« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月の9件の記事

2006年7月28日 (金)

誤診は日常茶飯事?

私は、甲状腺乳頭癌の唯一の症状である 「しこり」 を、4ヶ所の医者に「良性で心配なし」と誤診され、発見が遅れたことが悔やまれますが、先日は友人の看護師Hさんにこんな出来事が起こりました。

深夜、寝ているときに急な胸痛に襲われたHさんは近くの循環器内科へ受診。
診断結果は「心臓の太い血管が疲労やストレスでケイレンしている」と言われたそうです。でもその診断に、どうも納得できなかった彼女は別の循環器に再度受診。
すると、そこでの診断結果は 「助骨骨折」 だったそうです。

助骨はもろいから、咳やくしゃみでも折れてしまう事があるそうなのですが・・・
今回は診断結果が大したことなくて良かったものの、誤診ですよね。

以前、新聞(読売)でも怖~い誤診の記事が載っていました。 
そこには・・・

突然、動くと激痛が走り、起き上がるのもつらい腰痛に襲われたAさん。
医師から「MRI検査の結果、背骨の一部に悪性の腫瘍の疑いがある」と診断。
思わぬ診断に、別の病院の専門医にかかったら・・・

そこでは、
「確かに悪性の疑いもあるが、手術は大手術で危険が伴う」という事で、
「MRIだけでなく、もう少し精密な検査を行ってはどうか」との提案を受けて、局所麻酔で背骨に針を刺して骨のかけらを採取。
その結果、「圧迫骨折」だったそうです。
もちろん、治療は当初の大手術ではなく、コルセットで腰を安定するだけで約1ヶ月後には痛みも薄れて退院となったということ。
これは凄い、誤診ですよね。

医者とは言え、神様ではないのだからこんな事もあるんでしょうが・・・
もし手術していたら、QOLはどうなっていたのか怖いなぁと思いました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

みんなの掲示板☆7/28~

そろそろ関東地方も梅雨明けしそうです。
暑くなってくると傷の日焼け防止は辛いですね(>_<)

テープも、まだ頑張って貼ろうと思います。
3ヶ月以降はテープを貼ってもあまり変化はないということなので、それまでの辛抱です。

| | コメント (20) | トラックバック (0)
|

2006年7月20日 (木)

みんなの掲示板☆7/20~

このタイトルはみんなの掲示板になりますので、新たな投稿はこちらにどうぞ♪

こんな形の掲示板ですが、利用してもらえて交流が作れて良かったなぁ!嬉しいなぁ~!と思っています(^^♪ 
関西の人が多いようですね~。
私は神奈川県なのですが、都内または関東の人はいるのかしら??

ところで、
ちゃたさんや、美緒さんも肩こりがひどいようですが、
今日の医療掲示板に「マッサージは心配ない」とコメントあって安心しましたね。
実は先日、私も肩甲骨が痛くなり整骨院に行った際に、温熱湿布と電気?と背中のマッサージを受けましたので、ちょっと気になっていました。

私は手術前に先生に、
「リンパ節を取ってしまったら、むくみ易くなってしまうんですか?」と質問した際、
首のリンパは、流れが首のところだけだからむくむ事はないと言われたと思います。

つまり、首から下のリンパは全身を回っているけれど首のリンパはそれとは繋がってないという事だと、私は受取ったのですが・・・。しっかり記憶していないので、今度よーく聞いてみたいと思っています。

| | コメント (12) | トラックバック (0)
|

2006年7月13日 (木)

掲示板の代わりに作ってみました!

タイトル内容を書く前に・・・
ココログがサーバー負荷の為、11日~今日の午後くらいまでずーっと記事やコメントの更新できなかったんですが (-"-) やっと記事が更新できました!

さて、タイトルですが・・・
先日までミニ掲示板を設置していたのですが、縦長でちょっと使い勝手がイマイチなので設置を止めました。
その代わりに掲示板をレンタルしようかなぁ?と考えてもいたのですが・・・ホームページとか色々考えている今は、とりあえず 「甲状腺仲間の掲示板」 というカテゴリーを作ってみました。
このカテゴリーでは私が記事を書くというより、
アネゴの記事以外で、話したいこと、聞きたいこと、ここに来ている人とお話ししたい(もちろん記事以外のアネゴへのコメントも!)私から発信するのではなく、同じ甲状腺仲間の掲示板として使って欲しいと思いますので、利用してもらえれば良いなと思います(^.^)(なお、この掲示板は使用頻度によりアネゴの判断で設置させてもらいます♪)

以下は、過去のコメントの中でアネゴ以外の方へのコメントです。やり取りになっているので前後の内容がわかるように、そして宛名の方へ読んでもらえるようにと、こちらに移動してみました。(もし以下の記事削除を希望の場合はコメントでお知らせください)

6/27 投稿(樹さんより)
美緒さんへ 
私の今の傷あとの状態ですが、盛り上がってぷっくりしてたものがだいぶ平べったくなったような感じと、赤い線だったのが、赤みが取れて白っぽい線になってます。赤みが取れるだけでだいぶ目立たなくなるように思います。それと、ほんと皮膚伸びるんでしょうねぇ、変な言い方だけど馴染んでくるというか・・・人より時間がかかるかも知れないですけど、ちょっとずつでも綺麗になっていくので大丈夫で~す!!

みおママさんへ
アネゴさんが仰るように皆応援してます!
まだもう少し先ですが、入院まで体力と抵抗力をつけて頑張ってくださいね!!

6/30 投稿(みおママさんより)
未緒さん、樹さん、アネゴさん、本当にありがとうございます!
未緒さん、私と同じですね。
樹さん、K病院は同じ先生でしょうか?
ちなみに私はM塚医師です。
気管切開というのにすごく抵抗があったんですけど、これ以上置いておくとどこまで転移が広がるか分からないので、頑張るしかないって感じです。後3ヶ月、できることをしようとおもいます。

7/1 投稿(樹さんより)
みおママさんへ
K病院の先生、一緒です(^-^)M塚先生に手術してもらいました。
乳腺にもかかっているので、手術の時にサブで入って頂いたM(一文字)先生に主治医を変更して頂いたので今は違いますが・・・
病院のドクター紹介にもある通り、M塚先生は昔から甲状腺一筋、かなりのオペをこなされているようなので、安心しておまかせできると思います!小さいお子さんもいらっしゃるので入院自体も何かと大変だと思いますが、今度の手術で綺麗に取って頂いて、お子さん達のためにも負けないで頑張って下さいね!(頑張れ頑張れしか言えなくてごめんなさい。)

7/5(みおママさんより)
樹さん、同じ先生なんですね!
確かに同じように他の病院でとれなかった人を、何人も手術していらっしゃるようです。
最近副院長になられたようですね。
「私の元気なうちに手術しましょう」と言われていたので、きっといいお年なんでしょうね!樹さんは関西の方ですか?手術はいつ頃うけられましたか?
良かったら手術の事など教えてくださいね!

7/11投稿 (樹さんより)
みおママさんへ☆
私が手術したのはちょうど2年前の今頃です。
その時既にM塚先生は副院長でしたよ~。
「私の元気なうちに」ですか~(笑)私が手術した日も4件手術をこなされていたので、多分体力的にも大変なんでしょうかね~。手術は事前に聞いていた時間通りに終わりました。2年前はK病院が改装する前で小さくて古~くて、売店すらなかったんですよ。なのであんなに綺麗になった今はどうかはわからないですが、オペ室が大部屋だったのには凄くびっくりしました。私がオペ室に入った時はちょうど隣の手術台でオペをされている最中で・・・シートがぐるっと貼られ、患者を取り囲んでいるドクターや看護士の頭だけが見えていて「ひぇ~~、ドラマみたい~~」(笑)
何より専門病院なので、同じ病気の方が多くてとても心強かったです!
あ、それと私は大阪です。みおママさんも関西の方ですか?

| | コメント (9) | トラックバック (0)
|

2006年7月 9日 (日)

術後 傷跡34日目

術後、1ヶ月を過ぎた。
首の締め付け感は殆ど感じなくなってきた。
それとも慣れかな??
でも左右や上下に首を伸ばすと、皮膚が突っ張る感じはまだ強い。
首の腫れと皮膚の麻痺もある。

寝るときは、姿勢を気にしないで寝返りがほぼ出来るようになったので、ようやく仮眠状態の睡眠が改善された!と思ったら、今度は暑さで寝苦しい夜に・・・不眠状態(>_<)
いま一番つよく気になる症状は、喉の違和感や飲み込むときに皮膚と喉の中の癒着部分が一緒に上下すること。あとは・・・首のシコリ(本当に消えるかなぁ・・・)

_026_1声は、結構出るようになってきた。
まだ若干、声枯れしているものの、会社の電話応対はできる。
今月は勤務を10:30~17:00前後にしてもらい、水曜は中休みとしてお休みを入れて、無理なく働いています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2006年7月 8日 (土)

入院で一緒だった子と・・・

「退院後、一緒に食事しようね!」
今日は入院中に隣のベッドだったCさんとの約束の日!
術後の検診のあと、待ち合わせの銀座へ向った。

彼は東銀座で開かれていた「免疫力で癌と戦う」の講演へ。
(本当は私が行きたかったが、Cさんとの約束が先だったので彼にお願いした。ちょっとブツブツ言いながらも・・・吉野家で食事を済ませて会場へ行ってくれた)

彼には申し訳ないけれど・・・(^_^;)
私とCさんは、フレンチ料理の「ロステリー レカン」でランチ♪
ここは、お代わりできる熱々のパンも美味しいし、量・味ともにお気に入り。

彼女と席に着いたころに、彼から写メールが来た。
会場の写真に添えられていた言葉は・・・

「こんな感じ。年寄り多い」 だった (-_-;)

お年寄りの中に・・・29歳の彼・・・。
(想像してちょっと笑ってしまった)

―それから私達は美味しい食事をしながらCさんと色々な話で盛り上がった―

お互いにいろんな症状を話した中で、私との違いはあまり無かったけど、
彼女は検診のときにテープをはがされて、
「テープは、もぅ貼らなくていいですよ」 と言われたらしい。
それから
「お風呂上がりの皮膚のやわらかいときに、傷口を優しくマッサージしたり、動かしたりするようにしてくださいね」 と、言われたらしいです。
私は言われてないけど、Cさんによると・・・
「私のお母さんは橋本病の術後に、怖くてマッサージや首を動かすなどをあまりしなかったら、今も首が伸ばしにくいみたいですょ。だから、やった方がいいですよ!」 と聞かされたので、私もお風呂上りにやることにしました!

彼女の傷を見せてもらったら、まだ少し盛り上がっていて赤みがありました。
私とは縫い方が、やはり違うようです。
でも彼女も、特に何もなく元気だったので安心でした!

そんなこんなで、デザートと珈琲も終わった頃・・・
彼から、講演終了のメール。
参加者全員に 「希望のがん治療 : 著者は斉藤道雄さん」 の本をくれたそうです。(まだ少ししか読んでいませんが、元気をもらえる内容なので気になった部分は少しブログに引用させてもらおうかなぁと思っています) 

そして彼と合流。
Cさんが夕食のおかずを買いたいという事で、次に松屋のデパ地下へ♪
デパ地下ではリニューアルしたお店や催事のお店が出ていて、いつの間にやら、3人で試食めぐりに・・・ )^o^( 食べたものをご紹介しま~す!

イタリアの生ハム
ん~(>_<)イタリアのパルマ産生ハムは美味~!大好きッ!
その他には珍しいイベリコ豚(どんぐりを食べて育つ貴重な黒豚)もあって、ここは要チェックのお店に決まり!!

色んな野菜のピクルス
きゅうりやアスパラのピクルスは私の大好物のひとつ。これがまた、生ハムと合うんだなぁ~。

米沢牛のコロッケ(催事)
お店の人が試食を出そうとしてくれてなかったのに、3人でジッと待つ・・・。
・・・少しして、仕方なさそ~な感じで (-"-) 試食させてくれた。
が、米沢牛が入っていても味がよくわからなくて、おまけに冷めていたので特別な味というより、普通のおいしいコロッケという感じだったので、ごちそうさま・・・と静かにお店を立ち去る。

群馬の水沢うどん(催事)
ランチ食べてお腹いっぱいなのに、お兄さんが差し出すうどんを食べる3人。
太麺と細麺があって、細麺が美味しかった!(両方試食させられる)
ついついお兄さんの強引な試食と売り込みで、Cさんと彼は今夜のおかずを「水沢うどん」に決定。

mix'n mixream アイスクリーム(催事
お好み焼きのヘラのような物で、アイスにトッピングを混ぜ混ぜして作っているアイス屋さんがあった。
「え~!ナニナニ???」 と、その混ぜ混ぜ作業を3人で眺める・・・
(ドライアイスで冷やしている大理石の上で、注文した物を混ぜて作っているょ~)
バニラアイスに、苺とクリーム、そしてスポンジケーキを粗めに混ぜ混ぜ。
出来上がっていく 「苺ショートのアイス」
「わぁ~!美味しそう~!!買う?どうする?どうする??」
・・・すでにCさんはどれにしようか選んでいた (^_^;)
Cさんは苺ショート、彼と私は2人で抹茶白玉。
3人で分け合って食べた。
(自由が丘にお店があるそうで、とても美味しかったです♪)

試食めぐりでお腹も満腹!Cさんと次回再会を約束しました(@^^)/~~~

アイスを東京と大阪の人で、食べてみたい方は↓ここで・・・♪
7/13~26は東京渋谷 東急東横店フードショーにて催事
8/9~15は、大阪梅田 阪神百貨店にて催事

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

術後・1ヶ月目の診察日

7/8(土) ~術後、初めての診察日~
まちに待った、ようやくの診察日という感じ!
なのに・・・2度寝して、病院に到着したのが8時35分。(それでも早いと思う)
到着したら、副院長S先生の待ち人数は26番目だった。

今日は診察の前に採血、4本。
結果が出てからの診察なので、1時間はかかる。
採血後に診察室辺りに行くと、すでに座れるイスはなく・・・
壁沿いや階段に座り込む患者さんで溢れていた (+o+)

あと3人待ち・・・という時に、付き添いの彼がお菓子を買って到着。
(今回は術後にお礼を言う機会のなかった先生と手術室の人達に「ありがとう」という気持ちで、彼にお願いをして買ってきてもらいました)

そして今日は、今までで一番早いスピードで診察が進んで回ってきた。
(8時35分に到着して26番目。S先生の診察室から呼ばれたのが10時50分くらい)

本題の診察結果は・・・
一番気になっていた「しこり」・・・先生は首全体を触診したあとにこう言いました。

先生 : うん、まだ首の腫れもあるし、シコリや腫れは術後の炎症で(そう言ってたと思う) あるし、左も少し腫れてますね。

私 : え~!左も? ・・・超音波とかしなくて平気ですか?

先生 : 今、超音波をしたらゴロゴロ写りますょ。

私 : え?! ゴロゴロあるんですか!?

先生 : (うなずく) だいたい6ヵ月くらいしたら腫れも収まってくるし、収まってきても、まだシコリがあるようだったら調べますが、心配ないと思いますよ。

(ん~でも腫れが収まるまでは・・・ちょっと不安は消えないなぁ )

先生 : で、手術で採ったリンパ節から(しこり?)35個のうち、12個が癌でた。
病理検査の結果も・・・乳頭癌、でした。

私 : そんなに!? (再発もあるかもなぁ・・・) そうですかぁ。 
(と、それから違う質問をする) あの~、声枯れや喉に物がつかえる様な違和感があるんですが・・・それはどうしてなんでしょうか。

先生 : 声はそれだけ出ていれば、そのうち治りますよ。
喉の違和感は、柔らかい物ならスムーズに通っていくかもしれないけど、
固いものは、今はまだ食道・筋肉・気管・皮膚がくっついていて、一緒に上下して動いているから違和感を感じるかもしれませんが、それも傷が柔らかくなってくれば治ってくると思いますょ。

そうそう!先生の言うように、全てがくっ付いていて皮膚と共に上下するのが気になっていたけど・・・やっぱりそう言うことだったのかと、知って納得する)
     

傷の周辺の感覚や痛みも、6ヵ月くらいすれば治ると思いますし、
皮膚のふくらみ(凹凸)とかありますが、そのうち皮膚はきれいに平らになりますから大丈夫ですからね。
あと、傷のテープは・・・もう少し貼っておいてくださいね。
後は・・・今日の血液検査の結果は、甲状腺も特に心配はなかったけど、
ちょっと総コレステロールが高いので気をつけてくださいね。

・・・と、術後1ヶ月目の診察は、そんな感じで終わりました。 

総コレステロールは277
そういえば、体重を測ったら手術前より1.5キロ減の46.6キロになったのに・・・
何でコレステロールが高いんだろう??
でも6年くらい前から高い。

あと、白血球数が平均値ギリギリの3830しかないのも気になるわぁ~(+o+)
これも数年前からだけど、
やっぱり・・・免疫力が落ちているんですかねぇ (>_<)

今回処方されたチラージンの量には変更なし。
次回検診は9月上旬。
次回は、S先生と一緒に執刀もしてくれた入院中の主治医だったI先生の診察の日に行ってみようと思います。

| | コメント (20) | トラックバック (0)
|

2006年7月 4日 (火)

甲状腺って・・・

この病気になって、初めて「甲状腺」を知りました。

復帰後、会社でいろんな人から声を掛けられて、「甲状腺の病気で・・・」と話したら、
話した中の4~5人が、自分の母親や友人が甲状腺の病気でした。
しかも同じ部署の子も私の話を聞いて心配になって病院へ行ったら、甲状腺の病気だったのです。

甲状腺って・・・
あまり知られてない割には、
こんなにも、甲状腺に病んでいる患者がいるの!?
と、驚くほど自分の周り、そして専門病院には患者さんがいました。
一緒に行った彼や家族も言うのだから、相当な数です。
患者さんは若い子からお年寄りまで幅広く、男性もいるけれど圧倒的に女性。

その甲状腺とは・・・
のどぼとけの下、蝶が羽を広げて気管を抱くような形でくっついていて、大きさは左右に広く、縦4cm厚さ1cmで重さは15gくらいあるとか。
働きは・・・
体の新陳代謝を促す甲状腺ホルモンを分泌していて、
つまり元気の元を作っているのですね。
(また甲状腺ホルモンは、哺乳類や両生類などの動物も持っていて、例えばおたまじゃくしの甲状腺ホルモンが不足するとカエルになる事ができないんですって~!)
そう、成長に欠かせないホルモンなんですね。

また全身(脳、心臓、消化官、骨、筋肉、皮膚、その他)の新陳代謝を活発にする働きがあって、精神神経や身体の活動の調整にも働くというのだから、重要な臓器です。

そして、
その左右の甲状腺の裏に2個ずつ(計4個)の、米粒ほどの臓器「副甲状腺」が食い込んだように存在していること!
この「副甲状腺」は、とっーても小さな臓器だからか?
人間では最も遅く発見された臓器と言われているらしいです。
とても小さな臓器「副甲状腺」の機能とは?
副甲状腺ホルモンというのを分泌していて、体内のカルシウムの代謝をコントロールしている所、つまりカルシウム製造所みたいなところだそうです。

ちょっとそれましたが、
甲状腺乳頭癌は自覚症状といえるものは「しこり」以外にはあまりないという事だけど、それ以外の甲状腺疾患の症状はいろいろあります。

自律神経失調症?
それとも鬱??
いや・・・プチ更年期か???
まさか・・・成人病??


と・・・、間違えてしまう様な症状があるのです。

どの様な症状があるかというと・・・
疲れやすい、むくみ、便秘や下痢、多汗、抜け毛、だるさや無気力、
動悸息切れ、脈が早くなる・・・などなど、多彩な症状があるそうです。

そんな症状があっても、「私、甲状腺がオカシイのかも?」 と、思うでしょうか?
普通は思いませんよね。でも、
最初に別の科へかかってしまうと、他の病名に間違えられて見逃される可能性もあるようです。

甲状腺ホルモン
ここがどんな働きをしているのか?
ここの働きに異常をきたすと、どんな症状があるのか?
・・・少しでも知っておくといいかもしれません。

ここで、甲状腺とは違う話になってしまいますが・・・
私が病気のシグナルとして気になったのは 「異常な疲労感」 

甲状腺の病気にも「疲労感」が症状の一つに上げられているけれど、
以前、30才の女性が「だるくて、だるくて仕方が無い」ということで医者に行ったら
胃がんだったのだ。
彼女が感じた唯一の症状がそれだったらしい。

癌は10年くらいかかってできるという。
甲状腺癌は進行が遅いから、もっとかかって出来てくるのかな?
私も10年くらい前からだるさや疲れを感じているけど・・・。
(でも先生には、それはまた別の原因があるかもしれないが甲状腺ではないと思いますょと言われた・・・)
まぁ、根拠も何にもないけれど、「異常なだるさや疲れ」には何かあるのでは・・・?と、個人的に思っているのです。

最後に、立ち読みした癌の本にこう書いてありました。
「体は、必ずシグナルを出している」 って。
だから、普段から自分の体質や体調を知っておき、いつもと違う微妙な変調には気づくようにしたい。

| | コメント (7) | トラックバック (0)
|

2006年7月 2日 (日)

傷跡・術後27日目

退院後、3週間経った。

今日からはテープ交換日のみテープをはずして入浴できる。
初めて傷とその周りをきれいに洗えたけど、シャワーをいつもの水圧で当ててみたら痛かった!

_024傷はきれいな方・・・なのか?
確かに両端の傷は消えかかっているけど・・・
中心の傷は、光の加減によっては赤く目立っているし、
前回の傷より、線の幅が広くなってるような気がする~。

もしかして、皆が「盛り上がっている」というのは、傷がこの様に伸びない様にするためなんじゃないかなぁ~?と思っているのですが・・・。
・・・ってことは、私の場合は縫い合わせに余裕がない?ので、妊娠線みたいになっちゃうんじゃないの!?って、かなり気になる・・・(T_T)

その他にも・・・
傷口の周囲1.5センチまでは硬いし、ふくらんでいて、
下を向くと、その硬い部分とやわらかい部分の境目にシワができるし~(>_<)
甲状腺やリンパ節&脂肪を採ったせいか?
たるんで出来たシワが凄くて、かなり気になる~!!

そのほかの状態は・・・
寝返りは、ようやく首を気にせずにできるようになり、
声は、まだ枯れているものの、だいぶ出しやすくなってきた。
体調は、まだ貧血っぽくなったり、疲れやすい感じかな?
首の締め付け感は、強くなったり弱かったり・・・という感じ。

テープは1ヶ月間だけでいいみたいだったけれど、
まだ貼っていたほうが、何かと安心するので貼り続けることにしました。
そして今週末の土曜日は、ようやく退院後はじめての1ヶ月検査。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »