« 会社の健康診断でも・・・ | トップページ | 意外な場所を指摘される・・・ »

2006年1月30日 (月)

A型インフルエンザ~医者の判断とは?

インフルエンザにかかった。

始まりは、
水曜日の夜ベッドに入る前の、急な喉のイガイガ症状だった。

次の朝の木曜日・・・
朝、喉の調子が良くなかったけど、それほど体調は悪くなく、
以前処方された風邪薬を飲んで仕事をこなす。
昼頃に熱っぽさを感じて測ったら微熱37℃前半。
が、帰宅する夜20時頃には急激にいろんな症状が出てきた!

胃痛、全身の関節痛、咳、異常な寝汗の量・・・。
正月の風邪とは比べものにならないくらいの症状。
でもそれ以外は食欲も割と普通にあり、軽い胃痛はあったが下痢もなかった。
23時には熱は37.9℃に上がる。

そして金曜日
まだインフルエンザと思ってなかった私は体に限界を感じながらも会社へ。
咳が頻繁に出てきて悪寒や体中節々が痛くなった。
午後15時辺りから急激に熱っぽさも増し、14時に退社して病院へ。

病院で熱を測ったら37.7℃。
診察でDr.は
「インフルエンザは今流行ってないし、インフルエンザなら熱が急に上がって
38℃~40℃になるから」と、微熱が続いていた私の症状は「インフルエンザではない」と決め付けられていました。

私 「会社の人がインフルエンザの検査してもらった方がいいと言っていたんです」

Dr. 「じゃぁ、検査してみますか?」 と気乗りしない言い方。
(違うと思うけどね・・・という感じで)重そうに腰を上げ、長い綿棒で検査した。

待つこと10分・・・
診察室へ再び呼ばれて入ると、さっきとは全く違う態度で一言、こう言った。

「A型」

私 「は・・?」

Dr. 「インフルエンザAですね。風邪薬飲んでたから熱が抑えられていたのかなぁ?」と
ドクターが首を傾げながら言っていると、看護師が検査キット?らしきものを
見せてくれて、確かにAのところにラインが示されていた。

それからは薬局で処方されたタミフルをその場で1錠飲まされ・・・
その夜から、どんどん熱が上がり38.6℃になった。
と同時に脈も夜から1分に108という速さになり、ちょっと不安を感じた。
でもタミフルはすごい。
次の朝には熱、関節痛、悪寒が治まった。
が、寝汗は相変わらずすごい!!
その他には喉の痛みや頭痛による気持ち悪さが土日続いた・・・。

インフルエンザはやっぱり辛かった。
タミフル飲んでなかったらどんな辛さだったのか??
でも、食欲は割りとあり下痢もなかったので衰弱はしなかった。
今回のインフルエンザで一番印象的だったのは寝汗の量でした。

最後にドクターが、
「タミフル飲んだ後は免疫力が落ちて風邪を引きやすいから気を付けるように」

え~!また風邪引くかもしれないの!?
これ以上会社休んだら3月の温泉旅行で有給使えなくなるから
うがい・手洗い・マスク着用を実行します。

|
|

« 会社の健康診断でも・・・ | トップページ | 意外な場所を指摘される・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/158280/8413092

この記事へのトラックバック一覧です: A型インフルエンザ~医者の判断とは?:

« 会社の健康診断でも・・・ | トップページ | 意外な場所を指摘される・・・ »