« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月の6件の記事

2006年8月27日 (日)

掲示板☆8/27~

ほとんどの人は、夏休みを終えられていることと思いますが、
私は、8/29から、ようやく夏休みです!

今年も、また静岡県の伊豆に行ってきます♪
(日焼けしちゃぁ、行けないのに・・・海へ行く私・・・)

でも、このところだいぶ気温が落ち着いてきて、涼しいですから・・・
日焼けはそれほど心配ないかな?
でも、ちょっと海に行くから晴れて欲しい気もするなぁ~。

★ お知らせ ★
今日、ブログ名を変更いたしました。
「甲状腺がん~アネゴの七転び八起き」です。
これからもよろしくお願いします m(__)m 

| | コメント (21) | トラックバック (0)
|

2006年8月20日 (日)

気功をしてみた!

入会しているスパで気功を体験してみました。

まったく気功の知識がないので、初めて聞くポーズやツボの説明がちょっと難しく、
呼吸も意識して行うのでかなり頭の理解が大変でした (+o+)

呼吸が体の隅々に行き渡るような意識をして~呼吸する。
気は・・・
手のひらの真ん中から集め、
おヘソの下の丹田(たんでん)という所に溜まる。
そして、足の裏から地面に気を出す。

というような説明を受けましたが、同時に呼吸やポーズの説明も入るので、
頭の中が混乱し、あまり理解できず・・・(>_<) 
(先生いわく、「気功は頭を使います」ということ)

また、気というのは「その気になることが大切」だそうで、
気功を続けて変化を感じるのは半年から1年くらいかかるとか。
でも、先生の周りでは、
「調子がよくなったとか、病気が再発しない」などの話が聞かれるそうで、
続けることで、「NK(ナチュラルキラー)細胞が活性化しますょ」とも言っておりました。

シャワーを浴びたあとに、気功で一緒だった方に声を掛けられ・・・
その女性は病気なので気功を始めたと話してくれました。
私も、自分が甲状腺がんで手術したことを話すと、
その人は、4年前に乳がんで手術したということでした。
「一緒に頑張りましょうね」と言われ、嬉しい出会いもありました。


ただし、気功は1回、60分ではとても理解も効果の実感もわかりません。
でも、「再発してない」という話しを聞くと、ちょっとこれは最低1年は続けて見なければ!!と思いました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2006年8月14日 (月)

みんなの掲示板☆8/14~

昨日、本の紹介をしましたが、一部の表現を書き直しました。
ピンク部分の辺りですm(__)m

その他、昨日はカテゴリーの整理や過去の記事などに手を加えたりしていました。
(記事を探す際に、少しわかりやすくなるといいなと思っています)
今後もタイトルを変える日までは、ちょこちょこ編集してます。
また、「旅行の記事」も、ここから別のブログへ移したのですが・・・
編集中なので終わり次第、宣伝したいと思いま~すm(__)m

(みおママさん♪旅行記事を楽しみにしていたと言ってくださって、ありがとうございます(T_T) とっても嬉しいです!!)

あとは、サイドバーのパーツを少し減らしてみたのですが・・・
少しは軽くなったでしょうか??
これまであったパーツは旅行ブログのほうに付けていて・・・
まだ、1人のコメントもないそのブログで・・・1人密かにリヴリーという新しいペットを飼ってお世話を楽しんでおりま~す (^^♪

| | コメント (9) | トラックバック (0)
|

2006年8月13日 (日)

できるだけリラックスして生活したい

以前、私の代わりに東銀座で開かれていた「免疫力で癌と戦う」の講演へ行ってくれた彼が、その講演でもらってきた本の名前をブログで紹介しました。

その本を読んで、私も変わらなきゃという気持ちに。

がん細胞は毎日誰の体にもできているっていうのは聞いたことあると思います。
その数は1日に3つという説から数千とかっていう人もいます。
自分の細胞が傷ついて修復できなくなったのが、がんになるそうです。
それでもがんにならない人や、なっても治ってしまう人もいるという事実。

マウスの実験でも、発がんさせる時は、がん細胞を100万個も注射しなければならないそうです。
1,000個や2,000個ではリンパ球に簡単にやっつけられて発がんしないというのです。
そんな「がん」を退治するのにも、病院でできる治療には限界があります。
手術をして腫瘍を取ったあとは、再発しないように願って過ごす。


それ以外に、自分が自分の体にできることはないか?

この本を読んで思ったわけなのです。
巷にはがんに関する本や免疫力や代替療法など、たくさん溢れていますが、
この本は実際にがんが治った大勢の人達を取材した人が、治った人の実例を紹介しながら、メンタルな部分の重要性を書いています。

その本の「あとがき」から、抜粋したものをここに書きます。
書籍名 希望のがん治療  (サイドバーでも本を紹介しています)

「かつては私も、がんは切って治らなければ、あきらめるしかない。そう思い込んでいた。出会った誰もが教えてくれたのは、がんはすぐれてメンタルな病気であり、治すのに何よりも必要なのは明るく前向きな心で、最後に治す力は自分自身の中にある、ということだった。
むろん、それですべてのがんが治るわけではない。
しかし、そのように対処すれば、がんはしばしば成長を止め、宿主と共存し、ときにはあっさり消えてしまうという事もまた事実なのである。

この本は、現代医療を離れて、あるいは現代医療と代替医療をともに取り入れながら、がんを乗り越えようと努めている多くの患者や元患者、そしてこうした人々を支援する医師や治療家のみなさんの証言によってできている。」

何よりも、この本に書かれた体験談には元気をもらいました。
そしてこの本は、まず、自分を見つめ直すことや立ち止まって考えるきっかけを与えてくれたように思います。
そして、
何でもいいからとにかく何かしてみようと、自分を見直さずには居られなりました。

私は実際、自律神経も乱れているようだし・・・
アロマセラピストからはマッサージ後に、「体の芯から冷えを感じる」といわれました。
がんが発覚する前には、医者から「免疫力が落ちている」とも言われました。

そして、これまでの自分を振り返ってみると・・・
22才の頃から18年間、いろんな悩みを抱えていて常に強いストレスを感じていましたし、病気になったとき、「まさか自分が!?と思いましたが、次に、やっぱりね・・・」と、思ってしまうストレスフルな日々と性格?だったのです。
簡単にはいかないかもしれないけれど、でも今、何よりもストレスを溜めないようにして、「これをしてみよう!」と思ったことはしてみようと思っています。

今の所はそれが、溶岩浴だったり、旅行だったりするのですが、
自分が楽しくて気持ちいいことを見つけて、リラックスをするということを取り入れていきたいなぁと思っています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2006年8月 9日 (水)

みんなの掲示板☆8/10~

夏バテして会社を2日間も休んでしまいました(+o+)
また明日から暑くなるようで体力が心配ですが、仕事がんばらなきゃ~。

皆さんは夏バテしてませんか?
熱中症は家の中でも起こりますから、喉が渇いたなぁ~と思う前に、水分を十分取るようにしましょう~。
(水だけでなく、ビタミンCや麦茶なども摂るといいですょ)

| | コメント (20) | トラックバック (0)
|

2006年8月 5日 (土)

傷跡・術後2ヶ月目

今年の6月5日の手術から、8月5日で2ヶ月経ちました。

写真は光があたっているせいか、あまり目立ちませんが、
実際の傷跡は写真よりちょっと濃いピンク色なので、まだわかります。

_005

2ヶ月過ぎた今の症状は・・・

① シコリが首にある
② 傷口周辺の皮膚が伸びにくい
③ 左リンパ郭清した部分の腫れあり
④ 手術した範囲の皮膚感覚麻痺がまだある
⑤ ときどき食べ物が喉に引っ掛っている感じがする
⑥ 首の締め付け感は時々感じる(でも以前ほど強くはない感じ)
⑦ 声枯れは多少あるが、喋り過ぎたりちょっと大声で話すと、その後に声枯れする

*手術した皮膚が元の正常な状態に戻るには6ヵ月~1年かかるそうです

先週からフルタイム(月~金、9:30~18:30)で働きはじめました。
通勤は片道1時間半。
仕事はデスクワークでパソコンを使用する事務です。

体調は疲れやすいとかはあまり感じない1週間でした。
ちょっとした変化としては、肩こりが先週から殆ど感じなくなったことかな?

肩こり改善に、思い当たることがあるとしたら・・・
佐藤製薬の「ユンケルECプラス」というビタミン剤を寝る前に飲んでいる事かな?
(これはいつもコメント下さる、美緒さんから教えてもらいました(^^♪)

種類がいくつかあるようですが、私はECプラスの顆粒(オレンジ味)の物です。
1箱の半分を飲み終わった頃から 「あれっ?肩軽いな。凝ってないなぁ?」と、感じ始めました♪
実際に「肩こり、しみ・そばかす、手足の冷えに」と書いてありますが、特に肩の運動とかしている訳ではないので、これが効いているのかなぁ?と思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »