« 傷痕とか・・・主治医のこととか・・・ | トップページ | 旅の途中で・・・ »

2007年6月20日 (水)

傷痕の経過を振り返ると・・・

先日、「傷跡の経過」 を読み直していた。

その時々の術後の状態を読み返してみると、
やっぱり1年くらいは色々な症状があったんだなぁ~と思い出す。
半年も過ぎると 「もぅ回復していいはず・・・」 と、つい思ってしまうけど、
今、過去を振り返ってみると、半年前はまだまだ首が腫れているのがわかる。

3ヶ月たったのに・・・   6ヶ月もたつのに・・・
と、その時々で 「まだ○○だ・・・」 と心配する自分がいた。

傷周辺の皮膚の硬さや麻痺と腫れ、首のくぼみ、たるみ、シワに加えて、
日々変わる傷跡、首の締め付け感とつっぱり、声枯れ、食べ物の飲み込みにくさや
喉への物のつかえ感、肩こり、疲労感、などなど・・・・。

診察のたびに 「まだ○○なんですけど・・・」 って、いつも先生に訴えていました。

そのたびに先生は 「まだ術後○ヶ月ですからね・・・」 と言いました。

が・・・・

やっぱり 「元に戻るのか??、大丈夫なのか??」 という気持ちになるものです。

彼が言うには、同じ日に手術した2人は術後数時間で起き上がっていたのに、
私はその日、(術後の痛み止めの影響もあると思いますが)とうとう起き上がれずに、
ずっと翌朝まで寝たきりだったのです。

でも、それはそうですよね??
何しろ、私は甲状腺全摘とひだりリンパ節切除の大手術!

1番目の人は片方の甲状腺だけ切除。
もう1人の子(先日一緒に食事をしたCさん)は、今回3度目の手術で片方のリンパ切除だったので、回復が早かった。
同室の中では、私がいちばん時間がかかったようでした。

1年たった今もまだ若干、皮膚の感覚が麻痺している部分があるような感じですが、
この 「感覚がもどる」 ということ1つ取ってみても、
「手術するという事」は、かなりの回復を要するものなんだという驚きと、大変さを実感しています。

見た目には1年前の出来事なんて無かったかのように、面影は1本の首に残った傷跡のみですが・・・、自分だけにしかわからない色々な違和感、不便さ、そして不安は、その傷跡からは想像できないものがあります。
傷が治って元気でも、まだまだ私は気が抜けません。

|
|

« 傷痕とか・・・主治医のこととか・・・ | トップページ | 旅の途中で・・・ »

コメント

まちあさん、はじめまして(^-^)コメントありがとうございます。
チラージンは少し前に止め、昨日まではチロナミンを飲んでいました。そして今朝からは完全に薬を止めて、検査が終わるまではチラージンを飲めません。
少し前に2日間程、体調が良くなかったのですが、今のところ変化は特に感じません。
まちあさんは年明けに治療されるんですね。治療、頑張ってくださいね。
私は今度の検査結果を見て今後の治療も決まるのかな?と思っています。
また日々の様子なども書きますので見てみてくださいね。

投稿: アネゴ | 2007年6月28日 (木) 21時05分

はじめまして。検索でこちらにたどり着きました。
私は乳頭癌で3月に手術しました。全摘、リンパ節は51個とり16個に転移がありました。
闘病記をうんうんと頷きながら、そして1年後を夢見ながら読ませていただきました。
ひとつお聞きしたいのですが、今、チラージンを中止していらっしゃるんですよね?低下症の症状はやっぱり出てますか?
私は遠隔転移(肺)がありますので年明けにアイソトープ治療を受ける予定です。1ヶ月のチラージン中止や食事制限を考えると今から憂鬱になってしまいます。
いきなり不躾な質問をして申し訳ありません。

投稿: まちあ | 2007年6月26日 (火) 22時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/158280/15491947

この記事へのトラックバック一覧です: 傷痕の経過を振り返ると・・・:

« 傷痕とか・・・主治医のこととか・・・ | トップページ | 旅の途中で・・・ »