« 遠い昔の記憶 | トップページ | 自分だけじゃないよね・・・ »

2006年11月19日 (日)

不安と心配に占領されて・・・

先々週からの首の鈍い痛みに不安がまた顔を出してきて、週明けに再度、先生に電話していた。私の心配は、声は出ているものの、未だにガラガラしていることや、
首の鈍い痛みと腫れているような感じが、咽頭がんでは??という恐怖になっていた。

先生に電話で話したことは、
耳鼻科を紹介してほしいことや炎症反応だけではなく、腫瘍マーカー(これも完全ではないけど)も、毎回の血液検査項目に入れて経過をみたいという事だった。

それに対して先生は、
「まだ術後6ヶ月しか経ってないから、耳鼻科へ行っても「様子を見ましょう」ということになると思うし、それだけ声が出ていれば大丈夫だと思うんですけどね。心配なら木曜の午後ならうちでも耳鼻科が診れますから。
あと、ここに掛かる以前の病院の血液検査では、どんな炎症反応検査をしたのかわからないけれど、うちはちゃんと調べているから大丈夫」 という事だった。

全国から患者が来るほどの専門病院の先生だから、きっと私の執ような心配には気を悪くしたかもしれないけど、彼には消化不良になった気持ちを話していた。

「私はさ、しこりを4ヶ所で診てもらって、その時も血液の炎症反応や超音波もして「心配ない」って言われたんだよ!?
普通ならきっと、そこで安心するかもしれないけど、私は自分が納得できなくて5ヵ所目のS大学病院へ行った。
で、そこでよくよく調べたら「乳頭癌です」 って、言われたんだよ!?
で、今回手術して甲状腺を全部取ったのに、術後から左にシコリがあるし、今回は術前にはなかった右にもいくつかあるって言われ、しかも首は痛いし腫れているようだし・・・。

誰だって、そんな経緯もあった上に、そんな症状があったら心配で不安じゃない?!
だってさ、癌だょ?!
予後は良いといっても、未分化がんになる場合も100%ないとは言い切れないんだし、
父親の知り合いなんて、乳頭癌で亡くなってるんだから。

どんな検査にも限界はあるし、見てくれる医者にも左右されるんだ、って思うよ。

もちろん、I病院は専門だし、超音波検査だって他にないくらい念入りだから安心はしてるよ、先生も患者の言葉に耳を傾けてくれるしね。
だから、心配ないとは思っているんだけど、
初めてシコリで病院へ行ったあのとき、
自分自身が体の異変を感じながらも、完全に医者任せにしたままで
あの病院へ行き続けていたらどうなっていたと思う?!
それで病気の発見が遅れたり、診断が間違ったりして手遅れになっても
誰も私の命の保障なんてしてくれないよ!

最初にそういう疑心になるような病院巡りを経験しちゃったから、
今の私には自分の体の状態や命に関わる安心を、100%、検査や人任せだけには
できないんだよ。
こんな気持ち、きっと○○先生と言えどもわからないんだよね。
自分がガンだと言われた人しかわからないんだよ。きっと。」

と、思いっ切りネガティブにハマっていた先週、そんな心の内を一気に機関銃のごとく彼に吐き出していた。
最初に告知されたときにもなかった状況に、自分でもどうしたんだろう・・・と思った。

翌朝、
穏やかな天気の中、仕事へ行くために駅に向って歩いていたとき、
何だかちょっと気持ちがすっきりしていることに気づいた。

甲状腺乳頭がんのリンパへの転移はよく見られることだと承知の事とは言え、
『絶対に転移させたくない、』と、強く思っていただけに、
今回のこの自分の結果が納得できず、許せなかったのかもしれない。
しかも、
免疫力を高めよう、食事に気をつけよう、体温を上げよう、と、
自分なりにやってきたのに(努力は足りなかったけど)・・・何でシコリができるの?!!という納得できない思いもあった。


そして夜、
何気なく見ていたオーラの泉で江原さんが言っていた言葉に、ハッとした。
自分も、肩や気持ちに力が入り過ぎていたことに気づいた。
(耳鼻科へは念のために行く予定ではいるけれど)
そんなに力を入れて自分で自分を締め付けないで、
ちょっと肩の力を抜いてみよう・・・。

どんどん力を入れて内に入り込んだら暗闇しか見えなくなってくる。
余計に考えても、悩んでも、心配し過ぎても、仕方ないんだ。

力を抜いたら、
必要以上に心に占領していた余計な恐怖が、出て行った気がした。

|
|

« 遠い昔の記憶 | トップページ | 自分だけじゃないよね・・・ »

コメント

JUUさん、お久しぶりです、こんにちは!
私も「手術をしたら終わり」というくらいに思うことにしていたのに・・今後も何度もこんな繰り返しか???って、ちょっと始まり?を見たようで、一番初めに告知されたときとは、また違う気持ちを受けてしまったんですよね(>_<)
本当に、考えてしまうほどに、とてつもない不安になりますよね。健康なときは思いもしない恐怖がこんなに支配するなんて。
でも、皆さんのコメントが私だけでなくJUUさんも気持ちも少し楽にしてくれたようで良かったなぁと嬉しい気持ちです。
これから手術ということですが、がんばってくださいね!無事終わるように祈ってます。

投稿: アネゴ | 2006年11月23日 (木) 15時59分

まゆさん、こんにちは(^.^)
コメント、ありがとうございます。
程度は違っても、気になることや心配は皆、同じように抱えているんですよね。
まゆさんも、心配が強くなる日もあると思いますが、そんなときは書込みしてくださいね。
同じ気持ちを言い合うことで、キツクなってしまった気持ちを一緒に楽にしましょうね。

投稿: アネゴ | 2006年11月23日 (木) 15時33分

美緒さん、こんにちは!
コメントありがとうございます!
私も全摘です。検査結果は毎回ドキドキしますよね。今回も、超音波の検査技師さん(女性ですが、微笑みが全くなくて、ちょっと怖い顔)なので、それだけでも患者としては不安になりますね(>_<)そのくらい命に関わるかもしれない病気になったら「そんな事さえも」怖いものです。
でも、皆さんと色々こうして話せることは本当に一番励まされるし、1人で恐怖にどうにもならない状況にならないことも大事だなぁ、と思いました。

投稿: アネゴ | 2006年11月23日 (木) 15時13分

いのぶーさん、こんにちは。
術後でご自身が大変なときに、心強い励ましのコメントを本当にありがとうございます。
「リンパ節転移があっても、大丈夫!経過観察もよし、切除してもよし」という言葉に気持ちが楽になりました。経験者の人ほど心強い言葉はないです!
不安はみんな一緒ですね。恐怖に支配されないよう、負けないで皆と一緒にがんばって行きたいと思います。

投稿: アネゴ | 2006年11月23日 (木) 14時58分

ちいさん、こんにちは!
コメントありがとうございます!
私も、不安は抱えながら過ごしていくんだろうって、思います。でも「これも私の運命なんだなぁ」って、開き直るというか、受止めるしかないなぁ・・と。
ちいさんは、病気のこと以外でもずっと抱えてる悩みがあるという事ですが、私もずっーと抱えている悩みがあるので、悩みは違うにしても、ちいさんの心の状態は少しわかります。
私も薬がなくなるので、12月の2日か9日の午前に行く予定ですょ!

投稿: アネゴ | 2006年11月23日 (木) 14時48分

ふーこさん、お久しぶりです!こんにちは。
コメント嬉しいです!!(>_<)ありがとうございます。
ふーこさんは私の少し前に手術でしたね。ホント、色々似てますね(^^)
リンパが腫れていろんな科へかかったというのは、今の私と同じようにとても不安だったと思いますが、お元気な様子で嬉しいです(^.^)
私も先生には「耳鼻科へ行っても様子見になると思いますょ」と言われたので、行こうかどうしようか迷っています・・。
ふーこさんはPET-CTで早期発見だったんですね。最新検査ですね!(PET-CTは知っていますょ)高いけど1度は全身検査してみるのもいいかもしれませんよね。
私は首の傷を会社の女の子に「首のシワみたいだから目立たないよ!」って(-_-;)言われて・・・全然、うれしくなかったなー(+_+)


投稿: アネゴ | 2006年11月23日 (木) 14時22分

お久しぶりです。

これから手術を受けますが、アネゴさんの気持ちがすごく分かります。
私の場合アネゴさんと違い首ではなく胸の真ん中の骨の下にある肺門リンパ節が腫れていて転移かどうか微妙…と言われています。甲状腺の手術をし悪い所をとったらゴールと思っていたのがゴールが見えなくなった気がしたり、このリンパ節の腫れは他の癌からきているのかも…と、とてつもない不安に襲われました。今でも急に不安になる時もあります。

アネゴさんの気持ちやみなさんのコメントを読ませていただいて改めて不安な思いを抱いているのは私だけではない…と感じました。私も肩の力を抜いて自分の体と向き合っていきたいと思います。そして一緒に不安な気持ちを少しでも吹き飛ばしましょう☆


投稿: JUU | 2006年11月22日 (水) 00時26分

私もみんなと同じで
ちょっとでも今までなかった痛みや
変な感覚があると再発??転移??って一気に不安になります。
手術後1年経った時の検査で肺にリンパ節が出来てるって言われたり
残ってる左の甲状腺のところが痛くなったり・・
アネゴさんと同じく
健康に気をつけ、免疫力を上げるよう、体温を上げるよう頑張ってるのになんで??って感じです。
からだに悪いことなんて全然してないのに(+。+)

あまり考えすぎてはいけないと思うけど
やっぱり心配ですよね^^
自分だけではなくみんなも不安な気持ちを
抱えてるんだよね!?
ここで本心を言えるって心強いです。

投稿: まゆ | 2006年11月21日 (火) 22時06分

私は比較的軽いっていうか、ガンが小さかったようなので
今は気になるところは傷跡くらいですが…。
でもやはり血液検査のたびに怖いですよ。
私は全摘なので血液検査で再発はすぐわかるはずです。
先生も私は軽いと思ってらっしゃるのか、あまり触診もないし。
不安ですよ、ガンだもん!だって悪かったら死ぬんですよー。
私の退院の前の日に8年前に乳癌の手術して再発した人が入院してきたし…。
みんなでそういう心を出して励ましあえたらいいですね。

投稿: 未緒 | 2006年11月21日 (火) 20時07分

アネゴさん、私のアドレスの確認ができましたら、消してください。
アネゴさんの焦る気持ち、わかります。
でもね、私は再手術しました。これは病理の結果を診てみないと白か黒かわかりません。
みおママさんも、8個中1個のみ癌だったし、私もこの2個がどうなるのか?明日の診察で聞いてきますね。
大きな声で言います。
リンパ節転移があっても、大丈夫!
経過観察もよし、切除してもよし。
私はリンパ節の腫れ以外に、首の筋肉が硬直して腫れている部分があります。首の中で何かがぴくぴくしている感覚もあります。
それを全部病的に考えると、本当にそうなりそうで怖い時も正直あります。不安は皆一緒!
それに支配されないよう、負けないようにしましょうね。

投稿: いのぶー | 2006年11月21日 (火) 18時07分

私も気持ち分かります・・・。
最初の病院では良性だって言われていたし、なんだか病院ってそんなに結果が違うのか??って思っちゃいました。
自分はガンになりやすいんじゃないか、と思ったり、ちょっとしたことでも心配になって病院に行ったり。

たぶんずっとこの不安は抱えながら過ごしていくんだろうな、と思います。
「余計に考えても、悩んでも、心配し過ぎても、仕方ないんだ。」
って心に響きました。

病気のこと以外でもずっと抱えてる悩みがあって、でもそれは私だけではどうしようもないことで。
不安になって心配で前が見えなくて私も彼とぶつかったりします。

でも気負いすぎず、自然に生きていきたいと思います。

あ、そうそう私も来月頭また病院行きますよ~♪
薬なくなっちゃうので。
主治医が土曜午前なので、土曜ならお会いできたりするかも?ですね!

投稿: ちい | 2006年11月21日 (火) 00時55分

どうも、お久しぶりです。
5月末手術で甲状腺を全摘した、ふーこと申します。
貴女の言っていること痛いほどわかります、で書き込まずにはいられなくなって、でてきました。
しっかりしてるけど、ほっとかないでね
頼りになるけど、甘えたいときもあるのよ
っていいたいときありませんか?
私も実は2週間ほど前、右のリンパ節が腫れて、耳鼻科、甲状腺、呼吸器科にかかりました。
不安で医者に不信感抱いたり、彼氏に不安ぶちまけたりと似てますね(^^)
結果はやっぱりリンパ節は腫れてました。
超音波の画像で見えたのですが、体調不良や風邪の初期からもこんな風になるので抗生物質を飲んで1ヵ月後比べて、心配ならその時、細胞検査しましょうといわれました。
あと、気にしていじるとまた大きくなるから、またそうなったら、癌はそんな急に成長しないですといわれました。
そもそも私の場合、最初に癌と断定できたのは、PET-CTを受けたからなのです。料金は10万円以上ですが、こちらも一度しらべてみてはいかがでしょうか?
首の傷、めだたなくなったね、ほとんどしわみたいだから・・・って彼氏に言われました。嬉しくない私です(> <)

投稿: ふーこ | 2006年11月21日 (火) 00時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/158280/12726660

この記事へのトラックバック一覧です: 不安と心配に占領されて・・・:

« 遠い昔の記憶 | トップページ | 自分だけじゃないよね・・・ »