれ以上は取り込まないで主に尿から排出されると言っていた。(水などをたくさん飲んで排出させた方がいいみたい)
また取り込んだヨードは徐々に効果を発揮するので、経過は数ヶ月を要するらしいが、数ヶ月経ってから副作用が出る人もいるようなので、経過観察をするらしいですが、心配するほどでもない様です。 
*いのぶーさんに教えていただいた事と同じでしたね!

また、その経過観察中に効果を調べるための検査はないということ。
③ 溶岩浴などは大丈夫?

汗をかく、溶岩浴もヨガも大丈夫だと言われましたので・・・
ベタベタ汗からさらさら汗に変わるよう溶岩浴へ通いたいと思います♪

↓ 写真は私の病院のアイソトープ検査室前にあったものです。

私はたぶん、一番みぎ上のピンクと白のカプセルを4つ飲んだと思う。
でも・・・治療カプセルを飲んだときに渡された紙に書いてあった量と若干違うような気がする。

001_2

| | コメント (16) | トラックバック (0)
|

2007年7月16日 (月)

今日からヨード制限解禁!そして振り返ってみて・・・

いろいろハプニングもありましたが、無事に土曜日は検査を終えました。

そして土曜の検査後に、ヨードを取り込んでいた甲状腺を消失させるためのヨードカプセルを飲んで、今朝、食事制限が解禁されました!

でも・・・
土曜日に消失させるためのヨードカプセルを飲んで、
たったの2日間で治療ができるのかなぁ???と不安になって、
実際は夜の食事から解禁しました。
(まぁ、わずかですけど・・・(^_^;) 気休めですね)
ちゃんと治療カプセルの効果があるといいな!と思っています。

食事制限はたったの1週間だったけど、
ふだん食事を作らないし、働いている私には制限食が本当に大変でした!!

また、加工食品にはたくさんの添加物や調味料などなど・・・
見た目や味からはわからない意外なものや、たーっくさんの種類の味付けが
使われているという事も思い知らされました \(◎o◎)/!
いゃ~怖いですね!
何を混ぜられているか?・・・わかりませんよねぇ~。

でもこの1週間手作りで食事を作り続けていたら、
「今後も土日だけでも自分で作って食べようかな♪」
そう思うようになるくらいちょっと食事作るのが楽しくなってきていました。

それにこの1週間の平日ランチはお弁当だったので財布のお金が全然減らない!!
普段は1300円くらいは使っていましたから。
それはうれしかったですね。

 

そして今夜はこれからチラージンも再開します。
チラージンを止めたことで改めてわかったことは・・・

「甲状腺という臓器は代謝の臓器だったんだ」 ということですが・・・
私の場合は全摘したので・・・チラージンは大事な私の甲状腺薬。

臓器じゃないけど、なくてはならない薬という事を思い知らされました。
それは・・・
チラージンを止めてから全身(とくに手と顔)のむくみがひどかった。
あとは、便秘!
だるさや疲労感などは、仕事(事務職)が行けなくなる程ではなかったです。
休日はショッピングで歩きまわったりするくらいの元気はありました。
けれど、日々動きのある仕事だったらきついと思います。
階段の上がりは数段で足取りが重く感じて息切れはするし・・・、
夕方は疲れがいつもより強く出て、翌朝は体が重く辛かったです。

そして、先生が意外に不思議そうだった事は・・・寒さを感じない私の体でした。

 

会社の人に 「今日は雲っているけど、蒸すよね~」と汗をかいているのに、
この期間だけはハンカチは使わなかった程、サラッと涼しい顔で過ごしていました。
いつもなら、湿度にものすごく弱いので、「暑い!暑~い!!」と言いながら汗を拭いているのに・・・・です。
ということで、普段が異常なくらい暑さを感じる体のせいか?低下症になったときは
私は異常なくらいの「寒さ」は、全く感じることのない快適な日々だったのでした。

こんな人って、いるんでしょうかね???
また明日からは、汗をかかない快適さがなくなるのかと思うと・・・
唯一、それが憂鬱です・・・。

| | コメント (14) | トラックバック (0)
|

2007年7月15日 (日)

初めてのアイソトープ検査(診察編)

―検査が終わって主治医の診察(優先で呼ばれる)―

フィルムを見せてもらいながら説明。
(その前に、昆布入りせんべいを食べたことを話す)

先生: 少しなら影響しないから大丈夫ですょ。と言われる。

じゃぁ、さっきの検査の結果を説明しますね。

胃と腸は消化器官だから黒く写ってますね。
ここ(膀胱)も、取り込むところなので黒くなっていますが、大丈夫。
他の全身を見ると、骨や肺には取り込んでいるところはないので、
転移はしていないです。

そして、ここは首ですね。
ここを拡大した写真がこれですが、ちょっと黒くなっていて、
ヨードを取り込む甲状腺の細胞がまだ残っているようです。
(取り込み数値443がコレかぁ・・・と思う)
でもこれは、手術するほどのものではないので手術はしません。

でも、残っているこの細胞を消失させる治療のためのカプセルを、
今日飲んでもらって、あと2日間だけ食事制限を延期してもらおうと思うのですが、
良いですか?

と訊かれ・・・渋々飲んで帰ることにしました。

そして、ずっと術後から気になっていた首のシコリについては・・・
何だか先生にはちょっと放置気味にされている感じだったので訊いてみた。

私: 首のシコリがずっと気になるのですが、細胞診とか・・・
   検査は何もしないままですか?

先生: 薬を止めて大きくなったとか、小さくなったとかありましたか?

私: ないです。ずっと変わらない大きさみたいです。

先生: そしたら次回、何も変化がないようなら検査をしてみましょう。

・・・ということになったけど、もぉ、早くはっきりさせたい。

そして結果説明を終えて、治療用カプセルを飲むために再び地下へ。
今度はピンクと白のカプセルで覆われた治療用薬を4つ飲みました。
土曜~日曜までの2日間同じような制限食と注意事項で過ごすように言われ、
月曜からは「チラーヂンS  2錠」を再開してくださいと説明を受けて終了。

結局、せんべいはあまり検査に影響はなかった?ようで一安心でした。

―そしてお会計―

目安 : 検査費用 約25,000円
      治療カプセル 「131 I カプセル代」 約15,000円
     (外来Ablation(500MBq)

私の会計は、
検査代、治療用カプセル代、チラーヂンS(2ヶ月分)等を含めて 33,290円。

余談ですが、
地下へ行く途中、偶然にもCさん(同じ日に手術した子)と病院内でバッタリ!!
妹さんと自分の診察(気になるシコリがあるそう・・・)で来たようでした。
彼女はもぅ3回も手術してます。 これ以上彼女が手術しないで済みますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

初めてのアイソトープ検査(検査編)

気のゆるみから・・・(それも検査前日に)、
高級日高昆布が入っていた「おせんべい」を食べてしまった私・・・(>_<)

検査結果に影響をおよぼさないか??
先生に怒られるかも・・・(ToT)


そんな不安を抱えながら、検査のために病院へ向いました。

《 10:45 病院到着 》

―外来受付で昨夜の事を話す―

「放射線技師の方が詳しいのでそちらで話してみてください。そこで先生に連絡した方が良い場合は連絡くるので、それで判断すると思います」 とのこと。

― 地下検査室へ向う― 

予約制なので待たずに、部屋に入る。
放射腺技師に昨日の件を伝えると・・・

技師 : 食べたのは、カプセルを飲んだ後ですよね?
だったら、もぅカプセルのヨードを取り込んだ後だから大丈夫だと思いますょ。
ヨードの種類が違いますしね。

私 : 検査のやり直しする場合はあるんですか?

技師 : ありません。

私 : でも検査結果にどのくらい影響するのか心配で・・・

技師 : 検査してみないとわからないですけど、大丈夫だと思いますょ。

― という事で、検査開始―

* 放射性ヨードシンチグラム撮影の時間は約1時間。

最初の数分 → 座って首を何やら測る。
全身検査 → 検査台に仰向けになって手を固定され撮影開始。
            

★検査中はサザンの「ツナミ」オルゴール版が終始流されていた。
(寝心地がよくて、ついウトウト (-_-)zzz ) ベッドに寝ている時間は30分くらいかな?

1) 最初は上からの撮影で、機械が上から下へゆっくりと動いていく。
2) 今度は体の裏からの撮影で、下から上へゆっくり動いていく。
3) 次に、首だけの撮影。

ベッドでの撮影はこれで終了。

4) 次に、イスに座って首の辺りのヨード取り込みを測定する(443と出ていた)
  (取り込んでる細胞があるんだぁ・・・(>_<) とわかった)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年7月14日 (土)

全身アイソトープ(放射性ヨード)検査のこと

伊藤病院からもらった注意書き。

《 131全身アイソトープ(放射性ヨード)検査を受ける方へ》 *以下引です

下記事項に該当される方は検査ができない場合があります。
・妊娠中・妊娠の疑いがある
・授乳中

なぜこの検査(および再服用)が必要なのか

1. 甲状腺以外にヨードを取り込む細胞があるか調べます。
2. 手術後に残っている甲状腺細胞や甲状腺以外のヨードを取り込む細胞を
  消失させる。
3. 今後の治療方針を決定いたします。

検査を受けると起こる変化

1. 検査を行う上での副作用は特にありません。
2. 検査の準備段階で、薬が変わる事により気分が悪くなることがあります。
  2~3日しても改善しない場合は、薬を中止し主治医にご連絡ください。
3. ホルモン剤の変更・中止に伴い、気分不快、だるさ、疲労感などの症状がでる
  場合があります。
4. 放射性ヨードカプセルを服用されても、脱毛や放射腺障害を起こす危険は
  全くありません。
5. 放射性ヨードカプセルを服用後、胃腸の弱い方は若干胃がムカムカすることが
  ありますので、ご心配な方は胃薬の処方を希望してください。

検査用放射性ヨードカプセル服用までのご注意

1. 医師の指示に従い、薬の服用・中止期間を守ってください。
2. 検査1週間前から禁止事項に従ってください。
3. その他不明な点などは、お早めに医師にご相談ください。

検査用放射性ヨード服用後より検査終了(または指定された日)までの間のご注意

生活上ご注意
(ご家族を含めた周囲の方々への放射腺被ばく線量を最小限にして頂くための制限です)

1) 必要以上に出歩かないでください。
2) トイレ使用後(特に排尿後)は、よく水を流してください。
3) よく手を洗い(米とぎ・調理などもこれで心配ない)、清潔を心がけてください。
4) キスや性交、長い身体的接触は避けてください。
5) 子供さんや妊婦さんと接する時間は最小限にしてください。
6) 子供さんを長時間抱いたり、添い寝することは避けてください。
7) 自分が口に含んだものは子供さんに食べさせないでください。

* 放射性ヨード服用後は、男性は3ヶ月間、女性は4ヶ月間避妊してください。

最後に私の今日の制限食の一部を公開。

                
002_3
← 朝&昼   

食パン(ジャムなし)
チキン蒸し焼き
野菜炒め(オクラ・玉葱・ズッキーニ)
メロン、ヨーグルト、珈琲

003_3   

← おやつ

とうもろこし、カッテージチーズ
チェリー、ブルーベリー

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2007年7月13日 (金)

最後の最後に気のゆるみが・・・

いよいよ、明日は放射性ヨード検査の日!

いつもは同僚と外にランチに行っている私。
最初の2日は、同僚もお弁当買ってきたり、インドカレー屋さんなどに付き合ってくれたけど、その後は社内で1人ランチ。
たったの1週間だったけど、朝・昼・晩と、がんばった~!! あと少し!

今日も周りから誘惑のランチの匂いが漂う中 (>_<) 今日の私のランチは・・・

りんご1個、トマト1個、具なしの玄米蒸しパン1個
これだけ・・・(>_<) でも何とかお腹いっぱいになったようだった。

でも数時間後・・・・最悪な事態が! (+o+)

何と言っても、今日はあんな質素なランチです(+_+)
夕方17時頃になり、早くもお腹がかなり空いてきた。

そのとき!
1人の同僚が両国で有名な「あんこせんべい」をクライアントからもらったと言う事で、配りに来ていました。
私は少し前に、その子(制限事情は知ってる)に、「お腹空いちゃって~(+o+)」 
とこぼしていました。

その子は、そんな私にも 「これだったら食べられる??」 と
もってきてくれて・・・でも原材料を見ようとしたらもぅ包装紙がなくて確認できない。
一瞬、迷ったけれどもらうことにした。

1口サイズの塩味のせんべいに、あんこがのっている「あんこせんべい」
1つは揚げてある塩、もう1つは揚げてない塩(どちらも餡子のせ)
これだったら大丈夫だろう・・・とあまりの空腹に口に入れた。

ポンッ!  (おいし~い!)
もう1つ、ポン!と口に入れました。

・・・・・・・・それから不安に駆られた(-_-;)

このせんべい・・・大丈夫かな??? 
この前別の人にもらった全く別のせんべいの外袋に「昆布エキス」って書いてあったしな・・・)と、口の中に入れてから急激に不安に襲われました。

で、慌ててそのせんべい屋の電話を調べて電話をかけた。

私 : 今、そちらのあんこせんべいをもらったのですが、 このせんべいに昆布エキスとかは入っていますか?

奥さん : 「ヨードとかの事ですか?」 と妙に詳しい。
       
私 : そうです。

奥さん : えぇ~と・・・・・・・・・、入ってます。

私 : えっ!?入っているんですか?塩のせんべいなんですけど。

奥さん : ちょっと待ってくださいね。(と少し待たされる ドキドキ・・・)
電話口に再び奥さん。そして 「入ってます!」 と言った。

私 : へっ?? 血の気が引きそうになる (ToT)・・・ 
あのぉ・・・塩せんべいと餡子にですか!? (再度聞く)

奥さん : 餡子には入ってませんけど、うちは全てのせんべいに添加物なしだから、その分高級な日高昆布を入れてます。
でも、よく昆布が入っているなんてわかりましたねぇ(関心してる)

私 : そちらのせんべいじゃないけれど、昆布が入っているのを見たことあるんで。
それより、ヨードなんて詳しいですね。

奥さん : うちの主人が甲状腺なんで。  でも、うちの人も食べてますよ。

私 : 普段は食べていいんですけど、検査なので食べちゃいけないんです・・・。
入ってるんですよね (T_T) ? しつこい私。

奥さん : うちは添加物とか一切入ってないんで、その分高級昆布を入れてるんですよ。

(>_<) 添加物入れてないのと高級な日高昆布を使ってるのはわかりましたょ~(>_<)
そういう事じゃなくて・・・ (ToT) と、もぅ仕事どころではなくなってきた。

その後、即 伊藤病院へ電話!!

看護師 : 「のりが付いていなければ大丈夫です」

私 : でも、せんべい屋に聞いたら海苔は付いていなくても昆布エキスが
       入っていると言われたんですけど・・・(T_T)

看護師 : でも、もぅ食べちゃったんですよね?

私 : はぃ・・1口サイズのを2つ。

看護師 : そしたら今は先生がいないし、食べてしまったという事なので、
       明日、検査前に診察があるのでそこで先生に話してみてくれますか?

私 : わかりました・・・(T_T)

あぁ・・・・なんて事でしょう (>_<)

1週間、主に野菜と果物でひたすら耐えてがんばってきたというのに。
最後の最後で、こんなことになるなんてー!!
あー本当に情けない・・・。

あまりの空腹だとはいえ・・・・
これは明日で終わりだという「気のゆるみ」「食べたい!!」という欲求に
負けたってことです・・・(>_<)

あ・・・そうだ! 今日は13日の金曜日だ・・・
こんな形で来るなんて、やっぱり13日の金曜日って油断ならないんだな・・・
(と、いつの間にか頭が勝手に責任転換してる (+_+) )

もう一度、やり直しだったらお金も制限も増えるょ~(ToT)
皆さんも、せんべいには塩も醤油も食べないよう気をつけてください。
そして、空腹時に食べられるもの(アーモンドなど)を持ち歩いて、
私のような大失敗を防いでほしいと思います (ToT)/~~~

あぁ~、明日検査はできるのかわかりませんが・・・行ってきます (>_<)

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2007年7月12日 (木)

放射性ヨードカプセル服用

今朝、アイソトープ検査のためのカプセルを飲みに行ってきました。

10:30 到着 受付君を通すとすぐに採血へ
     10分くらい待って採血終了後、診察室前で待つ

優先的にすぐに診察室へ呼ばれて診察。

-------体調変化などについて話す--------

先生 :  あ、今日はアイソトープ検査でしたね。
      どうですか?
      薬を止めて、だるいとか疲れやすいなどの変化はありますか?

私 : はぃ。だるくなったり疲れやすいみたいです。
        あと、
       もともとむくみやすいんですけど、顔とかすごい浮腫むんですけど・・・。
       (アネゴは今、全身、特に顔や手の浮腫みがヒドイ(>_<) )

先生 : むくみも、薬を止めるとあります。
      やっぱりどうしても水分が溜まりやすくなっちゃうんですね。
      でも、検査が終わったらその日から薬を再開できますからね。

私 : あっ、それと寒さは感じないですょ。

先生 : 全く?

私 : はい。

先生 : 冷房が寒く感じないですか??

私 : ん~・・・感じないかなぁ? あっ、でも普段より汗をかかないみたいで
        快適なんですけど・・・ (^_^;)

先生 : それは機能低下症だなぁ。 

(そうなのかぁ・・・そしたら薬再開したら、この快適さはなくなって、
暑さと汗に悩まされる日々なんだなぁ・・・(>_<) と、思ったら気が重くなる)
       
      

食事制限はできてますか?

私 : はい。 野菜やフルーツばっかり食べてますけど・・・、
       他の病院やヨード制限を調べてみると、ここでは良いとされている鰹節も
       ダメという所とか、病院によってかなり違いがあるようですけど・・・
       大丈夫なんでしょうか?

先生 : (うなずく) 海の物をすべて制限すると食べる物がなくなっちゃうでしょ?
      鰹節でいえば、うち(ここの病院)では、薄めて使うもので大量摂取すること
      はないと考えてOKにしてますけどね。
      制限にしても、うちは1週間ですけど、2週間制限のところもあるし、
      外国では3日前からの制限しかないんですよ。

私 : えぇ~?3日ですか?!

先生 : (うなずく) 海外はヨードを含むものが少ないからでしょうね。

私 : でも、検査は大丈夫なんでしょうか?

先生 : そんなに検査には影響しませんから大丈夫ですょ。
            あと少しですから、食事制限、頑張ってくださいね。
      採血の結果はまだ出ていませんけど、大丈夫でしょう。
      土曜日に採血の結果を話しますね。

という事で、検査は終わり・・・アイソトープカプセルを飲むために地下へ!

待つこと10分くらい。

検査のためのカプセルを5つ(良くあるカプセルタイプの薬と同じサイズです)を
検査技師さんの前で飲まされる。

「今日はこれで終了です!土曜日は11時に来てくださいね」 と告げられて会計へ。


お会計 ¥3,680 
(胃が弱いので、胃腸薬を処方してもらった)

この日は、  in  10:30    out 11:30 という速さ。

でも眠かったので、待合室で45分くらい仮眠してから病院を出た。
それから病院近くのマックでランチ。

14:30の午後出社まで時間があったので渋谷などでショッピングして会社へ向いました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2007年7月 5日 (木)

ヨード制限の食事とは・・・

いろいろありますょ~ 制限が (+o+) !
今まで知らなかったけれど、身の回りにたっくさんある!

ここでちょっと

伊藤病院からもらったヨード制限食の内容を引用しています。
制限食は病院によって違うようですので、ご自分の病院・医師に従ってくださいね。

・・・・・・《 食品 》・・・・・・

絶対禁止品目 

《 昆布・海藻類 》
・ 昆布、海苔、ひじき、わかめ、もずく、天草など

《 昆布だし・昆布エキス・昆布汁が入った食品・飲料水 》
・ だし入り味噌、だし入り醤油、だし入りソース、すし酢、和風ドレッシング
・ 複合調味料、合わせ調味料
・ キムチ、インスタント味噌汁、カップ麺
・ ヨード卵
・ 昆布茶、十六茶、アクエリアス、その他「昆布エキス、昆布汁」の表示のある飲料水

絶対禁止外食
和食、すし、日本そば、おでん、ラーメン

大量摂取禁止食品
《一日一食を超える摂取や一度に一人前を越える摂取は禁止 》

・ 魚介類(たこ・いかも含む)およびその加工品
・ 甲殻類(えび、かに、うに)、魚卵(いくら、たらこ、数の子等)
・ テングサ加工品(寒天、ところてん、ようかん、ヨーグルト等)
・ 栄養補助食品(サプリメント)、成分不明(記載がない)の食品、飲料水

《迷いやすいが摂取可能なもの》
・ かつおだし、にぼし、鰹節、味の素
・ 味噌、醤油、酢、塩、みりん、ソース、ケチャップ、マヨネーズ、酒
・ 肉、卵、パン、野菜、くだもの
・ 外食する場合の洋食、ファーストフーズ(マクドナルド等)

・・・・・・《 薬剤 》・・・・・・

甲状腺剤 (チラージン、チロナミン)

《ヨードを含む薬》
・ ヨード丸、ヨードチンキ、ルゴール、イソジンガーグル(うがい薬)
・ 風邪、その他で他院(耳鼻科・歯科・皮膚科・内科・外科など)にかかる場合は
  ヨードを含まない薬を処方してもらうこと。 (薬局で薬を購入する場合も同様)
・ 漢方薬は、海藻成分・ヨードが含まれないことを確認


・・・・・・《 その他 》・・・・・・

《海藻成分の入った医薬品・医薬部外品等の使用》
・ パック、エステ、育毛剤、シャンプー&リンス、化粧品
・ ダイエット食品、ダイエット剤

ざっと、こーんなにあります!その後・・・
ブログで知り合った、いのぶーさんにも教えていただいたり、自分でも調べた結果、
「えっ!?こんな物にも?」 と思ったほど。
ほとんどの食材 (野菜や豆腐など)に、微量ながら含まれている。

他の病院のHPなどを見たが、
伊藤病院では摂取可能と書いてある鰹節なども他ではダメと書いてあったり、
もっと細かく指示をしている病院もありました。

病院によってこんなに違いがあっていいのでしょうか?
本当にこれで正確な検査ができるのでしょうか?
大きな疑問がわきます。

ただ完全に制限するとなると・・・絶食・・・。

これしか方法がないような気がします。

ん~ (>_<) 本当に参りました!

「もぉ~ 食べられるものがないじゃないょー (T_T)!!」 

普段ぜんぜん気にしていない事を注意するのと、考えるのが相当大変!!
特に私の場合は外食が含まれる時間があるので危険が多い。
どうしょ~・・・(>_<)

数日間、ストレスでほんと~に重い気持ちでした。そして、

考えることに疲れ果てた末に辿りついた食事内容は・・・

朝 : パンとコーヒー

昼 : パンとフルーツ、温野菜もりもり弁当

夜 : ごはん&カレー or トマト系パスタ、ヨーグルト、豆腐や豆系、
    コンソメやトマトで煮込んだ野菜など

そして、今日(7/5)から実行しています♪
私の場合はダイエットのつもりで乗り越えることにしました。

体調は、昨日と今日は疲労(だるさ)が強くて会社は少し遅れて出社しました。
薬の中止であるかもしれないとされた「寒さ」は、今日も感じず。
けれど、汗は普段より全然かかないくらいの快適な日々を過ごせています。
(でもこれは気温が低いのと湿度がないせいかもしれませんね?!)

| | コメント (10) | トラックバック (0)
|

2007年7月 1日 (日)

チラージンとチロナミンを中止して・・・

アイソトープ検査の準備のために、チラージンSからチロナミンに代えて飲んでいた
甲状腺の薬も、6/28に完全に中止した。

この間、体調の変化はどうかと言うと・・・
チロナミンもあと少しで終了という、6月25日と26日にちょっと体調がヘンだった。
ふわふわ感や脱力感、めまいみたいな症状があった。
(やっぱり・・・私は薬がないと生きられない体になったのかなぁ・・・)と思ったりした。

でも、それ以降は今日まで特になんとも変わりがない。

もしかしたら、連日の暑さと湿度で体がバテたのかな?という気もする。
かなり汗かいていたので軽い脱水症状だったのかも??

それに 「寒く感じる事もあるかもしれない」 とも聞いたけれど、
そんな事は未だ、なし。
こんなに蒸し暑い日々なので、少しは楽になって助かる!?と思っていたけど、
寒く感じないので、ちっとも助かってない。

とりあえず今日までは、それ以外の変化は感じることなく
湿度バテ以外は元気に過ごしています。

そして今日は、
7月5日からの食事制限に備えて食材を買いに行きました!


ん~、ムズカシイ (>_<) 

食材の裏をひとつひとつ確認して、食事内容の組み合わせを考える・・・・。
これが、むずかしい作業~(+_+) 
「○○酢とか、酵母とかは大丈夫かな? このウインナーは・・・?」と、
調味料に一々あれこれと悩まされる。
(けっこう、こうしてよく見ると何だか知らない添加物や調味料系があるものだ)
で、主に野菜と果物中心に、ときどきカレーやパスタにする食材になった。

そんな事をしていたら、スーパーで3時間も費やしていた!!(+o+)
疲れた~(+_+) 何だかフラフラになってきた。

あっ、そういえば!
今朝は食パン1枚にヨーグルト1個だけしか食べてなかった!(+_+)
そんなエネルギー源だけで、掃除、洗濯のあとに美容室へ行き・・・
スーパーで3時間回っていたので、フラフラにもなるわね・・・。

| | コメント (14) | トラックバック (0)
|

« 2007年6月 | トップページ | 2007年9月 »