« 掲示板☆11/26~ | トップページ | 術後、6ヶ月の傷跡 »

2006年12月10日 (日)

術後6ヶ月検査

2006年6月 甲状腺乳頭がんの手術をしてから半年経ちました。

前回の11月に行ったときは血液検査と超音波をしました。
その結果は・・・血液検査では特に異常はなしでしたが、
超音波では、術前にはなかった “右にもシコリがいくつかある” という結果でした。

そして今回の超音波では、その右のシコリは消えているという画像診断のようで、
先生は 首を傾げながらも 「シコリがない・・・ですね、消えたんですかね」 と、
ちょっと半信半疑に画像を見直しながら言いました。

私も半信半疑で素直には喜べないなぁ・・・(-_-;)
理由は2つ。
1・・・前回検査・診断した人と違う検査技師さんということ。
2・・・首全体をきちんと超音波していたけど、簡単に診ている感じがした。

と、そんな風に思ってしまうのは、
これまでの検査技師さんは、検査をしているときの画像を見る目に隙がなく厳しい感じで、超音波を当てるときも、隈なく念入りにする検査技師さんだったのです。

検査の様子だけで、そんな事を思うなんてオカシイかもしれません。
だからって、じゃぁ、前回の人の方が正しいと思うのか?と問われると、
それも、わかりません。
結局、画像の判断をどれだけ正確に判断できるか・・・という事でしょうが、
機器の限界やそれを見て判断する人の力は、いつも100%確実ものでもない?
という事も考えておかないとならないと私は思っています。

右にあった?シコリもきっと、検査を重ねて経過を見ていけばハッキリしてくると思うし、
定期的に経過を見てもらうのがやっぱり大事だと感じました。


そして、左には相変わらずシコリが2つあった。
先生: 「あると、気になっちゃうよね」

私: 「そうなんです、触れるから気になっちゃって・・・」

先生は私のその言葉にうなずいてくれていました。
何だか、そういう行動1つが、気持ちを分ってくれているようで嬉しいですね。
先生は触りながら「リンパだなぁ」と言っていましたが、これは様子見のようです。

そして最後に先生は 「心配ないですからね」 と言ってくれました。
次回は来年の3月上旬に血液検査と超音波です。

今回は診察の合間に、ちいさんとお会いしました(^^♪
ちいさんの落ち着いた雰囲気に、私はドキドキでした(~_~;)

|
|

« 掲示板☆11/26~ | トップページ | 術後、6ヶ月の傷跡 »

コメント

あすなろさん、こんばんは(^^)
シコリなど、触れたりする症状があると「気にしなくて大丈夫」と言われても、どうしても気になってしまいますよね。私も眠れないくらいのときもありました。でもしっかり経過や変化に注意していれば必要以上に心配しなくても大丈夫かな?と思っています(シコリを触るのはあまりよくないみたいですが)あすなろさんも変化を見守りながらあまり気にせず過ごしてくださいね。
タグふれんずではネコも飼っています。名前もついているんですょ~。クリックすると名前などが表示されます。

投稿: アネゴ | 2006年12月20日 (水) 22時22分

アネゴ様と同じような体験をしました。数日前の超音波(術後5か月くらい)では,甲状腺など異状なしでした。その後,左首をふと触ると,1~2センチメートルほどのしこりがしっかりありました。この夏,リンパ節転移で郭清の手術をしたあたりです。その日は,指がその部分にいって…とても眠れませんでした。月曜日になって行きつけの医師に診てもらうと,「確かにあるけど,健康な人にもあるし,まあ様子をみましょう,心配はないように思いますよ。」ということでした。灰色の部分も人間は持っていなくてはいけないんですね。アネゴ様のように,まだまだ炎症はあって,首が周辺の部分と一緒に動いているし…。それにしても,アネゴ様の傷跡はきれいですね。どんなお顔かしらと想像してしまいます。私など,まだテープを貼っているんです。タグを見るのが日課になりました。木が光り輝いているのは本当に素敵です。猫が花壇の下から出てきたのにはびっくりしました。また,6か月検査を書いていただき,とても参考になりました。いろいろ勝手なことを書いてごめんなさいね。感謝です。

投稿: あすなろ | 2006年12月19日 (火) 17時28分

kuwasan、初めまして(^^)コメントありがとうございます!
奥様の付き添いで、kuwasanご自身が甲状腺線種?と言われたのですか?
病名を言われると、ものすごく不安になりますよね。
詳しいことは診察してみないとわからないと思いますが、今後も参考になれば嬉しいです。またいつでもここに来てくださいね!明日の診察、混んでいると思いますが頑張ってください。

投稿: アネゴ | 2006年12月17日 (日) 17時55分

初めまして。甲状腺&伊藤病院で検索していて拝見しました。一気に読みました。
 私は15日妻の付き添いの積もりで行った脳ドックで甲状腺選腫と言われ、伊藤病院を紹介されました。その時、内診のお医者さんと看護士さんの表情が一変しましたね。
 明日18日初めて伊藤病院に出かけます。混雑情報参考になりました。すごいですね。これからよろしく。

投稿: kuwasan | 2006年12月17日 (日) 12時23分

あすなろさん、こんばんは(^.^)
最近は土日が忙しくて気功も溶岩浴も全然行かれてないのです・・。
和の気功なんてあるのですか?気功は声はあまり関係ないように思いますが、あすなろさんの目的が「声の出し方」ならば、声帯専門の方がいいのではないかと思いますょ。病院でも声のリハビリとかしているところがあるのではないかと思いますので、色んなキーワード(声帯・咽頭など)で探してみるといいかもしれません。

投稿: アネゴ | 2006年12月12日 (火) 22時22分

ちいさんへ♪
首は凝りだったんですね。枕専門店で首を測ってもらって試してみても良いかも!あとは肩や首のストレッチするとか・・。(これは私も実践してますが)

投稿: アネゴ | 2006年12月12日 (火) 22時11分

大アネゴさん、こんばんは!!
今思うと、術後3週間くらいはまだまだ首も腫れてたなぁと写真を見ると思います。
ようやく6ヶ月経ちましたが、癒着してるのは感じますょ。確か、ジョンソン&ジョンソンのホームページで手術などで切った皮膚が正常にもどるには1年かかると書いてありましたから、それだけ大変なことをしたんだなぁと思います。
定期的に検査をして経過を見ていれば心配はないと思いますょ。78歳のお婆ちゃんの様に病気と上手く付き合って行きたいですね。

投稿: アネゴ | 2006年12月12日 (火) 22時03分

8月20日のアネゴ様の「気功」も生活に取り入れようと思い立ち,そこに電話しますと,第一ステーション(?)は6時間(1日)で大筋を覚えられますとのこと。和の気功だそうで,将来は遠くに離れている人にでも気を伝えられるようになる,しかし,何年かかってもだめな人もいるということを聞きました。私は,「声の出し方」で学びたいと思っているので,どうしようかなあと考えているところです。お金も意外とかかるし,アネゴ様は難しかったそうなので,思案中です。声が出る最短距離のものがあれば,また教えてくださいね。

投稿: あすなろ | 2006年12月11日 (月) 23時51分

私こそアネゴさんはとっても優しくて素敵☆でどきどきしちゃいました♪

ほんとすごい混雑ぶりでしたね~・・・。
私は次は2ヵ月後です!
首の後ろが寝違えたようだったのはただの凝り(炎症)だったらしいです~。

投稿: ちい | 2006年12月11日 (月) 23時28分

術後6ヶ月検査無事終了よかったですね。私も
12月4日に行ってきました。カルシウムは1回
一錠になりました。でもチラージンと違って1日三回はちょっと面倒です。で次回は1月15日指定です。貴女の6月下旬の状態と同じで首のしめつけ、飲み込み時の違和感、声の出にくさに苦しんでいます。まだ術後3週間ちょっと、時のたつのをまつより仕方ありませんよね。私の場合年齢も50歳過ぎているしガンそのものは小さくても早々リンパに転移していて8月下旬申し込み結局は11月になりましたができたら10月にと言われたこと(皆さん半年とか待っていらっしゃるのですよね)、全摘、リンパも両方郭清されたことをを考えるとちょっと落ち込みそうになりますがとりあえずは早く元気になろうと考えています。貴女のように新たなしこりも気になりますよね。私の入院中に今回5回目の78歳のおばあちゃまがいらっしゃいました。40歳台から繰り返しているそうです。ちょっと複雑な気持ちでした。寒くなります風邪には気をつけましょうね。

投稿: 大アネゴ | 2006年12月11日 (月) 11時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/158280/12911131

この記事へのトラックバック一覧です: 術後6ヶ月検査:

« 掲示板☆11/26~ | トップページ | 術後、6ヶ月の傷跡 »